ゴールデンウィークがやってきます。今年は、5月1日と2日を有給消化すれば、明日から9日間の連休が可能。プレミアムフライデーの取り組みを推進している企業では、実質的に今日の午後から休むことができます。わくわくがとまりませんね。

 しかし、残念ながら『週刊BCN』編集部は今日、早い時間に帰宅できなさそうです。プレミアムフライデーを導入していないからではありません。NEC、富士通、日立製作所と、総合ICTベンダーが2018年3月期の決算発表を午後に行うからです。この1年間、各社で大きな動きがあっただけに、こちらもわくわくです。ひとまず、過去の業績をしっかり見直して発表に備えます。(真鍋武)

【関連記事はこちら】
富士通とNEC、国産ベンダー両雄の現在地 SIの集中が進む富士通 NECは成長事業で光明射すか
NEC、富士通、NTTの 三大国産AI ユーザー業務に焦点、販路開拓に力を入れる
富士通、NECの決算 明暗分かれる国産二大ベンダー
決算からみるSIerの経営戦略 問われる新商材や新サービスの開発力