お料理の前には食材を買いに行きますよね。でも一度のお料理で使い切ることは少ないです。何かしら少しずつ余り物がでてしまい、それが積ると結構な量になります。私はよく余らせる食材を使ったレシピをいくつか覚えておいて、新しく買った食材と組み合わせて使い切っていますが、冷蔵庫にあるものだけでぱっと一品作れる人は本当にお料理が上手な人だな~と感心します。

  注目を集めるデータ分析もお料理と同じで、分析のために改めてデータを集めるケースが多いようです。ですが、社内にはたくさんのデータがあります。バックアップソリューションベンダーのベリタスは、バックアップしているデータを活用できるソリューションを開発しました。今あるデータを活用できたら、エコにもなっていいですよね。(山下彰子)

【関連記事はこちら】
バックアップソフトのベリタス データ活用ソリューションの道へ NetBackup最新版にデータ活用機能を搭載
倍増した製品数に合わせてパートナープログラムを刷新 ウェブサイトを使った販売トレーニング――ベリタステクノロジーズ
20年度までの成長戦略 マルチクラウド対応ベンダーへ――ベリタステクノロジーズ
大量データの分類・分析ができる オブジェクトストレージ――ベリタステクノロジーズ