企業価値ランキングで上位を占めるGAFA。グーグルやアマゾンは、データから富を生み出していると言っても過言ではありません。野村総合研究所の此本臣吾社長は、これを「デジタル資本主義」と呼んでいます。

 大量の労働力、設備投資を伴う現行の産業資本主義に対して、デジタル資本主義はデータから富を生み出すという点において、従来とは構造が大きく異なります。近年のEUや中国のデータ保護に関するさまざまな規制や、日本の個人情報保護の議論は、デジタル資本主義において「国富を不用意に流出させない」ための施策とも受け取れます。

 また、今年に入って日本とEUとの間で個人データの移転の枠組みが発効。これに米国も合わせた「デジタル経済圏」なるものも見え始めてきました。新しいデジタル経済圏の枠組みへの模索は、GAFA以外の企業にとっても大きなビジネスのチャンスと言えそうです。(安藤章司)

【関連記事はこちら】
【2019年 年頭所感】 野村総合研究所 DXの勝ち組になる 此本臣吾社長
100社体制、売り上げ倍増を目指す ビジネスパートナーとともにデータ・AI需要を創出――日本IBM
新春特集 第2弾 有力ITベンダートップが予測する 2019年の法人向けIT市場
データ保護ソリューション強化へ 今春パートナープログラムを刷新――アクロニス・ジャパン
働き方改革でリスク増大!? 共有ファイル起点で提案するモバイルセキュリティー対策
国内売り上げが約1.8倍に DevOpsやデータ保護が後押し――米デルフィックス・ソフトウェア