【2024年2月】楽天ひかりのキャンペーンを網羅~月額料金1年割引・工事費無料は?~

楽天ひかりは光コラボレーションの中でも比較的低価格な光回線です。

以前は楽天モバイルとセットで1年間無料キャンペーンが行われていましたが、2023年4月に終了してからあまり大きなキャンペーンを行ってきませんでした。

しかし2024年1月16日より新たに6カ月間無料キャンペーンが始まりましたので解説していきます。

消費税の総額表示の義務付けにより、価格は全て税込での表記になっております。

【2024年2月】楽天ひかりのキャンペーン

ここからは、2024年2月に行われている楽天ひかりのキャンペーンについて解説していきます。

楽天ひかり初めてお申込み&楽天モバイルご利用で月額料金6カ月間0円

楽天ひかりキャンペーンのメインとなるのが、6カ月間月額基本料金0円キャンペーンです。

6カ月間月額基本料金0円のキャンペーン内容

楽天ひかりの月額料金(ファミリープラン5,280円、マンションプラン4,180円)が6カ月間0円になります。

キャンペーン期間

2024年1月16日~終了未定

キャンペーン適用後の月額料金
開通月~6カ月7カ月目以降割引総額
ファミリープラン0円5,280円31,680円
マンションプラン0円4,180円25,080円
キャンペーンの適用条件
  • 「Rakuten最強プラン・Rakuten最強プラン(データタイプ)」利用中、または、「Rakuten最強プラン・Rakuten最強プラン(データタイプ)」へのお申し込みおよびプラン利用開始すること
  • 楽天ひかりの利用が初めてのこと
  • 楽天ひかり申し込みから4カ月以内に楽天ひかりを利用開始すること
  • 楽天会員であること

1年間無料キャンペーンでは楽天モバイルとセットが条件でしたが、6カ月間0円割も楽天モバイルとセットである必要があります

楽天ひかりが6カ月間無料!

楽天ひかりの公式サイトへ

スマホとセットでお得!

楽天ひかりのキャンペーンで注意すること

キャンペーンを利用するためには適用条件がありますが、それ以外にも注意しないといけない点があります。

キャンペーンを確実に適用させるためにも、申込前にキャンペーンの注意点を理解しておくことは重要です。

楽天ひかりのキャンペーンについての注意点を解説していきます。

6カ月間月額基本料金0円キャンペーンの適用対象外となる場合

次の場合は6カ月間月額基本料金0円キャンペーンは適用外となりますので注意してください。

だれでもキャンペーンが適用になるわけじゃないから、自分が条件に当てはまらないかしっかり確認してね!

  1. キャンペーン開始時点で楽天ひかりを利用中の場合
  2. キャンペーン開始前にすでに楽天ひかりを申し込みしている場合
  3. 過去に楽天コミュニケーションズ光もしくは楽天ひかりを開通したことがある場合
  4. 楽天ひかりのいずれか、もしくは両方の申し込みをキャンセルした場合
  5. 楽天ひかりに登録の楽天IDを別の楽天IDに変更した場合
  6. 楽天ひかり申し込み時にログインされた楽天IDが楽天モバイルへ登録されているものと異なる場合
  7. 楽天ひかりの申し込みが、本人確認の不備や、MNP手続きの不備等によりキャンセルとなった場合
  8. 楽天ひかり開通後にプラン変更を行った場合(ファミリープランからマンションプラン、またはその逆の変更)
  9. 申し込み後、楽天会員を退会した場合
  10. 楽天ひかりの解約手続きを行った場合
  11. 楽天ひかりを利用されている方と同居されている方が、同じ設置先住所で、新たに楽天ひかりを申し込みした場合(契約者の名義変更含む)
  12. 過去楽天コミュニケーションズ光もしくは楽天ひかりを利用されている方と同居されていた方が、過去利用していた場所と同じ設置先住所で、新たに楽天ひかりをお申し込みされた場合
  13. 楽天グループの提供するサービスなどの料金支払いを、支払い期限までに行わなかった場合
  14. 楽天グループが定める規約などに違反した場合
  15. そのほか、楽天グループが会員として不適格であると判断した場合

上記の1つでも当てはまる場合についてはキャンペーンの適用外となりますので注意してください。

適用になるかどうか不安な方は、あらかじめサポートセンターで確認するのがおすすめ!

フレッツ光のプロバイダに注意

フレッツ光を利用中の方で、プロバイダに楽天ブロードバンドを利用中の方は、月額料金割引キャンペーンは適用になりません

プロバイダがどこかわからない場合はどうすればいいの?

プロバイダの簡単な確認方法を紹介するね!

