【2022年版】ポケット型Wi-Fiの無制限のおすすめはどれ?~制限なし完全無制限はある?~

制限なしの無制限のポケット型Wi-Fiを利用したいという人多いですよね。

通信量を気にせず大容量使いたい、テレワークのオンライン会議や学校・塾等のオンライン授業、通信量の制限なしであれば、利用の幅も広がってきます。

無制限のポケット型Wi-Fiをできれば安く使いたいな。

そうだね。でも、注意点も多いから必ず確認していってね。

実は、ポケット型Wi-Fiを無制限として販売してトラブルになった事例も多くあるため、契約の際は慎重に行ってください。

消費税の総額表示の義務付けにより、価格は全て税込での表記になっております。

2022年7月1日より、電気通信法改正(2022年7月1日)により契約解除料(解約違約金)の上限がサービスの月額料金となりました。

そのため、各社契約解除料が安くなったため、契約解除料を気にせず解約しやすくなりました

本記事を読んでわかること
  • 無制限のポケット型Wi-Fiの注意点
  • 申し込みはどこからしたら良いのか
  • そもそも無制限はある?完全無制限はない
  • WiMAXは3日で15GBの制限が撤廃

ポケット型Wi-Fiの無制限について

無制限と記載されているポケット型Wi-Fiで完全無制限に利用できるポケット型Wi-Fiはありません

口コミ見てても、無制限に使えるとかあるけど違うの?

そうだね。完全無制限ではないから注意してね。

どのポケット型Wi-Fiサービスも無制限と記載していても、注記にて「一定期間大容量通信を行ったら制限する場合がある」「直近3日間で大容量通信を行った場合は制限する場合がある」というような記載があります。

現在無制限と言われているポケット型Wi-Fiの制限内容を見ていきます。

サイト上の表記通信制限内容
WiMAX月間無制限一定期間に大容量通信を行った場合に制限をかける場合がある
楽天モバイル無制限公平なサービス提供のため速度制御の場合あり
docomo無制限ネットワーク混雑時・大量通信時などに通信制限がかかる場合がある
クラウドSIM※1月100GB制限記載の通信量に達すると速度制限

※1 クラウドSIMを利用したポケット型Wi-Fiは「Mugen WiFi」「AiR-WiFi」「ZEUS WiFi」「THE WiFi」等です。

クラウドSIMを除いた3社(WiMAX、楽天モバイル、docomo)では、基本的に無制限ですが、通信制限をかける場合もあるという記載はされています。

そのため、急に速度制限になる可能性があるというのが現状です。

WiMAXは3日で15GB制限じゃなかったの?

3日で15GBの制限は撤廃されたよ。

WiMAXの5Gプランは2022年1月迄は3日で15GBの速度制限が設けられていましたが、2022年2月より制限が緩和され一定期間大容量通信を行った場合のみ速度制限という制限に変更になりました。

無制限と記載されても使い過ぎると速度制限がかかる場合がありますので注意してください。

無制限のポケット型Wi-Fiは本当に必要なの?

無制限にポケット型Wi-Fiを使いたいという人も多いと思いますが、実はそこまで通信量は必要ないと感じている人もいるのではないでしょうか。

ポケット型Wi-Fi利用者200人に対して、1カ月どれくらい通信量を使うかというアンケートを取りました。

ポケット型Wi-Fiの通信量のアンケート結果
  • 1GB以下:2人
  • 1GB~5GB:41人
  • 5GB~20GB:76人
  • 20GB~50GB:43人
  • 50GB~100GB:20人
  • 100GB以上:6人
  • 不明:12人

※アンケート総数200人 調査場所:ランサーズ 調査年月:2021年3月

この結果からわかる通り、月100GB以上利用するのは200人中6人(不明は除外)です。

一部の人は無制限のポケット型Wi-Fiが必要かもしれませんが、このアンケート結果から言えば大多数の人は月100GB以内、もしくは50GB以下でも十分という人が多いです。

