NTTグループにおける一連の海外ビジネスの再編で、今年7月に発足予定の海外事業会社の社名をどうするのかという議論が進んでいるようです。海外事業会社は、NTTコミュニケーションズとディメンションデータを再編して組織する予定ですが、NTT持ち株会社の澤田純社長は「個人的にはNTTという名前をつけたい」との希望を持っているとのこと。

 そうなると、NTT持ち株会社の英語名が「NTTコーポレーション」、昨年11月に発足したグローバル中間持ち株会社の英語名が「NTTインク」ですので、もはやどのNTTなのか分かりづらくなってしまいます。そこで、「NTTグローバルリミテッド」にするのはどうかとの意見も出たそうですが、今度はNTTデータの企業ビジョンの「トラステッド・グローバル・イノベータと被ってしまう」と、主にNTTデータ方面から反対の声が……。

 もし、海外事業会社の名前をNTTとするのであれば、残されているのは「NTTリミテッド」くらいしか残っておらず、「悩ましいところ」(澤田社長)だそうです。(安藤章司)

【関連記事はこちら】
「新技術」を「新ビジネス」に結びつける NTTデータ代表取締役社長 本間 洋
【2019年 年頭所感】 NTTデータ ストレングスン・ザ・コア
NTTデータの海外ビジネス 新ステージ移行に意欲
他のSIerに先駆けて自動運転車の事業化を目指す 地域のコミュニティバスやタクシーをターゲットに――NTTデータと群馬大学
NTT海外事業の再編 NTTデータにとってはもろ刃の剣
脳科学をマーケティングに本格適用 リクルートとTVCMの制作に応用――NTTデータグループ