ユーザー企業の情報システム部門は、既存システムの維持運用の負担が大きく、デジタルトランスフォーメーション(DX)まで手が回らないケースが多いといいます。実はSIerも同様で、ユーザーの情シス同様、DXまでなかなか手が出せない状況とも。

 これでは本末転倒だということで、NTTデータは既存案件とは切り離したデジタル専任の人員を増強。ユーザー企業にも働きかけてDXを専門とする“第二情シス”のような組織をつくってもらい、双方ともに別働隊としてDXを推進していきたいと話しています。

 さらに協業場所も社内から物理的に離れたデザインスタジオを用意。これまでの仕事のスタイルや価値観、日常を一新するようなモダンなスタジオです。斬新な発想を引き出し、DX実現に向けてアクセルを踏んでいくとのこと。(安藤章司)

【関連記事はこちら】
“第二情シス”とデジタルビジネスを推進 “脱日常”で斬新な発想を引き出す――NTTデータ
巨額化するデータセンター投資 エクイニクスやNTTコムの投資合戦が過熱
自治体の業務効率化をAI-OCRとRPAで支援 2020年度で200億円規模のビジネスを目指す――NTTデータ
国産大手ベンダーのM&A・事業再編相次ぐ 顧客の生き残り支援が自社の存続策?
「新技術」を「新ビジネス」に結びつける NTTデータ代表取締役社長 本間 洋
NTTデータの量子コンピューター事業 実機で実証実験をスタート まずは20社の枠で業務応用の検証を行う