皆さんはふるさと納税を使ったことはありますか?自分が応援したい自治体にお金を「寄付」することで、住民税や所得税の控除を受けられるとともに、寄付した自治体から返礼品をもらうことができる制度ですが、先日、ふるさと納税サイトで私の地元の返礼品ページを開くと、特産品が並ぶ中に「空き家見回りサービス」や「育児支援サービス」といったサービスの文字を見かけました。こんなところにもモノからコトへの波が来ていたんですね。どうやらこれらのサービスは市内限定で、シルバー人材の活躍の場になっているようです。地域内のコミュニケーション活性化にもつながるため、お金の寄付だけではない応援ができそうです。

 ふるさと納税サイトの一つに「ふるさとチョイス」があります。これを運営するトラストバンクは、親会社のチェンジとともに新たな事業を立ち上げました。地域間で共通のシステムを利用してもらう取り組みで、ふるさと納税のシステムが鍵を握るといいます。(銭君毅)

【関連記事はこちら】
地方自治体の業務を改善 ふるさと納税を起点に効率化事業始動――トラストバンクとチェンジ
熊本県宇城市がアイティフォーのRPAを導入、6業務を自動化
下関市とKS-SOLとUiPath、RPA導入で実証実験を開始
<地方自治体とマイナンバー>ブロックチェーンを活用する 地域仮想通貨プロジェクトが始動