マイホームの話ではありませんが、最近は「買うか、借りるか」の選択肢をいろいろなところで見かけるようになりました。例えば、自動車や自転車。シェアサービスが増えてきましたね。自動車や自転車を停めるステーションがどんどん増え、利用しやすさがアップしました。

 女性の間で注目されているのが「ファッションレンタル」です。1点だけレンタルするのではなく、トップスからスカート、時に小物までコーディネーターがコーディネートしてくれたものをレンタルできるのが特徴です。コーディネートがマンネリ化しがち、という女性に人気が高いようです。

 ただ、コーディネーターに自分の好みをきちんと伝えないと「ダサい」コーディネートが届くこともあるようです。何においてもメリット、デメリットはありますね。それでも選択肢が増えれば、より自分にあった利用方法に出会えるかもしれません。(山下彰子)

【関連記事はこちら】
オンプレミスは買う時代から利用する時代になるか
日本ヒューレット・パッカードとDell EMC オンプレが従量課金モデルで巻き返し  脱クラウドの新たな担い手として注目
サブスクリプションに完全移行へ IoT/AR関連製品の拡販につなげる――PTCジャパン
データ活用を加速する三つのソリューション 目指すは最も革新的なデータベンダー――ピュア・ストレージ・ジャパン
日立製作所のストレージ事業 新製品と従量課金サービスでフラッシュ移行を促進