【北京発】中国の検索大手・百度(バイドゥ)の李彦宏CEOが、7月3日に中国北京市で開幕した自社イベントで、ステージ上に乱入した男に液体をかけられた。トラブルは、冒頭の基調講演で発生。李CEOが自動運転などについて話していると、男が突然ステージに上がり、持っていたペットボトルの液体を李CEOの頭にかけた。男は係員らに取り押さえられ、ステージから引きずり降ろされた。

液体をかけられたバイドゥの李CEO

 会場は、一瞬、静まり返ったが、トラブルと判明すると、騒然となった。観客からは「頑張れ」との声援が上がり、李CEOは基調講演を続行した。李CEOにけがはないとみられる。男の詳細は分かっていない。

 イベントは、百度が毎年開催している開発者大会。中国国家会議センターを会場に、7月4日まで開催される。会場には当時、開発者やアナリスト、メディアなど1000人以上がいた。(BCN 上海支局・齋藤秀平)