利用中のプロバイダの確認方法は、利用明細や契約書類を調べれば簡単に確認出来ますが、契約書が見つからない場合、インターネットで調べることもできます。

インターネットでプロバイダを調べる場合、インターネットに接続しているパソコンまたはスマホで下記のサイトにアクセスします。

プロバイダが確認できるサイト

上記のサイトにアクセスすると、自分が利用している回線のIPアドレスとプロバイダが表示されます。

アクセスするだけなので特別難しいことは無く、簡単にプロバイダを確認することが出来ます。

フレッツ光でプロバイダにSANNETを利用していた方については、SANNETのサービスが終了後、自動的にプロバイダが楽天ブロードバンドに変更されている場合があります。
楽天ひかり申し込み時には、必ず現在利用中のプロバイダの確認を行ってください。

申込時の楽天IDに注意

楽天モバイルと楽天ひかりをセットにするためには、楽天ひかりを申し込む際に楽天モバイルと楽天ひかりの楽天IDが同じでなければいけません。

楽天ひかり申し込み時には必ず楽天モバイルと同じIDで申し込みを行ってください。

同じIDで申し込むにはどうすればいいの?

楽天ひかり申し込みページに楽天IDでログインするだけだよ

楽天ひかりを申し込む際は必ず楽天会員なる必要があります。

楽天モバイルをすでに利用中の方なら、楽天ひかりの申し込みページに移動する際は、【楽天会員ログイン・新規登録】のボタンから楽天モバイルの楽天IDでログインをしてから、楽天ひかりを申し込んでください。

楽天ひかりのキャンペーンを他社と比較

楽天ひかりのキャンペーンは、他の光回線と比較すると特典の数は多くありませんが、金額にすると高額です。

ここで、キャッシュバックの多い光コラボレーションと、楽天ひかりのキャンペーンを比較してみます。

キャンペーン比較一覧
キャッシュバック工事費無線LANルーターその他のキャンペーン
楽天ひかり戸建て(31,680円相当)
マンション(25,080円相当
戸建て:22,000円
マンション:22,000円
有料SUP+1倍
ドコモ光38,000円戸建て:22,000円⇒無料
マンション:22,000円⇒無料
無料dポイント2,000pt
ソフトバンク光40,000円戸建て:31,680円⇒無料
マンション:31,680円⇒無料
有料解約違約金還元
最大100,000円
開通前Wi-Fiルーターレンタル
ビッグローブ光40,000円戸建て:28,000円⇒無料
マンション:28,000円⇒無料
1年間無料
auひかり72,000円戸建て:41,250円⇒無料
マンション:33,000円⇒無料
有料解約違約金還元
最大30,000円
開通前Wi-Fiルーターレンタル
NURO光45,000円44,000円⇒無料無料解約違約金還元
最大20,000円
開通前Wi-Fiルーターレンタル

注意点として工事費が有料と言う点です。

上記の表で比較した楽天ひかり以外の光回線は、すべて工事費が無料または実質無料となっています。

また、工事費だけでなく、楽天モバイルは無線LANルーターのレンタルが有料な点など、他の光回線のキャンペーンと比べると見劣ってしまう点も少なくありません。

楽天ポイント+1倍

キャンペーンではありませんが、楽天ひかりを利用すると楽天ポイントがたまりやすくなるため、ここで解説しておきます。

楽天ひかりは楽天スーパーポイントアップに対応していますので、楽天市場の買い物などでたまる楽天ポイントが【+1倍】となります。

さらに楽天モバイルを利用したり、支払を楽天カードにすることでスーパーポイントアップの倍率が上がるので、通常よりもポイントがたまりやすくなります。

楽天SPU付与ポイント一例
楽天スーパーポイントアップ付与ポイント
楽天ひかり+1倍100円につき1ポイント
楽天モバイル+3倍100円につき1ポイント
楽天カード+2倍100円につき2ポイント
合計+4倍100円につき4ポイント

例えば、楽天市場で10,000円の買い物をした場合、通常であればもらえるポイントは100ポイントです。

しかし、楽天ひかり(+1倍)と楽天モバイル(+3倍)を利用している方が、支払に楽天カードを利用することで+2倍になるので、楽天スーパーポイントアップの倍率は6倍です。

10,000円の買い物をすると、もらえる楽天ポイントは通常の100ポイントの6倍、600ポイントとなります。

楽天市場や楽天トラベルなど、楽天のサービスをよく利用する人にはとてもお得なサービスです。

楽天ひかりのお得な申し込み方法

ドコモ光やソフトバンク光をインターネットで申し込む場合、公式サイトからの申し込み以外に多くの販売代理店があるためキャンペーンの内容はそれぞれです。

しかし、楽天ひかりの場合インターネットからの申し込みは、公式サイトからのみとなっています。

キャンペーンを利用するためには、公式サイトからの申し込みだけになります。

ショップから申し込むとキャンペーンはどうなるの?

