【2022年版】光回線(インターネット回線)のおすすめ13選~現役営業担当の選び方・格安で利用する方法~

インターネットを利用する上で光回線(インターネット回線)を選ぶのはなかなか難しいです。

特にここ数年で増えてきたNTTの光ファイバーを利用した光回線「光コラボレーション」は事業者の数も多くサービスの内容も光回線ごとに違います。

ここでは現役光回線営業担当がユーザーの立場になってどの光回線を選べば失敗せずに光回線を選ぶ事が出来るのかを解説していきます。

失敗しないためにもインターネット回線の基礎知識も簡単に説明していくから参考にしてね!
「今更基礎知識なんて必要ないよ!」という人は【光回線選びで失敗しないポイント】から読んでね!

自分に合ったおすすめの光回線を直ぐに知りたい方は「現役回線営業担当がおすすめする光回線」をご覧ください。

消費税の総額表示の義務付けにより、価格は全て税込での表記になっております。

本記事を読んでわかること
  • 開通工事などの基礎知識
  • 自分にあった安い光回線
  • スマホとのセット割を適用して格安で利用する方法

光回線の基礎知識

光回線を失敗しないように選ぶためには、ある程度の知識は必要です。

初めて光回線を契約する方やあまり光回線について分からないという方の為に、光回線選びの前に光回線の基礎知識について簡単に解説していきます。

やっぱり基礎知識って必要なのかな?

全部覚える必要はないけど、契約前にある程度知っておくと安心して光回線を選ぶことが出来るよ。

光回線って何?

光回線は光ファイバーを利用してデータを送受信しています。

これまで主に使われてきた電話線(アナログ回線)は、距離が離れると極端に通信速度が遅くなるなどの短所がありましたが、光回線は周囲のノイズを受けにくく長距離でも安定した通信が出来る上、セキュリティの面でもアナログ回線よりも優れています。

国内の主な光ファイバーはNTTが敷設したものが多く、その他には電力会社系列(KDDIグループ)が敷設した光ファイバーが現在一般に利用出来る光回線です。(NURO光等一部例外もあります)

光回線名
NTTフレッツ光・ドコモ光・ソフトバンク光・excite MEC光・enひかり等の光コラボレーション
KDDIグループ(電力会社系)auひかり・コミュファ光・eo光・MEGAEGG・ピカラ光・BBIQ等

電話線を使ったADSLはまだ使っている人もいるでしょ?

局から近いと通信速度も速いし安いからまだADSLでインターネットを利用している人もいるね!
但し、もう少しでADSLもサービス終了になるよ!

ADSLを用いたサービスは2024年3月末で廃止・終了の予定になっていますので、早目の乗り換えをおすすめします。

光回線の費用

光回線を利用するためには初期費用と月額料金が必要ですが、初期費用契約事務手数料工事費で光回線により異なります。

契約事務手数料はほとんどの光回線を契約する際にかかる費用で、名前の通り契約時の事務手続きにかかわる費用になります。

事務手数料の他に他社からの乗り換えで同じ電話番号を使いたい場合は、MNP発行番号が必要!
MNP発行番号を取得するのに手数料が別途必要だよ。

工事費については建物や建物の設備、また光回線により異なりますので、契約前にどのくらいの工事費になるか知っておくと安心です。   

工事費の支払い方法はどんな支払い方が出来るの?

一括払いも分割払いも利用出来るし、キャンペーンで工事費無料の光回線もあるよ!

また、月額料金も光回線のプランにより様々です。

プランとしてはどれだけ利用しても料金が変わらない定額制と、使った分で料金が変わる従量制、さらに通信速度でも月額料金は変わってきます。

最近では従量制を選択できる光回線は少なくなってきましたが、フレッツ光やドコモ光やソフトバンク光など光コラボレーションの中には従量制のプランが利用出来る光回線があります。

定額制のメリットはどれだけ利用しても金額が変わらない点で、従量制はインターネットはたまにしか使いわないという人なら定額制よりも安く利用できる点です。

従量制の場合上限まで利用すると、定額制の料金を超えちゃうから注意が必要だよ。

最低限必要な光回線の費用

光回線にかかる費用は次の通り
・初期費用(契約事務手数料・工事費)
・月額料金
光回線によって金額は異なります。

光回線の工事

光回線を利用するためには光ファイバーで送られてきた信号をパソコンなど利用出来るように変換する【ONU】や【ホームゲートウェイ】が必要です。

なんでONUとホームゲートウェイの2種類なの?

簡単に言ってしまうとONUに光電話とルーターの機能を追加したものがホームゲートウェイだよ。

基本的には光回線を申し込む際に光電話を契約するとホームゲートウェイが送られてきますが、光電話を申し込まない場合はONUが送られてきます。

ルーターってなに?

ルーターは光回線で複数のパソコンやスマホを利用するために必要な装置の事。
ONUだけだとパソコン1台しかインターネットに接続できないんだよ。

光回線を利用する際にはONUまたはホームゲートウェイを宅内に設置しますが、設置場所まで光ファイバーを屋外から引き込む工事が必要になります。

宅内に引き込まれた光ファイバーの先には、光コンセントと呼ばれる光ファイバーを接続する部品を取り付けます。

主な光回線の工事は次の通りです。

工事の種類工事内容
宅内工事有工事担当者が宅内で光コンセントの設置工事を行う場合
宅内工事無 派遣工事有すでに光コンセントが設置されているが建物の共有部分の工事が必要な場合
派遣工事無光コンセントが設置されていて工事は局社内のみの場合

ただし建物によっては宅内まですでに光ファイバーが引き込んであり光コンセントが設置済みの場合もあります。

光コンセントがすでに設置されている場合は基本的に工事の必要はありません。

戸建ての場合は基本的に工事が必要なことが多く、集合住宅の場合マンションプランが利用できる建物の場合は工事が不要な建物もあります。

どのような工事になるかは光回線申込時に確認することが出来ます。

工事がいらないってことは申し込んだらすぐに使えるってこと?
ONUとかホームゲートウェイはどうするの?

宅内の工事は不要でもNTTの局内工事があるからすぐには利用出来無いんだよ。
ONUやホームゲートウェイは光回線契約後に郵送で送られてくるんだ。

工事が不要な場合は契約した住所宛にONUまたはホームゲートウェイが送られてくるため、自分で光コンセントに接続し設定を行います。

設定を自分でできるか心配だよ。

大丈夫!
詳しい説明所が一緒に送られてくるし、わからないことがあれば電話で聞くこともできるよ!
それでも心配なら「接続サポート」がある光回線を選ぶのもおすすめだよ!

