富士ソフトは、自動車向けの車載組み込みソフト開発の大型案件の受注が増えているそうです。その規模、実に数十億円。受注のきっかけになったのが世界標準「AUTOSAR」準拠の車載OSなのだそうです。名古屋大学発のスタートアップ企業で、AUTOSARの準拠OS「Julinar(ジュリナー)」を開発するAPTJに資本参加するかたちで、富士ソフトは、目下、自動車部品メーカーなどへのJulinarの販売に力を入れています。

 坂下智保社長は、「Julinarのライセンス販売の金額そのものは決して大きくない」と言いますが、AUTOSARの関連商談をきっかけに膨らませた個別のSI案件が大型化。ADAS(先進運転支援システム)領域まで商談が広がっていくと数十億円規模になることも。車載関連のビジネスに後押しされるかたちで、昨年度(2018年12月期)の組み込みソフト開発セグメントの売上高は前年度比12.4%増の596億円と大きく伸長。業務系のソフト開発ビジネスも好調で、富士ソフトグループ全体の連結売上高は過去最高、初の2000億円の大台を突破しています。(安藤章司)

【関連記事はこちら】
【2019年 年頭所感】 富士ソフト AIS-CRMで付加価値実現の年
国産「AUTOSAR」が出そろう 車載OSで受注優位に転じるか
人材確保に奔走するSIer 七つの打開策で人手不足を緩和へ
顧客の課題解決にグループ内外の力を結集させる キヤノンITソリューションズ 代表取締役社長 足立正親
<SI論 システム開発はどう変わるのか>[第127回]コミュニケーション・テクノロジー 明暗分かれる組み込み開発ビジネス
ハイエンドなIoTエッジ開発に強み スマホで培ったリファレンス技術を応用――サンダーソフト