気温が上がり、だんだん夏が近づいてきましたね。真夏日のようだった先日の日曜日、アイスを食べようとカフェに入ったのですが、店長に限定3食のコーヒーゼリー&アイスがあるよ、と囁かれ、思わずオーダーを変えてしまいました。どうやら私は地域限定、期間限定などの「限定」に弱いみたいです。ちなみに私の友人は「20%OFF」に弱いです。

 先日、IT業界の人を誘惑しそうなキャッチコピーを聞きました。「日本が世界のリーダーに」。ちょっと心が揺さぶられませんか? 何かと話題のAIですが、これからあらゆる業界に大きな変革を起こすと見込まれています。AIと親和性の高い業界が、自動車、製造業、金融サービスといわれています。日本の強みが出せる分野ですね。  AIに適した統合インフラをリリースした米ピュア・ストレージの副社長は「日本がAIの世界でリーダーとなるチャンスは非常に大きい」と語ります。日本市場に向けたリップサービスだとわかっていますが、思わず乗ってしまいたくなる「ひとこと」ですね。(山下彰子)

【関連記事はこちら】
ピュア・ストレージ・ジャパン フラッシュ専業からAIを取り込み データ管理ベンダーへと進化 NVIDIAと協業してAIに最適なインフラを開発
S&I、AI事業ブランド「sandi AI」を立ち上げ
<本多編集長が今、いちばん気になるAI活用事例>連載 第1回 徹底分析 ネットワールドは開拓者だ! AIチャットボットが 新人マーケッターを救う
日本電通、「AIソリューションサービス事業」開始へ