楽天ショップからの申し込みでも適用になるけど、適用にならないキャンペーンもあるんだよ

楽天ひかりの6カ月間月額基本料金0円キャンペーンは、楽天モバイルモバイルのショップで楽天ひかりを申し込んでも適用になりますが、ポイントプレゼントキャンペーンは適用外となります。

楽天モバイルのショップは、全国のどこにでもあるわけではありませんし、窓口は混雑します。

インターネットからの申し込みであれば、24時間いつでも好きな場所から楽天ひかりも楽天モバイルも契約が簡単に出来るため、わざわざショップに出向く必要がありません。

当然ですが、月額料金もキャンペーンの内容もショップと同様なので、楽天ひかりの申し込みは楽天ひかり公式サイトからの申し込みがおすすめです。

楽天モバイルの申し込みについては、下記のページで詳しく解説しているから参考にしてね!

楽天ひかりはお得?

楽天ひかりの6カ月間月額基本料金0円キャンペーンはとてもお得ですが、他の光回線と比べるとどれぐらいお得なのかを解説していきます。

まずは戸建て向けのサービスで、楽天ひかりとおすすめの光回線6社を比較していきます。

3年間の総支払額の計算は次の計算式となっています。

(月額料金×36カ月+無線LANルーター料金+契約事務手数料+工事費) – キャッシュバック額

戸建てプランのコスト比較表
月額料金キャッシュバック契約事務手数料工事費無線LANルーター3年間の総支払額※1その他のキャンペーン
楽天ひかり5,280円31,680円相当3,300円無料※2330円/月
(3年間で11,880円)
173,580円/月
GMO光アクセス4,818円30,000円3,300円無料無料146,748円解約違約金還元
最大60,000円
ドコモ光5,720円38,000円3,300円無料無料138,220円dポイント2,000pt
ソフトバンク光5,720円45,000円3,300円無料550円/月181,020円解約違約金還元
最大100,000円
開通前Wi-Fiルーターレンタル
ビッグローブ光5,478円40,000円3,300円無料1年間無料
(2年目以降 550円
2年間で13,200円)
173,708円無線LANルーター1年間無料
auひかり1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目以降:5,390円
72,000円3,300円無料有料(550円/月)150,100円解約違約金還元
最大30,000円
開通前Wi-Fiルーターレンタル
NURO光5,200円45,000円3,300円無料無料145,500円解約違約金還元
最大20,000円
開通前Wi-Fiルーターレンタル
※1 3年間の総支払額には契約事務手数料の3,300円が含まれています。
※2 事業者変更の場合
マンションプランのコスト比較表
月額料金キャッシュバック契約事務手数用工事費無線LANルーター3年間の総支払額1その他のキャンペーン
楽天ひかり4,180円25,080円相当3,300円無料※2330円/月
(3年間で11,880円)
140,580円
GMO光アクセス3,773円30,000円3,300円無料無料105,828円解約違約金還元
最大60,000円
ドコモ光4,400円38,000円3,300円無料無料100,400円dポイント2,000pt
ソフトバンク4,180円45,000円3,300円無料550円/月128,580円解約違約金還元
最大100,000円
開通前Wi-Fiルーターレンタル
ビッグローブ光4,378円40,000円3,300円無料1年間無料
(2年目以降 550円
2年間で13,200円)
130,808円無線LANルーター1年間無料
auひかり3,740円~5,500円72,000円3,300円無料有料(550円/月)83,440円~146,800円
解約違約金還元
最大30,000円
開通前Wi-Fiルーターレンタル
NURO光マンション2,090円~2,750円25,000円3,300円無料無料50,240円~74,000円解約違約金還元
最大20,000円
開通前Wi-Fiルーターレンタル
※1 3年間の総支払額には契約事務手数料の3,300円が含まれています。
※2 事業者変更の場合

楽天ひかりを3年間利用した場合の総支払額は、戸建てプランで173,580円、マンションプランで140,580円となり、ここで紹介した光回線の中で最安とはなりません。

また上記の金額は事業者変更でキャンペーンが適用になった場合のみとなっているため、新規契約や転用の場合については上記の金額に割引前の金額24,000円工事費が加算されます。

楽天ひかりが1年間割引!

