中国は春節(旧正月)の大型休暇の真っただ中。上海では、いろいろなところに新年を祝う飾り提灯が設置されていて、みちゆく人々の表情も、なんだかいつもと比べて晴れやか。春節ムードに包まれています。

 例年、この時期に日系ITベンダーで行われるのが人事異動。1月に着任したばかりのある総経理は、中国の最新テクノロジーに直に触れて、「ここまで進んでいることに気づいていない日本人は多いのではないか」と驚いていました。ここ数年、現地ではモバイル決済や自転車シェアリング、無人小売店など、ITを活用した新サービスが続々と誕生。市場は大きく急速に変わっています。

 こうした動きはITベンダーにとっても新たなチャンス。最近、日系ITベンダーでは、中国の独特なサービスを自社ビジネスに組み込むケースが増えてきました。(上海支局 真鍋武)

【関連記事はこちら】
市場トレンドを抑える 中国ならではのIT商材 日系ベンダーが強化中
中国ソフトウェア業 産業規模は5兆元超え 年会で優秀企業を表彰
中国サイバーセキュリティ法 対策支援ビジネスに勢い
猛進する中国AI企業 音声認識の科大訊飛