【記者のひとこと】空港で見かけるもの

コラム

2018/08/21 10:00

 中国国内を飛行機で移動する際、空港内の店を見て回ることが楽しみになっています。書店や土産店のほか、免税店のような高級ブランド店まで幅広く並んでいるため、出発までの時間つぶしに最適だからです。ふらふらと空港内を歩いていると、中国企業が開発した携帯型の翻訳機をよく見かけます。試しに使ってみると、かなりの精度で、多言語対応はあたりまえ。なかなか便利そうです。

 中国には、翻訳機翻訳サービスを手掛ける企業がたくさんあります。そのなかで設立5周年を迎えたGTCOM(北京市)が、7月末に記念イベントを開催し、日本向けの製品開発に注力する方針を示しました。同社は、国営翻訳専門会社を親会社とし、翻訳の精度は中国トップレベルだそうです。近い将来、日本の空港でGTCOMの製品を見かける日が来るかもしれません。(上海支局 齋藤秀平)

【関連記事はこちら】
日本向けの製品開発に注力へ、翻訳サービスを手掛ける中国のGTCOM
パナソニック、タブレット型の多言語音声翻訳サービス
猛進する中国AI企業 音声認識の科大訊飛
91か国語で訪日客呼び込め――GQM

オススメの記事