企業研修や業務改革コンサルティングを手掛ける会社が抱える悩みは、「研修を受けるべき顧客担当者の時間が十分にとれないこと」。業務改革をしようにも、仕事に追われて時間がない状態で、中小企業になればなるほど顕著になるといいます。

 そこで、登場するのが業務自動化の「RPA」です。FCE Holdingsグループは、自らRPAを商品化して、まずは担当者の作業量を軽減。こうしてつくり出した時間を研修や業務改革に割り当ててもらう算段です。

 昨年10月から「RPA+企業研修/業務改革」をセットにして売り出したところ、予想以上の引き合いを獲得。忙しい中小企業の担当者の時間をつくるところから始めたFCEグループの“アイデアの勝利”といったところでしょうか。(安藤章司)

【関連記事はこちら】
業務改革+RPAで独自の販路を開拓 全国50社と協業、非IT系の販売パートナーも獲得――FCEプロセス&テクノロジー
RPAツールがもてはやされる時代は終わった 米Kofax 最高経営責任者(CEO)レイノルズ・C・ビッシュ
日本オラクル前社長の着任で国内RPA市場への注力をアピール 代表取締役社長に杉原博茂氏が就任――オートメーション・エニウェア・ジャパン
下関市とKS-SOLとUiPath、RPA導入で実証実験を開始
PCA、RPAツールWinActorのシナリオ作成研修を開始
UiPath、システムリサーチを開発リソースパートナーに認定