上海支局のオフィスが入るビルに最近、火災に注意するよう呼び掛けるポスターが貼られました。ポスターには、注意書きだけでなく、上海市で11月に開催される「第1回中国国際輸入博覧会」を祝う文字も書かれています。

 輸入といえば、中国にとっては米国との貿易摩擦が大きな問題になっています。お互いに関税をかけあい、状況は泥沼といっても過言ではありません。中国のIT業界も、米国企業とは切っても切れない関係にあります。そんな中、ファーウェイは、10月10日~12日に上海市で開催したイベントで、新型人工知能(AI)チップを発表しました。チップを内製化することで、米国依存からの脱却を狙っています。(上海支局 齋藤秀平)

【関連記事はこちら】
ファーウェイ、新型AIチップを発表、米国依存からの脱却を狙う
中国企業トップ500、民間IT関連企業はファーウェイが1位
豪が5G市場から排除、「政治的で公平・公正ではない」とファーウェイが声明
ファーウェイ、上半期の売上高は前年同期比115%