台風や豪雨で電車が遅れたときなど、調整中の駅の電光掲示板に「Windows 2000」の再起動中のロゴが表示されて、話題になったりします。とっくの昔にサポート切れになっているOSですが、閉じた環境のなかで使う分には問題がないようです。

 ユーザーの多いWindows 7も2020年1月にはサポートが切れるほか、SAPの現行ERP製品も25年にはサポート切れを迎えるとのこと。

 インターネットに接続しない環境ならば、このまま使い続けても大丈夫だと強弁したいところ。ただ、今はERPでさえネット接続する時代。駅の電光掲示板のようにはいかないようです。(安藤章司)

【関連記事はこちら】
ERPの「2025年問題」
ERP周辺も中堅・中小に最適化 急ピッチで進む製品やサービスの組み替え――SAPジャパン
NDソフトウェアが目指す介護・福祉業界でのイノベーションを、SAP SQL Anywhere,SAP Cloud Platformが支える
2年後には日本のナンバーワンクラウドベンダー 日本マイクロソフト代表取締役社長 平野拓也
「日本でNo.1クラウドベンダーになる」、経営方針でマイクロソフトの平野社長がアピール
日本オラクル テクバンのクラウドビジネスOracle Cloudで拡大