業務自動化ソフトのRPAは、働き方改革の潮流も相まってSIerの売れ筋商材になっています。とはいえ、「合理化」や「人員削減」を前面に出し過ぎると、現場の業務担当者だけでなく、経営陣のなかからも反発を食らってしまうこともあるとのこと。限られた人的リソースを「新規事業の創出など、人でしかできない仕事へとシフトさせる提案がポイント」だと、PRAに詳しいRPAテクノロジーズの大角暢之社長は話しています。

 就労人口の減少で、採用に苦心している企業が増えているなか、安易な合理化や人員削減は御法度。RPAの導入を頓挫させてしまう要因にもなります。単なる業務の自動化にとどまらず、顧客の売り上げや利益を伸ばすところまでSIerがしっかりと設計・提案してこそ、PRAの商談もより勢いづくといえそうです。(安藤章司)


【関連記事はこちら】
顧客の成功にコミットする“B4B”を推進 日商エレクトロニクス 代表取締役社長CEO 岡村昌一
RPAテクノロジーズ RPAの導入をより行いやすくする環境を整備 最短1か月でRPAを導入
【2018年 年頭所感】 日商エレクトロニクス お客様とともにさらなる成長ステージへ
米RPAベンダーのオートメーション・エニウェア、日本市場に本格進出へ