中高年になると血圧や血糖値、肥満などが気になり始めます。かかりつけ医からも、測定器や体重計で毎日管理して、その結果を定期的に報告するよう指導されることも多いと思います。今は紙に印刷したり、口頭で伝えたり、スマホの記録アプリの画面を見せたりといった方法でかかりつけ医と共有するわけですが、もしオンラインで共有できたらもっと便利になる気がします。

 富士通がこの2月から始めた健康医療情報管理基盤サービス「ヘルスケアパーソナルサービスプラットフォーム」は、測定器メーカーなどと組んで、医師とオンラインでの情報共有を可能にするサービスです。すでに、スマートフォンと情報連携できるサンスターグループの電動歯ブラシから得た情報を、先進予防歯科サービスを手掛ける歯科医院と共有できるサービスを先行して始めているとのこと。

 紙や口頭で共有するより、オンラインで共有したほうが「便利」だと感じられるサービスの創出を富士通では目指しています。(安藤章司)

【関連記事はこちら】
富士通、PHR基盤サービスが本格始動 100万人規模のサービス創出目指す
激動の市場で改革のアクセルをさらに踏み込む 富士通 代表取締役社長 田中達也
中小薬局の課題解決へ 在庫管理で薬局のリスクを軽減――メディカルシステムネットワークとファーマクラウド
AIチャットボット成功法 継続可能な事業へと成長させたベンダーが考えるビジネスのキモ
20年夏にDC新棟を開業 基幹システム刷新が追い風、5年で完売目指す――キヤノンMJグループ
地域に広がる医療・介護のITビジネス