学生のころ、履歴書の免許・資格欄を埋めたくてマイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)の勉強をしたことがあります。そのときすでにWord、Excelを使いこなせていましたが、やはり資格があるとないとでは説得力が違うかな?と思い、改めて検定に向けて勉強しました。

 結果としては資格を取る前に内定をいただいたので、検定を受けるのをやめてしまいましたが、勉強したこと自体はその後、実践で大変役に立ちました。資格取得も勉強もお金と時間があるならいろいろ取り組んでみると何かと役に立ちますね。

 国内ルーター市場でNo.1シェアを取るヤマハが、ネットワークの検定試験制度の準備を始めています。来年開始予定ですが、販売店だけではなく学生も検定を受けることができるそうです。来年以降、履歴書に「ヤマハのネットワーク資格取得」と書いた学生が面接に来るかもしれませんね。(山下彰子)

【関連記事はこちら】
ルーターからネットワーク全体へ 来年、パートナープログラムを開始 製品拡充の次はマーケティングの強化――ヤマハとSCSK
「v6プラス」対応ルータがクラウド導入を促進?――ヤマハ
ヤマハ/SCSK ヤマハ製ルータのクラウド管理サービスを発売 管理者の拠点出張を削減
SCSK、ベトナム最大手IT企業と覚書、アジア太平洋地域で事業拡大へ
PCAとSCSK、中小・中堅企業向けRPAの推進で協業