転用・事業者変更なら工事不要

フレッツ光またはNTTの光ファイバーを利用した光コラボレーションを利用している人が、他の光コラボレーションに乗り換える場合工事は不要です。

フレッツ光から光コラボレーションに乗り換えることを転用と呼び、光コラボレーションから光コラボレーションに乗り換えることを事業者変更と言います。

転用をする場合は光コラボレーションを契約する前にNTTから【転用承諾番号】をもらう必要があります。

転用承諾番号は以下の番号に電話もしくはWEBから手続きすることが可能です。

NTT東日本【NTT東日本 フレッツ受付センタ】電話番号:0120-140202
受付時間:9:00 から 17:00 (年末年始を除きます)
URL:https://flets.com/tenyou/
Web受付時間:8:30 から 22:00
NTT西日本【NTT西日本 光番号ご案内センタ】電話番号:0120-553-104
受付時間:9:00 から 17:00 (年末年始を除きます)
URL:http://flets-w.com/collabo/
Web 受付時間:7:00 から 25:00

事業者変更の場合は現在利用中の光コラボレーション(光回線)から【事業者変更承諾番号】をもらう必要があります。

事業者変更承諾番号の発行手続きは事業者により異なりますので各事業者のサポートに問い合わせてください。

また、サイトによってはホームページから手続きが出来る事業者もありますので、各事業者のホームページを確認してください。

転用承諾番号及び事業者変更承諾番号は15日間の有効期限があるから、期間内に乗換えの手続きを終了させてね!

auひかりやNURO光等NTTの光ファイバーを利用した光回線の場合は基本的に派遣工事が必要となります。

光回線のメリットとデメリット

自宅の固定回線の多くは光回線が主流です。

では、なぜ光回線が最も多く利用されているのでしょうか?

ここからは光回線を利用することのメリットとデメリットについて解説していきます。

光回線のメリット

光ファイバーでインターネットを利用する場合、光回線ならではのメリットプロバイダごとのメリットがあります。

ここからは光ファイバーならではのメリットとデメリットを簡単に解説します。

光ファイバーならではのメリットは次の通りです。

  • 通信速度が速い(通信速度が高速 最大10Gbps)
  • 高品質(データ通信が途切れることが少ない)
  • 定額無制限(いくらインターネットを利用しても月額料金は定額)
  • 光電話が利用出来る(通常の黒電話より基本料金も通話料金も安い)

光回線と言えばやっぱり通信速度が速い事!
動画もリモートワークもサクサク動いてストレスなしが魅力だね。

通信速度と品質について

現在の光回線は通信速度1Gbpsが主流となっています。

中にはNURO光のように2Gbpsや一部地域では5Gbpsや10Gbps等のサービスも始まっていますが、多くの光回線は1Gbpsとなっています。

1Gbpsってそんなに速いの?

1Gbpsなら一度に複数の人が動画を見ても大丈夫だし、オンラインゲームもオンラインでのミーティングなんかも快適!

ただし、光回線によっては夕方から夜間にかけてインターネットの利用者が多い時間帯には通信速度が遅くなる場合があります。

えー!遅くなったらいやだな・・・
せっかくの光回線だし。

そうだね!ただ少しのポイントを押さえておけばそんな心配は不要!
後で後悔しないためにもこの後、現役回線営業担当がおすすめする光回線を紹介していくから参考にしてね!

また、光回線は通信速度が速いだけじゃなく通信品質が良い点も大きなメリットです。

スマホでインターネットを利用している時に電波の状態が悪いと、インターネットが途切れてしまう事があります。

動画を見てると映像が止まったりしちゃうことがあるよね。

スマホは電波を利用しているから不安定になることがあるんだけど、光回線なら信号が不安定になる事もないから安心してネットが使えるよ。

光回線はスマホのように電波を利用しないので、安定した信号を受信することが出来ます。

動画の視聴はもちろんですが、オンラインでのミーティングや面接など映像が途切れると困るような場面でも安心してインターネットを利用することが出来ます。

定額制・無制限

スマホは月に利用出来るデータの量が決まっています。(一部無制限のプランもあります)

また、無制限でも3日間で10GBの制限があったりするなどの制限があります。

しかし、光回線は基本的にデータ量の制限はありません。

月額料金で無制限にインターネットを利用することが出来ますので、データ量を気にせずインターネットを楽しむことが出来ます。

光回線もまれにですが、1日のデータ量が数十GB等のように極端に多い場合、利用制限がかかる場合があります。

光電話について

光回線になったら家の電話ってどうなるの?
今まで通り?

電話番号も電話機もそのままだけど、光回線にしたら今までの電話線じゃなくて光ファイバーで電話をすることになるんだよ。

光回線を契約すると自宅の固定電話を光電話に変更することが出来ます。

光電話は従来の電話線を利用せず光ファイバーを利用して通話を行う機能で、従来の固定電話と同じように利用することが出来ます。

電話はそのままでもいいんじゃないの?

そのままでも大丈夫だけどリットはないから、光回線にしたら光電話のほうがお得だよ

光回線にしても従来の固定電話も利用出来ますが、そのためには光回線の利用料金の他に従来の固定電話の料金を支払わないといけません。

光電話ならば今までの電話機も電話番号もそのまま利用することが出来る上、月額料金も通話料も割安になります。

その為従来の電話をわざわざ残すメリットは無いといえます。

光電話(NTT)アナログ電話(NTT)
基本料金550円1,450円~1,700円
通話料金(携帯電話)17.6円 / 60秒17.6円/60秒
通話料金(国内)国内一律 8.8円 / 3分市内 9.35円 / 3分
市外~20kmまで 22円 / 90秒
20km~60kmまで 33円 / 60秒
60km以上 44円 / 45秒
通話料金(アメリカ)9円 / 60秒160円 / 3分

上記のアナログ電話の料金はNTTコミュニケーションズ、光電話はNTTの光電話の料金となっています。

また、アナログ電話の通話料金は県内宛の通話料金です。

表からも分かる通り従来のアナログ電話よりも光電話のほうが基本料金も通話料も安くなっています。

安くなるのは嬉しいけどデメリットは無いの?

特殊な電話番号(コレクトコールや電号ダイヤル)など一部の電話番号は利用出来ないけれど、あまり使わない番号だから心配することないよ!

光回線にすることで固定電話も安く利用することが出来ます。

光回線のデメリットは工事が必要な点

光回線はいいところばかりだけどデメリットもあるんでしょ?

光回線のデメリットは1つ工事が必要なこと
申し込んですぐにインターネットが利用出来ないのが光回線唯一のデメリットだね。

光回線唯一のデメリットは工事が必要な点です。

マンションの場合工事が不要な物件もありますが戸建て住宅は工事が必要な場合がほとんどです。

その為光回線を利用するための初期費用がかさんでしまいます。

工事費が無料の光回線もあるから初期費用を抑えたいなら、工事費無料の光回線を選ぶのがおすすめ

また、工事費の問題だけではなく申し込みから工事までの期間が長い事もデメリットです。

工事までの期間は光回線により異なりますが速くても1カ月程度繁忙期の場合には3カ月待つこともあります。

引越しなどで光回線を契約する場合には、引越し先が決まったら優先的に光回線を契約するのがおすすめです。

引越しがまだなのに申込ってできるの?