楽天ひかりの公式サイトへ

1年間毎月2,000円割引き

解約金がある場合は他の光回線の方がお得

初めてインターネットを利用する人は気にする必要はありませんが、すでに他の光回線を利用中の方が楽天ひかりに乗り換える場合、利用中のインターネットを解約するのに違約金を払わなければいけないケースがあります。

ソフトバンク光、auひかり、NURO光は解約時にかかる違約金や、回線撤去費用などを還元してくれるキャンペーンがあります。

上限額は光回線により異なりますが、通常のキャッシュバックに上乗せして解約にかかる費用がもらえます。

他社から楽天ひかりに乗り換える場合は、ソフトバンク光、auひかり、NURO光のほうがお得になる場合がありますので、3年間の支払総額に加えて検討してください。

楽天ひかり以外のおすすめの光回線

以前楽天ひかりをお得に利用するのであれば楽天モバイルとのセットがお得でしたが、月額料金割引キャンペーンは楽天モバイルユーザー以外でも適用になります。

ただしその分割引が少なくなってしまったため、楽天ひかりよりもお得な光回線もあります。

そこでここからは楽天ひかり以外でおすすめの光回線を解説してきます。

ドコモユーザーにおすすめ【ドコモ光】

ドコモのスマホを利用している方におすすめなのがドコモ光です。

ドコモ光は、NTTの光ファイバーを利用した光コラボレーションの一つで、全国で利用出来る人気のある光回線です。

まずは、ドコモ光の基本情報から解説していきます。

ドコモ光の基本情報
月額料金ファミリープラン:5,720円
マンションプラン:4,400円
工事費戸建 19,800円無料
マンション 16,500円無料
契約期間2年自動更新
解約金戸建プラン 5,500円
マンションプラン 4,180円
通信速度上り:1Gbps
下り:1Gbps
契約事務手数料3,300円
スマホセット割有(ドコモ光セット割)
キャンペーンdポイント :2,000ptプレゼント
キャッシュバック:38,000円
工事費無料
無線LANルーター無料
おすすめの窓口GMOとくとくBB

ドコモ光の月額料金は楽天ひかりに比べ高額ですが、ドコモ光を利用することで下記のメリットがあります。

  • キャッシュバックが高額
  • 工事費が無料
  • 無線LANルーターが無料

メリットはあるみたいだけど、コストの安い楽天ひかりの方がお得だよね?

ドコモユーザーならドコモ光とセットで使うと、スマホの料金が割引になるんだよ

ドコモユーザーにドコモ光がおすすめの理由は、セットで利用するとドコモのスマホが安く利用出来る【ドコモ光セット割】が適用になる点です。

ドコモ光セット割の割引額は、ドコモの加入プランにより下記のようになっています。

ドコモ光セット割の割引額
料金プランドコモ光ドコモ光ミニ
eximo1,100円/月550円/月
irumo1,100円/月550円/月
5Gギガホプレミア1,100円/月550円/月
5Gギガホ1,100円/月550円/月
ギガホプレミア1,100円/月550円/月
ギガホ1,100円/月550円/月
5Gギガライト/ギガライト(~7GB)1,100円/月550円/月
5Gギガライト/ ギガライト(~5GB)1,100円/月550円/月
5Gギガライト/ ギガライト(~3GB)550円/月220円/月
5Gギガライト/ ギガライト(~1GB)割引対象外割引対象外

のプランは2023年6月30日をもって新規受付終了となっています。

上記の割引額はスマホ1台についての割引額となっています。

そこで、セット割を考慮した3年間のコストを楽天ひかりとドコモ光で比較してみます。

戸建て向けプランのコスト比較
楽天ひかりドコモ光
月額料金5,280円5,720円
契約事務手数料3,300円3,300円
工事費22,000円無料
無線LANルーター330円/月(3年間で11,880円)無料
キャッシュバック63,360円相当38,000円
3年間の総支払額163,900円167,920円
セット割割引額-550円(3年間で-19,800円)
セット割を考慮した
3年間の総支払額
163,900円148,120円

スマホのセット割が適用にならなければ、楽天ひかりのほうが5,520円低価格ですが、セット割引が適用になるスマホが1台以上あれば、ドコモ光のほうが通信費のコストが安くなります。

楽天ひかりよりもお得にドコモ光を利用するには下記の条件となります。

ギガライト1GB以上のプラン1台

マンション向けプランのコスト比較
楽天ひかりドコモ光
月額料金4,180円4,400円
契約事務手数料3,300円3,300円
工事費22,000円無料
無線LANルーター330円/月(3年間で11,880円)無料
キャッシュバック50,160円相当38,000円
3年間の総支払額137,500円113,700円
セット割割引額-550円(3年間で-19,800円)
セット割を考慮した
3年間の総支払額
137,500円93,900円

マンションプランに関しては、キャッシュバック・工事費無料・無線LANルーター無料などのキャンペーンが適用になるため3年間の支払額はドコモ光のほうが低価格です。

そのため、マンションプランではドコモ光セット割が適用にならなくても、3年間の総支払額を比較するとドコモ光のほうがお得です。

3年目以降については、月額料金の安い楽天ひかりのほうが低価格ですが、1台でもセット割の対象スマホがあればドコモ光の方がお得です。

ドコモ光の解説ページにて、ドコモ光のメリットデメリット等記載しているよ!

