先日、友人と釣りに行ってきました。本格的なものではなく、初心者向けに管理された釣り場でのマス釣りです。しかし、初心者向けと侮るなかれ。最初は面白いように釣れるものの、時間が経つにつれ、ほとんど釣れなくなります。なんでも、マスたちも学習して簡単には食いつかなくなるのだそう。やはり、相手も生き物なんですね。後半は、新たな餌を買うほどのモチベーションもなかったので、最初に釣れたマスをおいしくいただいて終わりました。

 釣りは釣りでも、迷惑な釣りといえばフィッシング詐欺。以前と比べて数は減っているものの、その手口はどんどん複雑になっています。手を替え品を替え、新たな餌を用意する攻撃者。最初の一匹として、おいしくいただかれたくはないものです。しっかりと自衛しておきましょう。(銭 君毅)

【関連記事はこちら】
リコージャパンとソフォス、「標的型攻撃メール訓練サービス」を提供
ビジネスメール詐欺(BEC)に対抗するセキュリティ対策 機械学習で個人のメールボックスを分析――アズジェント
ソフォス、Phish Threat攻撃シミュレーションとトレーニングを提供
<いまさら聞けないキーワード>フィッシング