私の父は現役時代、「趣味は仕事」と答えるような仕事馬鹿でした。リタイヤした今も無趣味のままですが、地域活動など新しい仕事を見つけて楽しそうにしています。そんな父を見ていたせいか、私の生活の中で、仕事の比重は人よりも多めで、プライベートより仕事を優先することも多いです。とはいえ、趣味も多いので、父のように「趣味は仕事」とはいえませんけど。

 富士フイルムホールディングス(HD)が米ゼロックスを買収した際、「子が親を飲み込んだ」と話題になりました。富士フイルムHDと米ゼロックスは親子関係ではありませんが、富士ゼロックスが出した資金が富士フイルムHDを通して米ゼロックスに渡った形に見えるので、話題となったわけです。

 一方、私のほうは、仕事人としての父をまだまだ越えられそうにありません。もっと精進しなくてはいけませんね。(山下彰子)

【関連記事はこちら】
親会社と統合しグローバル企業へ 日本のノウハウが世界に広がるか――富士ゼロックス
富士ゼロックス、サッポロに出力環境統合管理サービスを提供
去年の戦略を打ち壊す
【2018年 年頭所感】 富士ゼロックス 進化をともなう変化に大胆に挑戦する年
富士ゼロックス、重要文書の証拠性向上を実現するソリューション