年の瀬も押し迫ってまいりました。新年までの日数を数えつつ、今年を振り返る機会も増えているのではないでしょうか。皆様にとって2018年を総括する言葉・キーワードは何でしょうか?

 私は「定額プラン・サービス」が今年特に増えたな、と感じています。定額プランはこれまで、携帯電話・スマートフォンの専門用語のように使われていましたが、最近では月額料金で洋服を借りられるファッションレンタルや、カラオケの定額サービス、果てはラーメンの定額制もあるそうです。利用者にとっては何回利用すると元が取れると考えるとお得感がありますし、お店側も来店・利用回数を上げることで、それに付随するサービスを勧めることができ、売上げアップを狙えます。

 プリンターの業界でも定額サービスが増えました。キヤノンが先日リリースした定額プランは、印刷枚数の上限を、平均印刷枚数よりも少し多めに設定することで「お得だからちょっと多めに使っちゃえ」という心理をくすぐるプランです。昨今の印刷ボリューム減少を食い止めようとしているわけです。こんなお得なちょっとした贅沢、始めてみませんか?(山下彰子)

【関連記事はこちら】
プリンターの定額サービスを提供 中小企業の導入を見込む――キヤノンとキヤノンマーケティングジャパン
ビジネスプリンタ市場でインクジェット拡販へ――エプソン販売
オンプレミスは買う時代から利用する時代になるか
日本ヒューレット・パッカードとDell EMC オンプレが従量課金モデルで巻き返し  脱クラウドの新たな担い手として注目