東京五輪の開催が決まった5年前、SIer経営者の多くは「東京五輪までは好景気が続く!」と口をそろえました。事実、受注環境はおおむね良好に推移。“五輪景気”を体現しています。

 とはいえ、2020年が目前に迫ってきて、その後の“反動減”への恐れがSIer経営者の脳裏をよぎる――、その絶妙なタイミングで大阪万博の開催が決定。今度は「大阪万博までは行ける!」と、期待が膨らんでいます。

 実際、新しいデジタル領域に対するユーザー企業の投資意欲も高まっており、SI業界も今の勢いのまま、少なくとも2025年まで成長を続けていってほしいものです。(安藤章司)

【関連記事はこちら】
主要SIerの上期決算 IT需要、引き続き好調を維持 AIやIoT、5Gの新しいSIニーズが後押し
1兆円超の売上収益を誇る日立製作所の中国事業から日本企業は何を学ぶべきか シェアバイクやキャッシュレスは中国社会のほんの一面にすぎない
東証一部上場後の新たな一歩として量子コンピューター事業に本格参入 ノウハウの早期蓄積で新たな市場での地位確立を目指す――テラスカイ
NTTデータの海外ビジネス 新ステージ移行に意欲
IBM Watsonの販売強化に向け自社開発のサービスを初提供 議事録と要約を自動生成する「Meeting Activator for AI Minutes」――イグアス
大阪万博決定! 必要な構想力とは?