おいしい料理は食材から。肉でも野菜でも、同じ価格帯でより新鮮なもの、おいしそうなものを選びます。漁師の家庭で育った母は鮮魚の選び方が上手でした。

 ネットワンパートナーズの田中社長は、顧客やパートナーとの人間関係の潤滑剤として、よくワインを用いるそうです。国内で購入するのではなく、海外出張のついでにワイナリーを訪れ、日本人好みの、顧客に喜ばれるワインを買い求めるとか。ワインの目利きの能力がありそうですね。

 海外に行ったとき、見いだすのはワインだけではありません。ディストリビューターとして海外のソリューションや技術を国内に持ち込み、提供している同社は、商材の目利きも確かなもの。とはいえ、まだ食材の段階ですので、国内パートナーとともに美味しい料理に仕上げています。(山下彰子)

【関連記事はこちら】
ユニークさを継続できる企業へ
【2019年 年頭所感】 ネットワンパートナーズ デジタル社会におけるディストリビューターの責任
代理店契約結び販売へ 高精細な顔認証ソフト パートナーの開発から販売までを支援――リアルネットワークスとネットワンパートナーズ
ネットワンパートナーズ、NTTデータの最新DCの監視カメラシステムを構築