住所がわかっていればほとんどの光回線が申し込みは可能!
不安なら契約時にオペレーターさんに相談するのがおすすめ。

光回線選びで失敗しないポイント

光回線は回線にもよりますがスマホのように簡単には乗り換えをすることが出来ません。

光回線にもよるってどういう事?

フレッツ光から光コラボレーションに乗り換えたり光コラボレーション同士の場合は乗り換えが簡単!

光回線を使いだしてから後悔しないよう、ここからは光回線選びで失敗しないポイントについて解説していきます。

どの光回線が利用できるか?

光回線はどの地域でも利用できるわけではありません。

光回線によってサービスを提供している地域と提供していない地域があります。

その為、光回線選びのポイントで一番基本的なことは、光回線を利用する場所でどの光回線が利用できるかを把握することです。

いくら安くて速い光回線でも利用出来ないエリアじゃ申込できないもんね。

そういう事!だから自分が住んでいる場所でどの光回線が使えるかを知ることが一番重要なんだよ。

光回線を利用するためには利用する場所の近くまで光ファイバーが敷設してある必要があります。

また、集合住宅の場合は近くまで光ファイバーが来ていても、建物で光回線が利用できるかの確認も必要になります。

利用可能な地域に関しては大きく分けて次の通りです。

光回線利用可能な地域エリア検索ページ
フレッツ光及び光コラボレーション各社 日本全国で利用可能NTT東日本
NTT西日本
auひかり(ホームタイプ)北海道   北海道
東北地方  青森、秋田、岩手、山形、宮城、福島
関東地方  東京都、神奈川、千葉、埼玉、群馬、茨城、栃木
信越地方  新潟、長野
中部地方  山梨
北陸地方  石川、富山、福井
中国地方  鳥取、岡山、島根、広島、山口
四国地方  香川、徳島、愛媛、高知
九州地方  福岡、大分、佐賀、宮崎、熊本、長崎、鹿児島
提供エリアの検索
コミュファ光東海地方  愛知県、岐阜県、三重県、静岡県、長野県エリア検索
eo光関西地方  京都府、滋賀県、兵庫県、大阪府、奈良県、和歌山県サービス提供エリアの確認
MEGAEGG中国地方  鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県サービス提供エリア確認
ピカラ光四国地方  徳島県、香川県、愛媛県、高知県提供エリアチェック
BBIQ九州地方  佐賀県、福岡県、長崎県、大分県、熊本県、宮崎県、鹿児島県サービスエリアチェック
NURO光北海道   北海道
関東地方  東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、群馬県、栃木県、茨城県
東海地方  愛知県、静岡県、岐阜県、三重県
関西地方  大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県
中国地方  広島県、岡山県
九州地方  福岡県、佐賀県
提供状況の確認

日本中で利用出来るのはNTTのフレッツ光と光コラボレーションだけとなります。

また、各地域でどの光回線が利用可能かどうかは、光回線のホームページで確認することが出来ます。

ドコモ光やソフトバンク光はどこで調べればいいの?

ドコモ光やソフトバンク光等の光コラボレーションはNTTの光ファイバーなので、NTTのフレッツ光が利用出来る場所なら光コラボレーションも利用可能だよ!

利用可能エリア内でも場所によっては利用できない場合がありますので、光回線を選ぶ際には必ず上の表の右側(エリア検索ページ)から利用可能かどうか確認することをおすすめします。

光回線の何を基準にして選ぶか

光回線を利用したい場所でどの光回線が利用可能かどうか分かったら次は光回線選びです。

では光回線は何を基準に選ぶのがいいのでしょうか?

光回線選びで最も重要なところ!
インターネットで何をするかも重要だからしっかりと検討してね!

月額料金で選ぶ

多くの方が気になるのが光回線の月額料金等、ランニングコストではないでしょうか?

光回線は数多くありますが、下の一覧は現役回線営業担当がおすすめする光回線16社の月額料金となっています。

光回線料金比較
月額料金(戸建て向けプラン)月額料金(集合住宅向けプラン)工事費スマホセット割提供エリア
ドコモ光5,720円4,400円無料ドコモ全国
ソフトバンク光5,720円4,180円実質無料ソフトバンク全国
enひかり4,620円3,520円有料ahamo、povo、UQモバイル※1 全国
excite MEC光1〜12カ月目 4,428円(新規契約のみ)
13カ月目以降 4,950円
1〜12カ月目 3,355円(新規契約のみ)
13カ月目以降 3,850円
無料 全国
ビッグローブ光5,478円4,378円実質無料au
UQモバイル
全国
@nifty光5,720円4,378円実質無料au
UQモバイル
全国
楽天ひかり5,280円4,180円有料楽天モバイル 全国
So-net光プラス6,138円4,928円実質無料au
UQモバイル
全国
NURO光5,200円2,090円~2,750円実質無料ソフトバンク一部
auひかり5,610円4,180円実質無料au
UQモバイル
一部
コミュファ光1〜12カ月目 3,980円
13カ月目以降 5,215円
1〜12カ月目 3,380円
13カ月目以降 4,000円
無料au
UQモバイル
東海地方
eo光1〜12カ月目 3,248円
13カ月目以降 5,448円
1〜24カ月目 3,876円
25カ月目以降 3,876円
実質無料au
UQモバイル
関西地方
ピカラ光1~2年目 4,950円
3~4年目 4,840円
5~6年目 4,730円
7年目以降 4,620円
1~4年目 3,740円
5年目以降 3,608円
無料au
UQモバイル
四国地方
MEGAEGG4,620円3,520円実質無料au
UQモバイル
中国地方
BBIQ1〜12カ月目 4,400円
13カ月目以降 5,500円
1〜12カ月目 3,300円
13カ月目以降 4,400円
有料au
UQモバイル
九州地方

※1 enひかりでは独自にUQモバイル、ahamo、povoを対象に【勝手に割り】が適用になりenひかりの月額料金が毎月110円割引になります。

excite MEC光、コミュファ光、eo光、ピカラ光、BBIQについては、初めの12カ月または24カ月はキャンペーンや料金が変動するプランの為通常の料金よりも安くなっているよ。

戸建て向けのプランで月額料金が一番安いのは、初めの1年間はexcite MEC光の4,428円(新規契約の場合)で、12か月後からはenひかりの4,620円と中国地方限定のMEGAEGGの4,620円となります。

集合住宅向けのプランではNURO光の【NURO光 for マンション】ですが、NURO光 for マンションはNURO光が利用できるエリアでも利用出来る物件が少ないのがデメリットです。

集合住宅向けのプランの中ではキャンペーンで初めの1年間が安いexcite MEC光の3,355円(新規契約の場合)、2年目以降はenひかりの3,520円と中国地方限定のMEGAEGGの3,520円が最安となります。

利用出来るエリアを気にしないならexcite MEC光かenひかりが安いんだね!

