デジタルイノベーションを推進する日立製作所の「Lumada(ルマーダ)」が、オンラインの“カタログ”から選べるようになります。選んだその場でパブリッククラウドに展開して、使い勝手を試せるというもの。

 カタログでは、例えば、物流の配送計画やプラントなどの運用最適化、AI/IoTを使った生産改革、生産ラインやプラントの故障予兆の検知、ブロックチェーンを活用した取引などを掲載。まずは30種類ほどのLumada関連アプリをそろえ、向こう3年で100種類以上に増やしていく方針です。

 デジタルイノベーションでは、何をおいてもスピードが大切。これまでのように数あるITベンダーの中から発注先を選定して、要件定義をして、開発人員を集め――と時間をかけていては変化の激しいデジタルイノベーション領域で勝ち残れないと日立製作所では見ています。

 今回のカタログ化は、まるで「スマートフォンのアプリをアプリストアから選ぶ」ようにLumadaアプリをカタログから選んで、その場で試せるようにすることで、デジタルイノベーションの大幅な時間短縮を図っていくとしています。(安藤章司)

【関連記事はこちら】
Lumada関連アプリをカタログ化 実証実験の時間を短縮、素早く本番へ――日立製作所
“6万量子ビットの量子コンピューター”相当で名刺サイズのアニーリングマシンを日立が開発。エネルギー効率の向上でIoT機器への実装が可能に
最新「JP1」でRPA運用に対応 運用情報の統合可視化機能も強化――日立製作所
1兆円超の売上収益を誇る日立製作所の中国事業から日本企業は何を学ぶべきか シェアバイクやキャッシュレスは中国社会のほんの一面にすぎない
変革は現場で起きている SIerが進めるスマートファクトリー
日立システムズ、対処の困難なセキュリティー問題の解決を支援する新サービス