条件なしで38,000円キャッシュバックのキャンペーン中!

ドコモ光のキャンペーンサイトへ

新規契約・転用・事業者変更のいずれかの申し込みで38,000円もらえます。

auユーザーにおすすめ【auひかり】

auのスマホを利用している人におすすめなのがauひかりです。

auひかりは通信速度も速く、NNコミュニケーションズからの申し込みでキャッシュバックが72,000円と高額です。

まずは、auひかりの基本情報から解説していきます。

auひかりの基本情報
月額料金ファミリープラン:1年目 5,610円
        :2年目 5,500円
        :3年目以降 5,390円
マンションプラン:3,740円~5,500円
工事費戸建 41,250円無料
マンション 33,000円無料
契約期間3年自動更新
解約金戸建プラン 4,730円
マンションプラン 2,290円
通信速度上り:1Gbps
下り:1Gbps
契約事務手数料3,300円
スマホセット割有(auスマートバリュー)
キャンペーンキャッシュバック:72,000円
工事費実質無料
解約違約金還元:最大30,000円
開通前Wi-Fiルーターレンタル無料
おすすめの窓口NNコミュニケーションズ

初年度は5,610円と安くありませんが、3年目以降については5,390円と楽天ひかりとの差額は、月額110円となります。

ただし、auひかりはauスマホとauひかりをセットで利用すると、割引になる「auスマートバリュー」が適用になります。

auスマートバリューの割引額は下記の通りです。

auスマートバリューの割引額
プラン名割引額
使い放題MAX 5G
使い放題MAX 4G
1,100円/月割引
ピタットプラン 5G 1GB~7GBまで
ピタットプラン 4G 1GB~7GBまで
550円/月割引
ピタットプラン 5G 1GBまで
ピタットプラン 4G 1GBまで
割引対象外
カケホ(3Gケータイ・データ付き)1,027円/月割引

上記の金額がスマホ1台につき割引になります。

ただし、auスマートバリューを適用するためには、光電話の契約が必要となります。

そこで、光電話の料金を含むスマートバリューが適用になった場合のコストを比較してみます。

戸建て向けプランのコスト比較
楽天ひかりauひかり
月額料金5,280円1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目以降:5,390円
契約事務手数料3,300円3,300円
工事費22,000円無料
無線LANルーター330円/月(3年間で11,880円)無料
光電話550円(3年間で19,800円)
キャッシュバック63,360円相当72,000円
3年間の総支払額163,900円150,100円
セット割割引額-550円(3年間で-19,800円)
セット割を考慮した
3年間の総支払額
163,900円130,300円

auひかりは、キャッシュバックが高額なうえに工事費が無料なため、3年間の総額では楽天ひかりよりも、auひかりのほうがお得です。

auスマートバリューが適用にならなくても、auひかりのほうが楽天ひかりよりもお得だよ。

マンション向けプランのコスト比較
楽天ひかりauひかり
月額料金4,180円3,740円~5,500円
契約事務手数料3,300円3,300円
工事費22,000円無料
無線LANルーター330円/月(3年間で11,880円)無料
光電話550円(3年間で19,800円)
キャッシュバック50,160円相当72,000円
3年間の総支払額137,500円86,740円~150,100円
セット割割引額-1,100円(3年間で-39,600円)
セット割を考慮した
3年間の総支払額
137,500円47,140円~110,500円※1

※1 スマホのプランが使い放題MAXの場合の総支払額

auひかりの月額料金は建物の設備により料金が異なります。

auひかりマンションの月額料金
プラン3年プラン3年間の総支払額
タイプG4,730円127,380円
タイプV4,180円107,580円
都市機構4,180円107,580円
都市機構G4,730円127,380円
タイプE3,740円91,740円
タイプF4,290円111,540円
ギガ4,455円117,480円
ミニギガ5,500円155,100円

楽天ひかりよりもお得にauひかりマンションを利用するには下記の条件となります。

使い放題MAX1台または、ピタットプラン1GB以上のプラン2台

上記の条件以上の場合は楽天ひかりよりもauひかりのほうがお得になります。

ミニギガ以外のプランについては、auスマートバリュー適用外でも楽天ひかりよりお得になるよ。

auひかりは自社回線のため通信速度も速く、キャンペーンも充実しています。

auひかりが利用出来る地域にお住いの方で、auユーザーならば楽天ひかりよりもおすすめです。

最大66,000円キャッシュバックとなっているから「auひかり」はお得だよ!

最大72,000円貰えるキャンペーン開催中!