新規契約の場合だけど月額料金だけで比較したときはそうなるね!
でも月額料金だけじゃなくスマホとのセット割引なんかもあるから、家庭の通信費全体で見るのが失敗しない光回線の選び方のポイントだよ!

月額料金だけで比較をすると上記のような結果となります。

ただし光回線の中にはドコモ光セット割のようにスマホと光回線をセットにすることでスマホが安くなる割引サービスをおこなっています。

通信費の節約は、スマホと光回線を含めた通信費全体で比較するのが失敗しない光回線の選び方になります。

速度で選ぶ

インターネットを快適に利用する上で重要なのが通信速度ですが、現在の主流は上り下りともに1Gbpsとなっています。

ただし、この1Gbpsはベストエフォートとなっていて、実際にはここまでの速度が出ることはほとんどありません。

下りと上りってあるけどどういう事?

上りはユーザーがデータを送信(アップロード)する速度で、下りはその逆でデータを受信(ダウンロード)する速度の事だよ。

インターネットが快適に利用できるかどうかは下りの速度が重要です。

動画の視聴などの場合、動画のデータがおいてあるサーバーから動画のデータをダウンロードして視聴しますが、下りの速度が遅いと動画が途中で止まったりコマ送りになってしまう事になります。

上りは大きなデータ(動画のアップロード等)に影響するから人によっては上りの速度も重要!

光回線の通信速度は利用者の多い時間帯や環境により異なります。

そこで光回線を選ぶ際のポイントとして、インターネットの接続方法にIPv6に対応している光回線を選ぶのが重要です。

次の表は各光回線のベストエフォートの通信速度と、IPv6の対応状況の他にネット上の実際の通信速度をまとめてみました。

光回線名通信速度(ベストエフォート)実際の通信速度 ※1IPv6対応
ドコモ光 上り1Gbps / 下り1Gbps上り205.53Mbps / 下り264.56Mbps
ソフトバンク光上り1Gbps / 下り1Gbps 上り211.99Mbps / 下り312.93Mbps
enひかり上り1Gbps / 下り1Gbps 上り284.8Mbps / 下り344.81Mbps オプション
excite MEC光上り1Gbps / 下り1Gbps 上り316.11Mbps / 下り208.19Mbps
ピカラ光上り1Gbps / 下り1Gbps 上り186.06Mbps / 下り260.23Mbps
ビッグローブ光上り1Gbps / 下り1Gbps 上り210.26Mbps / 下り261.16Mbps
@nifty光上り1Gbps / 下り1Gbps 上り223.97Mbps / 下り214.54Mbps
楽天ひかり上り1Gbps / 下り1Gbps 上り174.97Mbps / 下り203.19Mbps
So-net光プラス上り1Gbps / 下り1Gbps 上り230.33Mbps / 下り298.h90Mbps
NURO光上り1Gbps / 下り2Gbps 上り446.53Mbps / 下り505.65Mbps
auひかり上り1Gbps / 下り1Gbps 上り355.0Mbps / 下り404.11Mbps
コミュファ光上り1Gbps / 下り1Gbps 上り341.13Mbps / 下り554.81Mbps
eo光上りhGbps / 下り1Gbps 上り306.33Mbps / 下り434.75Mbps
ピカラ光上り1Gbps / 下り1Gbps 上り236.99Mbps / 下り360.51Mbps
メガエッグ上り1Gbps / 下り1Gbps 上り218.58Mbps / 下り389.28Mbps
BBIQ上り1Gbps / 下り1Gbps 上り212.59Mbps / 下り339.55Mbps

※1みんなのネット回線速度調べ

下りのベストエフォート通信速度で一番高速なのはNURO光の2Gbpsとなっていますが、実際の通信速度ではコミュファ光の554.81Mbpsが一番速いです。

IPv6接続に関しては、今回紹介した光回線すべて対応していますが、enひかりはオプション月額180円かかります。
また、ソフトバンク光の場合IPv6の利用にはオプションのBBユニットのレンタルが必須となります。

NURO光の下り2Gbps以外はみんな上りも下りも1Gbpsなんだね。

光回線によっては一部の地域で5Gbpsや10Gbpsなどさらに高速のプランもあるけど周辺機器も高額だからコストパフォーマンスはイマイチ、「お金よりも速さ!」っていう人向けだね。

光コラボレーションの中ではenひかりが高速ですが、回線営業担当の経験から光コラボレーションでIPv6が利用出来る光回線なら実際に使ってみると体感で違いはほぼ無いといえます。

利用するのが上記の光コラボレーションならば通信速度で選ぶよりもコストで選ぶ方がおすすめです。

キャッシュバックで選ぶ

光回線を選ぶ際に気になるのがキャッシュバックや割引などのキャンペーンです。

ネットで調べると同じ光回線でもキャンペーンの内容が違うけどなんで?

光回線の申し込みは公式だけじゃなくて代理店からも申し込みが出来るんだよ!
申し込む代理店によってもキャッシュバックの額が違うからどこから申し込むかは慎重にね。

光回線をネットから申し込む場合、公式サイトの他に販売代理店が運営するサイトがありますが、キャンペーンの内容(特にキャッシュバック)は申し込みするサイトによって異なります。

先ずは現役回線営業担当がおすすめする、「キャッシュバックが多い光回線と申し込みサイト」を一覧にしてみました。

光回線キャッシュバック額おすすめの申し込みサイト
So-net光プラス最大60,000円So-net光プラス公式サイト
auひかり 最大66,000円NNコミュニケーションズ
NURO光 45,000円NURO光特設サイト
ソフトバンク光 最大37,000円エヌズカンパニー
コミュファ光 最大40,000円NNコミュニケーションズ
ビッグローブ光 最大33,000円NNコミュニケーションズ
BBIQ光 最大30,000円NEXT
メガエッグ 最大29,000円NEXT
nifty光 最大27,000円NNコミュニケーションズ
ピカラ光 最大25,000円NEXT
ドコモ光 最大20,000円GMOとくとくBB
eo光 10,000円の商品券公式サイト

So-net光プラスは6万円もキャッシュバックがもらえるんだ!

すごいよね!でも慌てちゃだめだよ。
So-net光プラスはキャッシュバックも多いけどその分月額料金が高額なんだ。

キャッシュバックは金額が多ければ多いほどうれしいものですが、注意しないと契約後に後悔してしまう事があります。

キャッシュバックがいくら多くても月額料金が高額だったり、キャッシュバックを満額受け取るために不要なオプション契約をしなければいけないなど、注意しないと後の後悔に繋がります。

現役回線営業担当がおすすめする光回線

結局光回線はどこがおすすめなの?

お待たせしました!
ここからユーザーの環境に合わせたおすすめの光回線を紹介していくね!