たしかに通信量を気にせずWi-Fiを使いたいという人も居ると思いますが、大容量になればなるほど料金は高くなるため、少しでも安くするのであれば、自分に合った通信量のポケット型Wi-Fiを選ぶ事です。

大容量のポケットWi-Fi以外も一緒に比較したいという方は「【2022年版】ポケット型Wi-Fi・モバイルルーターのおすすめを比較!」をご覧ください。

無制限のポケット型Wi-Fiを選ぶ際の5つの注意点

無制限のWi-Fiを選ぶうえで注意する点を記載します。

契約した後に、後悔しないためにも、必ず事前に確認してください。

無制限のポケット型Wi-Fiを選ぶ際の注意点
  1. クラウドSIM系のサービスはSoftBankの回線が多い
  2. 無制限と思わずに利用する事
  3. 初期契約解除も頭の片隅に
  4. 通信速度は最大速度よりも実際の速度を参考に
  5. 契約期間・契約解除料は必ずチェック

クラウドSIM系のサービスはSoftBankの回線が多い

クラウドSIMは3キャリア(docomo、au、SoftBank)の回線が利用出来て広い範囲でポケット型Wi-Fiが使えるというのが特徴です。

しかし、実際に使ってみると、多くのクラウドSIMのポケット型Wi-FiはSoftBankの回線に接続しやすいです。

au、docomoには繋がらないって事?

これはサービスによって違うんだけど、SoftBankの回線を利用している所が多いという事だよ。

auやdocomoの回線も利用できると期待してクラウドSIM系のサービスを申し込むと、失敗する可能性があるため気をつけてください。

無制限と思わずに利用する事

表記上は無制限・月間無制限という記載のポケット型Wi-Fiもよく見かけると思います。

しかし、一定期間に大容量通信を行ったら速度制限短期間に大容量通信を行ったら速度制限と、制限がかかるかもという記載はどのサービスも記載されています。

口コミを調べて、今は無制限に使えるみたいという事でも、今後は制限がかかる場合もあります。

過去にあった事ですが、「クラウドSIMのポケット型Wi-Fi」を無制限として販売しており、最初は無制限に使えましたが、ユーザーが増えすぎたため、回線が圧迫され多くの利用者が通信制限になりました。

このように今は大丈夫でも、今後は制限が急にかかる可能性もあるため、無制限と思って利用するのはおすすめできません。

初期契約解除も頭の片隅に

ポケット型Wi-Fiは初期契約解除が適用になるサービスが多いです。
※レンタル及び一部のサービスは適用対象外のため事前に確認してください

初期契約解除って何?

一言でいうと解約金なしで解約ができるよ。

初期契約解除は、契約書の書面を受領した日から8日以内に、初期契約解除の旨を伝えると、契約解除料なしで解約する事が可能です。

初期契約解除について詳しくは、お使いのポケット型Wi-Fiのサポート及び総務省の「電気通信事業法の消費者保護ルール に関するガイドライン」をご確認ください。

通信速度は最大速度よりも実際の速度を参考に

ポケット型Wi-Fiを選ぶ時に、最大速度を比較して検討する人も多いと思いますが、最大速度は実際に出る速度とはかけ離れてる場合が多いです。

実際の速度と最大速度を比較すると一目瞭然です。

最大速度実際の平均速度
WiMAX
(Speed Wi-Fi 5G X11)
下り:2.7Gbps、上り183Mbps下り:45Mbps、上り:9Mbps
docomo
(Wi-Fi STATION SH-52A)
下り:4.1Gbps、上り480Mbps下り:103Mbps、上り:16Mbps
楽天モバイル
(Rakuten WiFi Pocket)
下り:150Mbps、上り50Mbps下り:21Mbps、上り:15Mbps
クラウドSIM
(Mugen WiFi)
下り:150Mbps、上り50Mbps下り:10Mbps、上り:6Mbps

※カッコ内は、ルーター名です。
※実際の速度は「みんなのネット回線速度」の2022年2月20日時点の情報を参考にしています。

上記の通り、WiMAXであれば、最大速度は下り2.7Gbpsと期待をしてしまうのですが、実際の平均速度は45Mbpsです。

他のポケット型Wi-Fiも同じように最大速度と実際の平均速度は大きくかけ離れています

ポケット型Wi-Fiの利用を考えている方は、最大速度はあくまでも参考程度に考えた方が良いです。

契約期間・契約解除料は必ずチェック

2022年6月30日までにWi-Fiを契約した方は契約期間に注意をした方が良かったのですが、2022年7月1日よりはそこまで契約期間を気にしないで大丈夫です。

契約期間って重要でしょ?解約金だって高いんだから!

