【記者のひとこと】「台所のイノベーションと同じ」

コラム

2019/07/18 10:00

 「ボタン一つでおいしいお米が炊ける今、竈(かまど)で火をおこして炊いている人なんてほとんどいませんよね。でも、会社の業務では、いまだに薪をくべて何時間も費やしている人がいるんです」

 「ITを活用すれば、生産性を400%に高められる。私が経団連の役員の仕事をしていても、BTジャパンの社長の仕事を100%以上こなせるののは、IT革命のおかげ。台所のイノベーションと同じですよ」

 BTジャパンの社長を務めていた2018年1月、本紙インタビューに元気よく応じてくれた吉田晴乃氏の言葉です。「台所」と「業務」を同じ文脈で語っていたのが、いかにも「働く母親」然として印象的でした。

 6月30日に急逝。55歳の若さでした。心よりお悔やみ申し上げます。(安藤章司)

【関連記事はこちら】
働き方改革で東京五輪に焦点――BTジャパンとネットワンシステムズ
日本市場への入り込み方を整理する BTジャパン 社長 吉田晴乃
BTジャパン クラウドを提供 日本パートナーが「ローカルの味つけ」
英BTグループのサー・マイケル・レイク会長「アベノミクスに期待」
BTジャパン 販売体制の再編を急ピッチに「日本のITリーダー」との協業へ

オススメの記事