気になる箇所をチェック!

ドコモのスマホをお使いの方ならドコモ光

ドコモのスマホを利用している人におすすめなのがドコモ光です。

先ずはドコモ光について簡単に解説していきます。

ahamo」を利用中の方やこれからahamoに変更する人はドコモ光じゃ損!

格安スマホやオンライン専用プランをお使いの方 】を参考にしてね!

月額料金戸建プラン:5,720円
マンションプラン:4,400円
工事費キャンペーン中につき無料
通信速度上り 1Gbps / 下り 1Gbps
使用光ファイバーNTT(光コラボレーション)
契約期間2年的契約
解約金戸建てプラン:14,300円
マンションプラン:8,800円
スマホセット割ドコモ光セット割

ドコモ光は光回線とプロバイダがセットになった光回線ですが、プロバイダを複数の中から選ぶ事が出来ます。

タイプA ドコモnet、ぷらら、GMOとくとくBB、ニフティ、DTI、ビッグローブ、andline、Tigers-net.com、エディオンネット、excite、hi-ho、ic-net、SIS、SYNAPSE、楽天ブロードバンド、@ネスク、TIKITIKI,、01光コアラ
タイプB OCN、@T-COM、TNC、AsahiNet、WAKEAK、@ちゃんぷるネット

上記の中からプロバイダを選ぶことが出来ますが、タイプにより料金が異なります。

戸建 マンション
タイプA 5,720円/月 4,400円/月
タイプB5,940円/月 4,620円/月
単独タイプ 5,500円/月 4,180円/月

単独タイプは自分でプロバイダを別に契約するタイプですが、特別な理由がない限りプロバイダとセットのほうがお得です。

タイプAとタイプBって何が違うの?

一番の違いは料金、それ以外の違いはAとBというよりもプロバイダごとのサービスの違いだね。

ドコモ光を契約する場合プロバイダの選択が必要になりますが、プロバイダによってキャンペーンの内容やサービス内容が違うため、初めて光回線を利用する方はどのプロバイダを選べばいいのか戸惑ってしまいます。

プロバイダごとのサービス内容はドコモ光公式サイト内の【ドコモ光 対応プロバイダ一覧】で確認することが出来ます。

自分の希望するサービスが当てはまるプロバイダをタイプAの中から選ぶのがおすすめとなります。

なんでドコモのスマホユーザーはドコモ光が良いの?

ドコモのスマホはドコモ光とセットにすることで、ドコモのスマホが安く利用できるようになるからだよ!

では、なぜドコモのスマホを利用している人はドコモ光がおすすめなのでしょうか?

その理由はドコモのスマホとドコモ光をセットにすることで、スマホの料金が1台につき毎月最大1,000円割引になるドコモ光セット割が使えることです。

ドコモ光の割引額はプランにより次のように変わります。

料金プランドコモ光定額プランドコモ光ミニ
5Gギガホプレミアー1,100円ー550円
5Gギガー1,100円ー550円
ギガホプレミアー1,100円ー550円
ギガホー1,100円ー550円
5Gギガライト/ギガライト(~7GB)ー1,100円ー550円
5Gギガライト/ ギガライト(~5GB)ー1,100円ー550円
5Gギガライト/ ギガライト(~3GB)-550円ー220円
5Gギガライト/ ギガライト(~1GB)割引無割引無

割引の対象はドコモのファミリー割引が対象になるスマホで、同居の家族はもちろん離れて暮らす家族も割引の対象になります。

ドコモ光はインターネットを利用した分で月額料金が変わるドコモ光ミニが利用できるよ!
ただしドコモ光ミニはスマホの割引額も少ないから注意してね!

ドコモ光はどこで契約するのがおすすめ?

ドコモ光をネットで検索すると申し込みのサイトがたくさん出てきます。

では一体ドコモ光はどこから申し込むのがおすすめなのでしょうか?

やっぱり公式サイトからの申し込みが良いんじゃないの?

ドコモ光の公式サイトから申し込むのも良いけど、ドコモ光の代理店【NNコミュニケーションズ】からの申し込みもキャッシュバックが充実しているよ!

ドコモ光の申し込みは公式サイトからも可能ですが、キャンペーンが充実した【NNコミュニケーションズ】からの申し込みがお得です。

2022年5月のキャンペーンは次のようになっています。

  • 新規・転用・事業者変更で20,000円キャッシュバック
  • 工事費無料
  • dポイント2,000ptプレゼント
  • Wi-Fiルーターレンタル無料

オプション不要な上、転用でも事業者変更でもキャッシュバック20,000円がもらえるのはうれしいキャンペーンです。

20,000円キャッシュバックのキャンペーン中!

NNコミュニケーションズのドコモ光へ

工事費無料キャンペーン中!

ドコモのスマホ=ドコモ光は必ずお得と言う訳じゃない!

ドコモのスマホを使っているならドコモ光で決まりだね!

ちょっと待って!
確かにドコモユーザーにはドコモ光がおすすめだけど例外があるから注意して!

ドコモのスマホユーザーならドコモ光がおすすめと言うのはネットで調べても誰に聞いてもすぐにわかる事ですが例外があります。

その例外とはファミリー割引の対象が自分だけの場合で、スマホのプランが【5Gギガライト/ギガライトの0~3GB】の場合です。

割引があるんだからいいんじゃないの?

ドコモ光は同じ光コラボレーションの中でも月額料金が高めだから、スマホの割引額が少ないとセット割引のメリットが少なくなっちゃうんだよ。

ドコモ光セット割のメリットが無い場合の月額料金を、光回線の中でも低価格なexcite MEC光と比較してみます。(ドコモ光セット割以外の割引は無いものとします)

ドコモ光戸建てexcite MEC光戸建てドコモ光マンションexcite MEC光マンション
スマホの料金4,565円/月4,565円/月4,565円/月4,565円/月
光回線の料金5,720円/月4,950円/月4,400円/月3,850円/月
割引額ー550円/月割引無ー550円/月割引無
合計額9,735円9,515円/月8,415円/月8,415円

ドコモ光の月額料金は戸建てで5,720円です。

割引の対象が5Gギガライトまたはギガライトの3GBまでだとするとドコモ光セット割の割引額は月額550円です。

割引の対象となるスマホが1台の場合、スマホとドコモ光の割引を含めた料金を合計すると月額9,735円となります。

一方光回線を光コラボの中でも低価格なexcite MEC光にすると光回線料金が4,950円ですがスマホの割引はありません。

しかしexcite MEC光とスマホの合計額は月額9,515円となりドコモ光よりも220円毎月安く利用することが出来ます。

スマホのデータの量が3GB以下の場合は、セット割引があってもあんまりお得じゃないってことだね!