NNコミュニケーションズのauひかりへ

auひかり開通までモバイルルーター無料レンタル

auひかりが利用出来ない地域の人はビッグローブ光

auひかりは楽天ひかりやドコモ光のような光コラボレーションではないので、全国で利用できるわけではありません。

auひかりが利用出来ない場合におすすめなのがビッグローブ光です。

ビッグローブ光の基本情報
月額料金ファミリープラン:1年目 5,478円
マンションプラン:4,378円
工事費戸建 28,600円無料
マンション 28,600円無料
契約期間3年自動更新
解約金戸建プラン 4,230円
マンションプラン 3,360円
通信速度上り:1Gbps
下り:1Gbps
契約事務手数料3,300円
スマホセット割有(auスマートバリュー)
キャンペーンキャッシュバック:40,000円
工事費実質無料
無線LANルーター1年間無料
おすすめの窓口ビッグローブ光公式サイト

ビッグローブ光は、全国で利用出来るauスマートバリューに対応した光回線なので、auひかりが利用出来ない地域の方でも、auスマートバリューを利用することが出来ます。

ビッグローブ光と楽天ひかりの3年間のコストをauスマートバリューを加味して比較していきます。

戸建て向けプランのコスト比較
楽天ひかりビッグローブ光
月額料金5,280円5,478円
契約事務手数料3,300円3,300円
工事費22,000円無料
無線LANルーター330円/月(3年間で11,880円)1年間無料(2年目以降550円/月)
光電話550円(3年間で19,800円)
キャッシュバック63,360円相当40,000円
3年間の総支払額163,900円193,508円
セット割割引額-1,100円(3年間で-39,600円)
セット割を考慮した
3年間の総支払額
163,900円153,908円

ビッグローブ光のキャッシュバックは、光コラボレーションの中では高額です。

また工事費も無料のため、割引額は高額ですが無線LANルーターが2年目以降月額550円かかってしまいます。

楽天ひかりよりも月額料金が高額な点も含めると3年間の総支払額は楽天ひかりよりも31,808円高額になってしまいます。

そのため楽天ひかりよりもビッグローブ光がお得になるのは、下記の条件となります。

使い放題MAX1台または、ピタットプラン1GB以上のプラン2台

この条件を満たさない場合は、楽天ひかりのほうがおすすめの光回線となります。

マンション向けプランのコスト比較
楽天ひかりビッグローブ光
月額料金4,180円4,378円
契約事務手数料3,300円3,300円
工事費22,000円無料
無線LANルーター330円/月(3年間で11,880円)1年間無料(2年目以降550円/月)
光電話550円(3年間で19,800円)
キャッシュバック50,160円相当40,000円
3年間の総支払額137,500円153,908円
セット割割引額-1,100円(3年間で-39,600円)
セット割を考慮した
3年間の総支払額
137,500円114,308円

ビッグローブ光マンションの3年間の総支払額は、楽天ひかりよりも33,788円高額です。

楽天ひかりよりもお得にビッグローブ光を利用するためには下記の条件となります。

使い放題MAX1台または、ピタットプラン1GB以上のプラン2台

上記のスマートバリューが適用になるスマホを利用しているのであれば、ビッグローブ光のほうがお得になります。

ビッグローブ光はauユーザーにおすすめ!

新規・事業者変更・転用で40,000円!

ビッグローブ光の公式へ

スマホとセットでさらにお得!

ソフトバンクユーザーにおすすめ【NURO光】

ソフトバンクユーザーにおすすめなのがNURO光です。

NURO光は月額料金も低価格で、キャンペーンも豊富な人気のある光回線です。

NURO光の基本情報
月額料金NURO光2ギガ:5,200円
NURO光 for マンション:2,090円~2,750円
工事費戸建 44,000円無料
マンション 44,000円無料
契約期間3年自動更新
解約金戸建プラン 3,875円
マンションプラン 1,222円
通信速度上り:1Gbps
下り:2Gbps
契約事務手数料3,300円
スマホセット割有(ソフトバンクおうち割光セット)
キャンペーンキャッシュバック:45,000円
工事費実質無料
解約違約金還元:最大20,000円
開通前Wi-Fiルーターレンタル無料
おすすめの窓口NURO光公式サイト

NURO光は月額料金が安いだけでなく、通信速度が下り2Gbpsと他の光回線よりも高速です。

またキャンペーンも豊富で、キャッシュバックは45,000円と高額です。

ソフトバンクユーザーならソフトバンク光がおすすめじゃないの?

