BCNは、毎年、全国の主要な家電量販店・PC専門店・ネットショップから収集したPCや周辺機器、デジタル家電などの実売データ「BCNランキング」にもとづいて、部門(ジャンル)ごとに年間販売数量第1位の企業を表彰する「BCN AWARD」を開催している。7月には、上半期(1~6月)に最も販売数量が多かった「上半期No.1メーカー」を発表している。


 2013年の「上半期No.1」の発表が目前に迫ったいま、昨年1年間の販売数量No.1に輝いた「BCN AWARD 2013」受賞企業(集計期間:2012年1月1日~12月31日)の製品動向に関心が高まっている。ここでは「BCN AWARD 2013」表彰対象109部門から、注目部門をピックアップして、受賞企業のイチ押し製品から製品ジャンルのトレンドを探る。
 

No.1メーカーのイチ押し製品に注目

 


 5年連続で「BCN AWARD」を制しているトレンドマイクロのイチ押しは、「ウイルス バスター」シリーズ。PCソフトだけではなく、スマートフォンやタブレット端末向けのアプリとしても同シリーズを展開する。最新版には、FacebookなどのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上の脅威に対応する新機能を追加した。
 


 「ScanSnap」シリーズを擁して、スキャナ部門で3年連続No.1に輝いているPFU。イチ押しは、昨年末に発売したフラッグシップモデル「ScanSnap iX500」だ。スマートフォン、タブレット端末、PCとのワイヤレス連携に対応し、省スペースで置き場所を選ばない。

 BCNは、6月24日から7月21日まで、全国の主要駅でイチ押し製品をピックアップした「BCN AWARD」のプロモーション動画を放映する。受賞企業製品の魅力を多くの人に届ける同時に、「ユーザーに最も支持されたメーカー」の証である金色のロゴをアピールする。店頭で、金のロゴがデジタル製品選びの目印として役立つように、今後も広報活動を続けていく。
 
 

6月24日からJR・品川駅、東京メトロ・銀座駅、表参道駅、新橋駅、秋葉原駅にあるデジタルサイネージで動画を放映。7月1日から7日まで、全国のJR主要駅でも放映する