そういう事!スマホの割引が少ないなら料金の安い光回線のほうがお得な場合もあるんだよ!
ドコモ光にするなら割引の対象になるスマホの台数とデータ量はしっかりと把握してね。

auのスマホをお使いの方ならスマートバリュー適応の光回線

お使いのスマホがauなら光回線とスマホのセット割引auスマートバリュー】が適用になる光回線がおすすめです。

auスマートバリューってauひかりだけじゃないの?

auひかりだけだと思っている人が多いようだけどauひかり以外にもたくさんあるんだよ!

auスマートバリューが適用になる光回線は次の通りです。

回線名対象エリア月額料金(戸建て)月額料金(集合住宅)
auひかり関西、東海エリア以外の全国5,610円/月4,730円/月
so-net光プラス全国6,138円/月4,928円/月
BIGLOBE光全国5,478円/月4,378円/月
nifty光全国5,720円/月3,980円/月
コミュファ光東海エリア5,775円/月4,048円/月
eo光関西エリア5,448円/月3,876円/月
ピカラ光四国エリア4,620円/月3,608円/月
BBIQ光九州エリア5,500円/月4,510円/月
MEGAEGG光中国エリア4,620円/月3,520円/月
TCOMヒカリ静岡県以外の全国5,610円/月4,180円/月
auひかりちゅら沖縄県5,610円/月4,840円/月

スマートバリューに対応した光回線ってたくさんあるんだね。
でもたくさんあってどれがいいのかわからないな。

基本はauひかり!auひかりが利用出来ない場合(東海地方や関西地方等)はその地域の電力会社が提供する光回線を選ぶのがポイントだね!

スマートバリュー対応の光回線の選び方は光回線を利用したいエリアにより異なります。

下の表はスマートバリューが適用になる光回線を選ぶ優先順位です。

地域優先順序
北海道auひかり → 光コラボ
東北地方auひかり → 光コラボ
関東地方auひかり → 光コラボ
東海地方コミュファ光 → 光コラボ
信越地方auひかり → 光コラボ
北陸地方auひかり → 光コラボ
近畿地方eo光 → 光コラボ
中国地方MEGAEGG → auひかり → 光コラボ
四国地方ピカラ光 → auひかり → 光コラボ
九州地方auひかり → BBIQ → 光コラボ

北海道、東北、関東、信越、北陸地方はauひかりが利用できるのでスマートバリューが適用になる光回線はauひかりとなります。

ただしauひかりは提供可能エリアでも場所によっては利用できない場所があります。

その場合はスマートバリューが適用になる光コラボがおすすめの光回線になります。

東海地方、近畿地方、中国地方、四国地方は?

東海地方と近畿地方はauひかりが利用出来ないからeo光とコミュファ光がおすすめ!
中国地方と四国地方は月額料金が安いMEGAEGGとピカラ光がおすすめだよ!

四国地方限定でサービスを展開しているピカラ光、中国地方限定のMEGAEGGの月額料金がauよりも安くランニングコストも低いため、auひかりよりもおすすめの光回線になります。

九州地方はauひかりとBBIQが利用出来ますが、キャッシュバックやキャンペーンが充実しているためおすすめはauひかり、auひかりが利用出来ない場合はBBIQとなります。

下の表はauスマートバリューが適用になる電力会社系の光回線です。

auひかり コミュファ光 eo光ピカラ光MEGAEGG光 BBIQ光
月額料金(戸建て)1年目 5,610円/月
2年目 5,500円/月
3年目以降 5,390円/月
1〜12カ月目 3,980円
13カ月目以降 5,215円
1〜12カ月目 3,248円
13カ月目以降 5,448円
1~2年目 4,950円/月
3~4年目 4,840円/月
5~6年目 4,730円/月
7年目以降 4,620円/月
4620円/月1〜12カ月目 4,400円/月
13カ月目以降 5,500円/月
月額料金(マンション) 4,180円/月1〜12カ月目 3,380円/月
13カ月目以降 4,000円/月
1〜24カ月目 3,876円/月
25カ月目以降 3,876円/月
1~4年目 3,740円/月
5年目以降 3,608円/月
3,520円/月1〜12カ月目 3,300円/月
13カ月目以降 4,400円/月
工事費実質無料無料実質無料無料実質無料2,200円
通信速度1Gbps1Gbps 1Gbps 1Gbps 1Gbps 1Gbps
使用光ファイバー自社回線自社回線 自社回線 自社回線 自社回線 自社回線
契約期間3年間2年間2年以上2年以上3年間3年間
解約金16,500円29,700円最大13,200円最大38,500円戸建て 11,000円
マンション 3300円
最大27,500円
キャッシュバック最大66,000円最大40,000円10,000円の商品券最大25,000円最大29,000円最大30,000円

auひかりや電力会社系の光回線が利用出来る地域は、auひかりや電力会社系の光回線のほうが光コラボレーションよりもコストが安くおすすめです。

料金以外にメリットはあるの?

上の「速度で選ぶ」の項でも解説したけど、電力会社系の光回線は通信速度が1Gbpsでも光コラボよりも高速!
ネット上でも通信速度の満足感は光コラボよりも高いね。

最大66,000円貰えるキャンペーン開催中!

NNコミュニケーションズのauひかりへ

キャッシュバックの受け取り忘れがありません。

auスマートバリューが適用になる光コラボならビッグローブ光がおすすめ

auのスマホユーザーでauひかりもその他の電力会社系の光回線を利用出来ない場合は、月額料金の安いビッグローブ光がauスマートバリューが適用になるのでおすすめの光回線になります。

ビッグローブ光は月額料金がauスマートバリューが適用になる光コラボレーションの中でも低価格な上、キャッシュバックなどのキャンペーンも充実しています。

月額料金戸建プラン 5,478円
マンションプラン 4,378円
工事費キャンペーン中につき無料
通信速度上り 1Gbps / 下り 1Gbps
使用光ファイバーNTT(光コラボレーション)
契約期間2年的契約
解約金11,900円
キャッシュバック40,000円
スマホセット割auスマートバリュー、UQモバイル自宅セット割、donedoneネットスマホ割、BIGLOBEモバイル

ビッグローブ光はauスマートバリューの他にUQモバイル・donedone・ビッグローブモバイルのセット割引に対応しています。

新規・事業者変更・転用で40,000円!

ビッグローブ光の公式へ

工事費実質無料キャンペーン中!

UQモバイルユーザーもおすすめの光回線はauと同じ

auのサブブランドUQモバイルを利用中の方も割引額は若干変わりますが、「自宅セット割」が適用になります。

UQモバイルの自宅セット割は次の通りです。

くりこしプランS+くりこしプランM+くりこしプランL+
割引額638円/月638円/月858円/月
割引後の月額料金990円/月2,090円/月2,970円/月

割引額はスマートバリューほどではありませんが、もともと月額料金が安いUQモバイルがさらにお得に利用出来ます。

自宅セット割が適用になるのはスマートバリューと同じ光回線の為、UQモバイルユーザーが光回線を選ぶ際も上記のauスマートバリュー適用の光回線の選び方と同様です。

自宅セット割の適用条件はスマートバリューと同様で対象の光回線と光電話のオプション加入が条件となっています。

スマートバリューが適用になる光回線はどこで契約するのがおすすめ?

auひかりもそうだけどピカラ光やMEGAEGGってネットで検索するとたくさん出てくるけど、どこで申し込むのがおすすめなの?