NURO光はソフトバンクのスマホセット割に対応しているし、料金も安いからおすすめなんだよ。

NURO光はソフトバンクのおうち割光セットに対応しているため、ソフトバンクユーザーならさらにお得に光回線が利用出来ます。

おうち割光セットの割引額は下記のようになっています。

おうち割光セット割の割引額
ソフトバンク プラン名割引額
メリハリ無制限1,100円/月割引
ミニフィット+1,100円/月割引

おうち割光セットの割引額は、現在申込できるプランでは月額1,100円となっているため、他の光回線よりも分かりやすいのが特徴です。

スマホ1台につき上記の金額が契約期間中、毎月割引になります。

おうち割光セットの適用には光電話サービスなど指定のオプションサービスが必須だよ!

楽天ひかりとNURO光の3年間のコストで比較してみます。

戸建て向けプランのコスト比較
楽天ひかりNURO光
月額料金5,280円5,200円
契約事務手数料3,300円3,300円
工事費22,000円無料
無線LANルーター330円/月(3年間で11,880円)無料
光電話550円(3年間で19,800円)
キャッシュバック63,360円相当45,000円
3年間の総支払額163,900円162,000円
セット割割引額-550円(3年間で-19,800円)
セット割を考慮した
3年間の総支払額
163,900円142,200円

戸建て向けプランのNURO光2ギガの3年間の総支払額は、楽天ひかりよりも3年間で300円高額です。

楽天ひかりよりもお得にNURO光を利用するためには、おうち割光セットが適用になるスマホが1台以上となります。

マンション向けプランのコスト比較
楽天ひかりNURO光 for マンション
月額料金4,180円2,090円~2,750円
契約事務手数料3,300円3,300円
工事費22,000円無料
無線LANルーター330円/月(3年間で11,880円)無料
光電話550円(3年間で19,800円)
キャッシュバック50,160円相当25,000円
3年間の総支払額137,500円73,340円~97,100円
セット割割引額-550円(3年間で-19,800円)
セット割を考慮した
3年間の総支払額
137,500円53,540円~77,300円

NURO光 for マンションもNURO光2ギガと同様、3年間の総支払額はおうち割光セットが適用にならなくても、楽天ひかりよりお得です。

下り速度が最大2Gbpsと高速通信の「NURO光」だよ!

キャッシュバック45,000円はここから!

NURO光特設サイトへ

45,000円キャッシュバックは特別ページからのみとなっております。

NURO光が利用出来ない地域の人はソフトバンク光

NURO光提供エリア以外の方でソフトバンクユーザーの方ならソフトバンク光がおすすめです。

ソフトバンク光は光コラボレーションなので、基本的に全国でサービスの利用が可能です。

ソフトバンクユーザーでおうち割光セットが利用したいけれど、NURO光が利用出来ない地域の方でもソフトバンク光ならばおうち割光セットが利用出来ます。

ソフトバンク光の基本情報
月額料金ファミリープラン:5,720円
マンションプラン:4,180円
工事費戸建 26,400円無料
マンション 26,400円無料
契約期間2年自動更新
解約金戸建プラン 5,720円
マンションプラン 4,180円
通信速度上り:1Gbps
下り:1Gbps
契約事務手数料3,300円
スマホセット割有(ソフトバンクおうち割光セット)
キャンペーンキャッシュバック:40,000円
無線LANルータープレゼント
工事費実質無料
解約違約金還元:最大100,000円
開通前Wi-Fiルーターレンタル無料
おすすめの窓口STORY

楽天ひかりもソフトバンク光も利用する光ファイバーはNTTの光回線を利用するため、通信速度など基本的な点は同じです。

ただし、ソフトバンク光は楽天ひかりよりも月額料金も高く、キャッシュバック(割引額)も少ないため、楽天ひかりよりもお得に使うにはおうち割光セットの適用が必須です。

楽天ひかりとソフトバンク光の3年間のコストを比較していきます。

戸建て向けプランのコスト比較
楽天ひかりソフトバンク光
月額料金5,280円5,720円
契約事務手数料3,300円3,300円
工事費22,000円無料
無線LANルーター330円/月(3年間で11,880円)無料
光電話550円(3年間で19,800円)
キャッシュバック63,360円相当40,000円
3年間の総支払額163,900円189,020円
セット割割引額-1,100円(3年間で-39,600円)
セット割を考慮した
3年間の総支払額
163,900円149,420円

3年間の総支払額はソフトバンク光のほうが30,320円高額です。

そのため、楽天ひかりよりもお得にソフトバンク光を利用するには、おうち割光セットが適用になるスマホが1台以上あるのが条件となります。

マンション向けプランのコスト比較
楽天ひかりソフトバンク光
月額料金4,180円4,180円
契約事務手数料3,300円3,300円
工事費22,000円無料
無線LANルーター330円/月(3年間で11,880円)無料
光電話550円(3年間で19,800円)
キャッシュバック50,160円相当40,000円
3年間の総支払額137,500円133,580円
セット割割引額-1,100円(3年間で-39,600円)
セット割を考慮した
3年間の総支払額
137,500円93,980円

マンションプランは戸建てプランほど総支払額に差はありませんが、それでも3年間で4,580円となります。

楽天ひかりよりもお得にソフトバンク光を利用するのであれば、おうち割光セットが適用になるスマホを1台以上利用するのが条件となります。

ソフトバンク光は40,000円キャッシュバック以外にも特典があるから、チェックしてね!

