IT業界に身を置く読者のみなさまにはご存知のことと思いますが、ただ今「サイバーセキュリティ月間」です。政府主導でサイバーセキュリティに関する普及啓発を行い、国民のセキュリティ意識を高めようという取り組み。2月1日から3月18日までの期間中は、政府や企業・団体が各地でセミナーを開催したり広報活動を強化するなどといった活動が展開されています。

 サイバー攻撃による大規模な情報漏えい被害がニュースで取り上げられたり、最近ではフィッシングメールやぜい弱性の情報がSNS上で拡散されるなど、今、人々のセキュリティへの関心が高まってきていることは間違いないでしょう。この取り組み自体は、平成21年(2009年)度から「情報セキュリティ月間」として行われていますが、認知が広がってきたのは近年のこと。最近知ったという方も多いのではないでしょうか。この機会に改めて、仕事とプライベートのセキュリティについて考えてみるといいかもしれませんね。(前田幸慧)

【関連記事はこちら】
ディアイティ、サイバー攻撃統合分析のアプライアンス製品
DDSとNECネッツエスアイ、「セキュアPCソリューション」を共同開発
日立システムズなど、サイバー攻撃対応BCPソリューションを提供
エフセキュア、SaaS型エンドポイントセキュリティ製品を拡充