それならここからは、現役回線営業担当がおすすめするスマートバリューが適用になる光回線の申し込みサイトを紹介していくね。

光回線の申し込みをネットで行う場合、たくさんサイトがあってどこから申し込むのがお得なのか分かりずらくなっています。

そこで現役回線営業担当がおすすめするauスマートバリューが適用になる光回線お申込みサイトを紹介していきます。

auスマホユーザーにおすすめの光回線一覧
光回線対応エリアキャッシュバック額おすすめの申し込みサイト
auひかり全国
※一部地域対応外
最大66,000円NNコミュニケーションズ
コミュファ光東海地方+長野県最大40,000円NNコミュニケーションズ
ピカラ光四国地方最大25,000円NEXT
eo光関西地方10,000円の商品券公式サイト
MEGAEGG中国地方最大29,000円NEXT
BBIQ 九州地方最大30,000円NEXT
Biglobe光 全国 最大33,000円NNコミュニケーションズ

eo光以外は販売代理店からの申し込みのほうがキャッシュバックなどのキャンペーンが充実しています。

ソフトバンクのスマホをお使いの方ならNURO光

ドコモのスマホならドコモ光、auならauひかりときたらソフトバンクならソフトバンク光でしょ?

そう思うよね!でも残念!
ソフトバンクのスマホの利用者ならNURO光が一番のおすすめ!
安くて速くてソフトバンクのスマホが安くなる一押しの光回線だよ。

NURO光はソフトバンクのスマホが安くなるおうち割光セットが適用になります。

おうち割光セットは、ソフトバンクのスマホ利用者がソフトバンク光またはNURO光とセットにすることでスマホの料金が毎月1,100円割引になるサービスです。

NURO光+光電話ソフトバンク光+光電話
戸建て5,750円6,270円
マンション2,640円~3,300円4,730円
工事費実質無料実質無料
通信速度上り1Gbps / 下り2Gbps上り1Gbps / 下り1Gbps
使用光ファイバーNTT(ダークファイバー)NTT(光コラボレーション)
契約期間3年間2年間
解約金10,450円10,450円
スマホセット割ソフトバンクおうち割光セット ソフトバンクおうち割光セット
キャッシュバック45,000円最大37,000円

おうち割ひかりセットの適用には光電話の契約が必須なので、上記の金額は光電話を含めた料金です。

また割引額はNURO光でもソフトバンク光でも同額なので、月額料金が安い分だけNURO光のほうがお得になります。

通信速度もソフトバンク光が上り下り1Gbpsなのに対しNURO光は2Gbpsと高速な点もNURO光をおすすめする理由の一つです。

ゲームをする人にもNURO光はおすすめ!

特別サイト限定!45,000円キャッシュバック

NURO光の公式サイトへ

キャンペーン中につきv6プラス対応無線LANルーターが契約期間中永年無料でレンタル可能!

確かにこれならNURO光の方がお得だね!

そうだよね!但し、NURO光は全国で利用できるわけじゃないのが残念な点だね。

上記のようにNURO光が利用できるエリアの人でソフトバンクのスマホユーザーならば、NURO光がおすすめの光回線になります。

しかし残念なことにNURO光は全国で利用できるわけではありません。

NURO光が使えないならソフトバンク光が良いのそれとも月額料金の安い光回線?

ソフトバンクの場合おうち割光セットの割引は1,100円なので、NURO光が利用出来なければソフトバンク光がおすすめだよ。

新規37,000円、転用・事業者変更15,000円のキャッシュバックが貰える!

エヌズカンパニーのソフトバンク光へ

開通後のキャッシュバック受け取り率100%!

ソフトバンクのおうち割光セットの現在新規で申し込めるプランはすべて1,100円の割引なので、月額料金の安い光コラボにするよりもソフトバンク光とソフトバンクのスマホのセットのほうがお得になります。

ソフトバンクのサブブランド【Y!mobile】の方のNURO光の利用は、おうち割光セットの対象外となりますので、ワイモバイルユーザーはソフトバンク光がおすすめの光回線になります。

スマホがソフトバンクならNURO光がおすすめ。
NURO光のエリア外ならソフトバンクのおうち割光セットがおすすめ!

格安スマホやオンライン専用プランをお使いの方

格安スマホやahamo、povo、LINEMOの場合はどうしたらいいの?

最近増えているオンライン専用プランだね!
選び方が少し変わるから参考にして!

お使いのスマホがドコモ、au、ソフトバンクの場合のおすすめの光回線については解説してきましたが、ここからはドコモ、au、ソフトバンク以外の格安スマホの場合におすすめの光回線を紹介していきます。

格安スマホやオンライン専用プランを利用中の方なら光回線は月額料金で選ぶのがおすすめ!
月額料金で選ぶ際は工事費がポイントになるよ!

格安スマホやオンライン専用プランは一部のスマホを除き光回線とセットでの割引はありません。

その場合の光回線の選び方は現在のインターネットの環境により異なります。

現在のインターネットの環境ってどういう事?

今インターネットを使っているかという事。
初めて光回線を利用するのか、既に光回線を使っているのかだね。

フレッツ光もしくは光コラボレーションをすでに使っているならenひかり

現在フレッツ光や光コラボレーションを利用中の方におすすめなのがenひかりです。

enひかりの詳細は次の通りです。

月額料金戸建プラン 4,620円
マンションプラン 3,520円
工事費2,200円~16,500円
通信速度上り 1Gbps / 下り 1Gbps
使用光ファイバーNTT(光コラボレーション)
契約期間契約期間無し
スマホセット割ahamo、UQモバイルの利用者はenひかりの月額料金が毎月110円割引(勝手に割り)

enひかりは光コラボレーションの中では最安の光回線です。

契約期間もないためいつ解約しても違約金を心配する必要が無いのも安い月額料金と合わせて大きなメリットです。

それなら格安スマホの人はみんなenひかりがお得なんじゃない?

ところがenひかりにもデメリットがあるんだ!
どんなデメリットか解説していくね!

月額料金を見るとenひかりの戸建て4,620円、マンション3,520円の月額料金は最安で魅力的な光回線です。

ただしenひかりにはデメリットが2つあります。

1つ目は通信速度に影響する接続方法が、enひかりの標準がIPv4接続な点です。

利用する時間帯や地域によってはネットの速度が著しく低下してしまう場合があります。

IPv6は使えないってこと?

