先日、高機能チェアを購入しました。なかなかいい具合で、「買って良かった」と満足しています。高機能というだけあって部品が多く、組み立てには苦労しました。ただ、そこで感じたのは「作る」という作業の楽しさです。椅子を組み立てただけとはいえ、久々に体を動かし、一つのものを作り上げる達成感を味わいました。

  費用対効果を見込むのが難しく、なかなか導入まで至らないことも多いIoT。最近では、安く簡単にIoTシステムを構築できるパッケージが出てきました。センサーデバイスを設置して、データを集め、分析し、運用するという一連の流れの中には、まさに何かを「作る」楽しさがあります。導入して実際に得られた効果はもちろんのこと、そうした「作る」楽しさも、製品普及のポイントになるかもしれませんね。(銭君毅)

【関連記事はこちら】
カンタンに導入できるパッケージの登場でIoT市場が面白くなる!? もう費用対効果が見込めないとは言わせない
ハイエンドなIoTエッジ開発に強み スマホで培ったリファレンス技術を応用――サンダーソフト
国内のIoTビジネス加速へ 家電製品のIoT化ソリューションを提供 中国のTuya Smartを日本市場に投入――ソフトバンクC&S
SBT、モノやサービスとIoTを連携するプラットフォームサービス