先日、友人に勧められて「Minecraft(マインクラフト)」というサンドボックス型ゲームを始めました。ITの世界では保護されたソフトウェア動作環境のことを指す「サンドボックス」ですが、ゲームの世界では、目標や攻略手順が存在せずにプレイヤーがオープンワールドの中を自由に動き回れるジャンルを指します。

 正直に言うと、初めてのジャンルということもあって何をしたらいいのか分かりません……。これまで大体のジャンルは触ったことがあったので大きく行き詰ることはないだろうと考えていましたが、まさか「超えるべき壁」がないことが壁になるとは思いませんでした。もうしばらく触ってみれば楽しめるようになるのでしょうか。

 ビジネスにおいても、企業が新たな市場にチャレンジする際は思わぬ壁にぶつかることがあります。「エンタープライズに強い企業が、SMB市場では苦戦を強いられる」というのはよく見る光景ではないでしょうか。シスコシステムズは中小向けブランド「Cisco Start」によってSMB市場でも一定の成果を得られたと言えそうですが、今回そのビジネス領域をさらに広げ、SOHO向けの新製品を投入します。新製品ではこれまでのようなパートナーを経由しない新たな販売戦略をとるとのことで、同社にとっても大きな挑戦になりそうです。(銭君毅)

【関連記事はこちら】
小規模特化型製品の投入で目指すは“スモールビジネスのシスコ”――シスコシステムズ
クラウド対応複合機のセキュリティーを強化 セット販売で中小企業の需要を取り込む――リコーとシスコシステムズ
プラットフォームの重要性を強調 サミットで事業戦略を表明――シスコシステムズ
SAPジャパンの悲願達成はなったか? 中堅・中小企業向けビジネス注力宣言から1年