使えないことは無いけどオプションだから料金が追加になっちゃうんだ。

IPv6接続も可能ですが、その場合月額198円のオプション料金が必要になります。

戸建の場合だと月額料金と合わせて4,818円となってしまいますので割安感が少なくなってしまいます。

それでも月額料金4,818円は光コラボ最安だからデメリットと言うほどじゃないけどね!

enひかりの一番のデメリットは工事費が有料な点です。

光回線を新規で契約する方や現在auひかりやNURO光等NTTの光ファイバーを利用した光回線の場合、enひかりを利用するためには工事が必要です。

その為工事費として最大16,500円がかかってしまいます。

これでは月額料金の安いenひかりのメリットは少なくなってしまいます。

そこでenひかりをおすすめできるのが、現在フレッツ光や光コラボレーションを利用しているユーザーです。

現在フレッツ光をご利用中の方がenひかりに乗り換える場合は転用、すでに他の光コラボレーションを利用中の方は事業者変更でenひかりを契約することで工事費は不要なので事務手数のみでenひかりに乗り換えすることが出来ます。

月額料金が安くインターネットが利用可能!

enひかりの公式サイトへ

契約期間の縛りもなくいつでも解約可能です。

次に紹介するexcite MEC光は現在月額料金割引のキャンペーンをおこなっています。
キャンペーン期間中であればexcite MEC光もおすすめの光回線です。

新規契約ならexcite MEC光

enひかりがおすすめの方は、格安スマホをお使いの方で現在フレッツ光もしくは光コラボを利用している人でしたが、初めて光回線を契約する人または現在フレッツ光もしくは光コラボレーションを利用していない人におすすめなのがexcite MEC光です。

excite MEC光の基本情報は次の通りです。

月額料金戸建プラン 4,950円
マンションプラン 3,850円
工事費キャンペーン期間中につき無料
通信速度上り 1Gbps / 下り 1Gbps
使用光ファイバーNTT(光コラボレーション)
契約期間契約期間無し
スマホセット割

excite MEC光は光コラボレーションの中でenひかりの次に低価格な光回線です。

また低価格な月額料金の他に次のようなメリットがあります。

  • 契約期間が無いので違約金の心配がない
  • 標準でIPv6接続に対応
  • 安いのにキャンペーンがある
  • 工事費が無料

光回線を初めて利用する人や現在auひかりを含めた電力会社系の光回線、NURO光、ADSL、モバイルルーターを使ってインターネットを利用している場合、料金の安い光コラボレーションに乗り換えるためには光ファイバーの引き込み工事が必要です。

工事費は光回線によって異なりますが、20,000円前後費用が掛かります。

しかしexcite MEC光は工事費が現在キャンペーン期間中につき無料となっています。

その為新規契約する人工事が必要な場合でも余計な出費をする必要がありません。

また月額料金が安い上にキャンペーンも行っているのでただでさえ安い光回線をさらにお得に利用することが出来ます。

2022年5月時点でのexcite MEC光のキャンペーン

キャンペーン内容
契約事務手数料無料通常1,100円 → 0円
標準工事費通常16,500円 → 0円
月額料金割引(新規契約)【戸建】
1年目:4,428円月522円割引×12カ月)
2年目以降:4,950円
【マンション】
1年目:3,355円月495円割引×12カ月)
2年目以降:3,850円

工事費が無料なのと月額料金が割引になるのは、格安の光回線なのにすごくお得なキャンペーンだね!

キャンペーン期間中に新規契約ならenひかりよりもお得だよ!

キャンペーン中のため事務手数料・工事費が0円!月額料金も安い!

exciteMEC光の公式サイトへ

契約期間の縛りもなくいつでも解約可能です。

難しい事は分からない!とにかく安くネットが使いたい人は?

いろいろ教えてもらったけど、なんだか難しいからスマホのセットもキャンペーンもいらないからとにかく安い光回線を知りたいな!

確かに少し難しかったかもしれないね!

そんな人にはGMOとくとくBB光がシンプルでおすすめ!

ここまでスマホのセットやキャンペーンなどを考慮した光回線の選び方を解説してきましたが、中にはスマホとセットじゃなくてもいいという方や「面倒だからとにかく安くてシンプルな光回線がいい」と言う方もいると思います。

そのような方におすすめするのが【GMO光アクセス(GMOとくとくBB光)】です。

GMO光アクセスの詳細は次の通りです。

月額料金戸建プラン 4,928円
マンションプラン 3,883円
工事費キャンペーン期間中につき無料
通信速度上り 1Gbps / 下り 1Gbps (IPv6対応)
使用光ファイバーNTT(光コラボレーション)
契約期間2年自動更新
違約金11,000円
スマホセット割

確かに安いけどルーターとか自分で用意しないといけないんでしょ?

GMO光アクセスはWi-Fi無線LANルーターのレンタルが無料!

自分で用意する必要はないから手間なし!

GMO光アクセスは当サイトからの申し込み限定月額料金が利用期間中永年割引になります。

割引後の月額料金は次の通りです。

月額料金戸建プラン 4,928円 → 4,818円
マンションプラン 3,883円 → 3,773円
違約金11,000円 → 0円

GMO光アクセスを使っている間は金額は変わらないってこと?

そのとおり!
1年後に金額が上がったりすることは無いから安心。

しかも、それだけじゃなくて違約金も免除になるんだよ!

また契約期間についても2年間の自動更新になりますが、通常契約期間中に解約をした場合にかかる違約金11,000円が不要となりますので、いつ解約しても違約金がかかることはありません。

月額料金割引・違約金無は当サイト限定のキャンペーン!
このページから申し込めば特別な手続きなしでキャンペーンが適用になるよ!

当サイト限定!工事費実質無料、解約違約金0円!

GMO光アクセスの公式サイトへ

キャンペーンは面倒な手続き不要!

GMO光アクセスの注意点を事前に知っておきたいという方は「【完全解説】GMO光アクセスの契約前に知っておきたいこと~申込から開通まで~」をご覧ください。

光電話が必要な人で、新規契約ならexcite MEC光フレッツや他の光コラボからの乗り換えならenひかりがおすすめ!

まとめ

光回線の選び方は利用中のスマホとセットにするのが今や常識です。

しかし、オンライン専用プランが始まり光回線とスマホのセットが適用にならないケースが増えてきました。

ネットで光回線の選び方を調べるとどうしてもスマホとセットがお得という事になってしまいますが、場合によっては逆に損をしてしまう場合もあります。

光回線選びで失敗しないためには次のポイントが重要です。

  1. キャッシュバックだけで光回線を選ばない事
  2. 基本的には光回線とスマホのセットがお得ですが全てじゃない
  3. 割引の対象になるスマホの数とプランをしっかり把握する事
  4. 月額料金の他に工事費などの初期費用も含めて検討する事

以上4つのポイントを押さえて光回線を検討することで、光回線選びで失敗するリスクを避けることが出来ます。

タイトルとURLをコピーしました