海外に出張する機会、海外の方とお話する機会が増えましたが、やっぱり英語に慣れることはありません。せめてスマートな挨拶、自己紹介ぐらいできるようになりたいものです。我が家の甥・姪は台湾と日本のハーフです。年に1~2回は台湾に行き、またSkypeで台湾のおじいちゃん、おばあちゃんと会話をします。

 先日は台湾の従兄弟たちとSkypeを介してコミュニケーションを取っていました。単語をつなげているだけの感じですが、それでも意思疎通ができる点はすごいなあ、と感心してしまいます。

 この夏、シスコシステムズの日本法人の社長にデイヴ・ウェスト氏が就任しました。彼はなんとお子さんが7人もいる大家族のパパです。そのうち3人のお子さんを日本に連れてきたといいますが、「毎日勉強している子どもたちのほうが、日本語が上手。僕は挨拶ぐらいしかできないのに……」としょんぼり。どこのご家庭でも子どものほうが、吸収が早いようです。(山下彰子)

【関連記事はこちら】
中堅・中小企業向けビジネス 新社長体制でも継続強化へ 年内に新サービスの追加を予定――シスコシステムズ
シスコの新社長にデイヴ・ウェスト氏、鈴木社長はアジア地域のトップに昇格
最新ソフトウェア搭載で大幅進化 次世代HCI 「Cisco HyperFlex」――シスコシステムズ
好調の中小企業向けビジネスを さらに深掘り――シスコシステムズ
日本の独自戦略で 中堅・中小企業向けビジネスを拡大