中国の国会にあたる全国人民代表大会(全人代)が、5日に開幕しました。ITを中心に中国の“今後”を取材するため、上海から北京に出張しています。私が北京に来たのは3日で、セキュリティの厳しさは聞いていた以上でした。天安門広場付近の通行が規制されるなど、現在の北京はものものしい雰囲気に包まれています。

 5日の開幕式では、世界各地から記者が来ていました。配られた資料をその場で床に広げて、速報を出している姿を見ると、中国の成長に世界中から関心が集まっていることがよくわかります。開幕式では、李克強首相が、約2時間にわたって2018年の活動案と過去の総括を演説しました。中国にとって、ITは成長の原動力として重要視されています。(齋藤秀平)

【関連記事はこちら】
中国全人代が開幕、次世代AIに注力
2017年中国全人代 李克強首相の政府活動報告 長距離携帯通話料廃止などICT関連に言及
中国全人代が開催 李克強首相がICTによる革新を強調 ビッグデータなど第13次5か年計画に盛り込む
中国共産党大会が開幕、習氏は「新時代」突入を宣言、次世代IT技術など通じ強国築く