衣類は日本に一時帰国したときに購入するようにしています。免税で買えるため、中国で買うよりも安いことが最大の理由です。しかし、最近の急な気温の変化もあり、運動用の服を現地で調達することにしました。

 週末に向かったのは、上海市内のスポーツ用品店。日本にも店舗があるため、並んでいる品は日本とほぼ同じ。無事に探していたものを購入することができました。

 帰宅して品質表示タグをみると、「中国制造」の文字が。中国製であることを示していますが、IT業界を含めた日系企業にとっては、中国の国家戦略「中国制造2025」の印象の方が強いかもしれません。

 国家戦略の影響もあり、中国では製造業向けのビジネスが盛り上がっています。人工知能(AI)やブロックチェーンと並び、大きく注目されているのはRPA。中国国内の導入はこれから本格化するとの見方があります。(上海支局 齋藤秀平)

【関連記事はこちら】
盛り上がる中国製造業向けビジネス、日系企業にも商機
RPAで働き方改革推進を、KDDI上海とUiPathが上海で共催セミナー
日系ベンダー、中国・蘇州で現地のITベンダーに対してセミナー
中国ビジネスの現在地 業績上向く日系ITベンダー