キャッシュバック40,000円

STORYのソフトバンク光へ

転用・事業者変更なら19,000円

ahamo・LINEMO・povo・格安スマホを利用中の方

スマホのセット割が無い場合は楽天ひかりがおすすめなんでしょ?

その場合利用する期間やキャンペーンで異なるから解説していくね!

楽天ひかりの6カ月間月額基本料金0円キャンペーンは、楽天モバイルとセットであることが条件です。

オンライン専用プラン【ahamo】【LINEMO】【povo】やmineoなどの格安スマホを利用中の方の場合キャンペーンは1年間2,200円割引となってしまいます。

お得に光回線を利用するのであれば、楽天ひかり申し込み時に、スマホを楽天モバイルに乗り換えてしまう事です。

そうすれば6カ月間月額基本料金0円キャンペーンも適用になりますし、スマホの料金も安くなります。

確かに楽天モバイルに乗り換えればいいんだろうけど、電波が届くか心配だな

どうしても心配なら、しばらくの間2台持つのもおすすめだよ。

楽天モバイルは生活圏内で電波が届くのか心配という人も多いと思います。

もしも心配であれば、楽天モバイルを2台目として契約するのもおすすめの方法です。

楽天モバイルを1年間使ったとしても、楽天ひかりを1年間月額1,078円で利用出来ると考えれば、楽天モバイルを2台目として契約してもお得です。
※楽天モバイルは3GBまで1,078円にて利用できます。

ただし、NURO光とauひかりが利用出来る地域の方の場合、スマホとのセット割が無くても楽天ひかりよりも3年間のコストは低いため、オンライン専用プランや格安スマホを利用中の方は、NURO光かauひかりがおすすめの光回線となります。

楽天モバイルは2023年6月1日より【Rakuten最強プラン】となり、今までパートナー回線で利用できるデータ量が上限5GBでしたが、Rakuten最強プランでは無制限となりました。

楽天ひかりキャンペーンのよくある質問

楽天ひかりのキャンペーンについてよくある質問をまとめてみました。

工事費無料キャンペーンは無いの?

楽天ひかりでは工事費無料のキャンペーンは行っていませんが、時期によって工事費無料のキャンペーンを行う事もあります。

実際に過去のキャンペーンを調べてみると、過去に2度工事費無料キャンペーンを行っています。

ただし、定期的に行っているわけではありませんし、今後工事費無料キャンペーンを行うかは全く分かりません。

工事費が気になる方は頻繁に楽天ひかりのホームページを確認するのがおすすめです。

1年間無料キャンペーンの割引額が大きいから、工事費が有料なのは仕方ないかもしれないね。

キャンペーンはどこから申し込んでも同じ?

楽天ひかりを申し込むには、楽天ひかりのホームページからの申し込みと、楽天ショップからの申し込みがあります。

楽天ショップでの申し込みの場合、6カ月間月額基本料金0円キャンペーンは適用になりますが、楽天ポイントプレゼントなどのキャンペーンは適用外となります。

楽天ひかりを申し込むのであれば、24時間365日自分の好きなタイミングで申し込み手続きが出来る、楽天ひかりのホームページからの申し込みがおすすめです。

楽天会員以外の人でも申し込みは可能?

楽天ひかりをホームページから申し込む場合、楽天会員の登録が必要となります。

楽天会員は料金も無料ですし、楽天ひかりの月額料金で楽天ポイントもたまります。

会員にとってメリットはあってもデメリットになることはありませんので、楽天ひかりを申し込む際は必ず楽天会員のお情報入力が必要です。

楽天会員の申し込み手続きは5分程度で完了するからとても簡単だよ。

まとめ

楽天ひかりは1年間無料キャンペーン終了後、あまり大きなキャンペーンがありませんでしたが、6カ月間月額基本料金0円キャンペーンが始まったことで、楽天市場などをよく利用する人にとっては大きなメリットとなります。

またキャンペーンだけでなく楽天ポイントがたまりやすくなる楽天スーパーポイントアップにも対応しているので楽天のサービスをよく利用する人にとってはお得な光回線です。

ただし、月額料金やキャンペーンで楽天ひかりよりもお得な光回線もあります。

キャンペーンの内容をしっかりと理解して楽天ひかりが自分にとっておすすめの光回線になるのか判断してください。

タイトルとURLをコピーしました