NTTアドバンステクノロジが開発する国産RPAソフト「WinActor(ウィンアクター)」の納入社数が3000社を超えました。外国製が多い業務自動化ソフトの領域で、少なくとも国内では一定の存在感を示したと言えそうです。

 海外でも、まずは隣国中国に進出しているNTTコミュニケーションズの販売力を生かして販売を本格化。中国では人件費の高騰などを背景にRPAへの注目度が高まっており、この波に乗るかたちでWinActorの販売増につなげていくとのこと。

 NTTグループは、NTTデータとNTTコム、ディメンション・データを軸としたグループ連携によって、海外ビジネスを一段の強化を進めています。WinActorの開発元のNTTアドバンステクノロジでも、アジアや欧州などNTTグループが強い地域を中心に、主要各社と足並みをそろえて、販売に弾みをつける考えです。(安藤章司)

【関連記事はこちら】
NTTコム中国、WinActorの販売を本格化、ビジネスの裾野拡大を狙う
世界10カ所で検証ラボを開設 協賛ベンダー20社余りから最新技術を募る――NTTコミュニケーションズ
NTTコム、インドの2か所でDCを新設、供給能力は1.7倍に拡大
北海道の大規模停電 燃料、耐久時間、綱渡りのシステム運用 同時被災しない遠隔地との二重化の推進を
安全な都市を目指しラスベガスで実証実験 日本でも商用展開を計画――NTTグループと米デル テクノロジーズ
自動応答AIコンタクトセンターへ、「COTOHA」と「Amazon Connect」が連携