先日、朝礼で社員のお子さんの入学祝いが会長から渡されました。今年の最年長は高校生。自分の高校生の頃を思い出すと、部活ばかりしていたような気がします。そして部室のそばに掲げてあった教育理念「自律、創造、敬愛」の三つの単語を思い出します。言葉を知らない当時の私は「はて、自立じゃないかしら」なんて疑問に思ったまま、卒業しました。

 自立と自律、読み方は同じですが、自立は独り立ちすること、自律は自分自身で立てた規範に従って行動することを意味します。社会人になり、仕事を覚えたら自立、自分なりに工夫ができるようになったら自律、だと思っていましたが、実は両方とも自立なんだそうです。

 自律とは、組織の要求に合わせて行動するのではなく、自分の評価、判断によって行動することです。組織からはみ出してしまいそうですが、こうした人たちが集まり、ぶつかり合って新しい律、決まりが誕生するのだそうです。

 巷で耳にする自律型システムですが、設計者が定めた指示通りに動くのではなく、マシン自身が最善を考えて動作するので自律と言われているんですね。さて、あなたを動かしているものはなんですか?(山下彰子)

【関連記事はこちら】
最新ストレージ戦略 カギは昨年買収したニンブル――日本ヒューレット・パッカード
米オラクル、クラウドプラットフォーム全体に自律機能を拡張
Oracle Open World 2017 次世代の自律型DBでクラウド市場を変える