実は2022年7月1日からは、契約解除料は月額料金の1カ月分が最大っていう事になったんだよ!

参考:電気通信事業法における消費者保護ルール|総務省

そのため、長期契約で途中解約をしても、3,000円から4,000円程度の契約解除料です。

端末の残債は、支払う必要があります。

無制限のポケット型Wi-Fiの選び方

実際にどのようにして無制限級のポケット型Wi-Fiを選んだら良いのでしょうか。

最初にも説明した通り、無制限と言われているポケット型Wi-Fiは4種類あります。

無制限級のポケット型Wi-Fi
  • WiMAX
  • docomoのポケット型Wi-Fi
  • 楽天モバイルのポケット型Wi-Fi
  • クラウドSIMのポケット型Wi-Fi

これら4種類のポケット型Wi-Fiから自分はどれが合っているのか見つける事が重要です。

WiMAXについて

WiMAXの特徴としては、

  • 月間無制限(一定期間に大容量通信を行った場合制限あり)
  • 5G対応
  • WiMAXとauの電波が利用可能

となっており、ポケット型Wi-Fiの中でも人気のサービスとなっております。

独自にアンケートを取った結果からも、WiMAXの利用者は半数以上となっており、根強い人気があります。

注意点としては、建物内で電波が弱い場合があるという事です。

SoftBankもしくはdocomoの回線を利用しているポケット型Wi-Fiと比較すると、室内での電波の入りが少し悪いという事がありました。

WiMAXの速度制限について

WiMAXは2022年2月1日に3日で15GBの制限が緩和され、実質無制限に利用できるようになりました。
※一定期間に大容量通信を行った場合、混雑時間帯に制限をかける場合があります。

docomoのポケット型Wi-Fiについて

docomoのポケット型Wi-Fiの特徴は、

  • 5G及びPREMIUM4G、4Gに対応
  • 無制限(5Gギガホプレミアを選んだ場合)

となっており、ポケット型Wi-Fiの中でも、広いエリアで高品質の回線が利用可能です。

docomoの場合は5Gが入らない4GのエリアでもPREMIUM4Gが利用可能であれば、100Mbps以上の高速通信も期待できます。

但し、残念な点として、ドコモのポケット型Wi-Fiは端末代が3万円~7万円と高額なうえに、5Gの使い放題プラン(5Gギガホプレミア)は月額7,000円以上します。

docomoのポケット型Wi-Fiへ

楽天モバイルのポケット型Wi-Fiについて

楽天モバイルの特徴としては、

  • 端末代が実質無料※1
  • 楽天回線なら無制限に利用可能※2
  • 段階制プラン

※1 端末代は4,401円必要ですが、同額がポイント還元されるため実質無料と表記しています。
※2 公平なサービス提供のため速度制御の場合あり

となっており、格安でポケット型Wi-Fiを持つことが可能です。

料金も月3GB迄は1,078円、月3~20GBは2,178円、月20GB以上は3,278円と全体的に安い料金設定です。

注意点としては、今のところ楽天モバイルでは5Gに対応した端末の取り扱いがないため、4G回線でのみの接続になります。

楽天モバイルのポケット型Wi-Fiへ

クラウドSIMのポケット型Wi-Fiについて

クラウドSIMのポケット型Wi-Fiは月100GBのサービスが多いです。

クラウドSIMのポケット型Wi-Fiの特徴
  • 月額料金が安い
  • 3キャリア(docomo、au、SoftBank)の回線が利用可能
  • 決められた通信量迄使い放題

料金が格安に利用できるのが一番の特徴です。

例えば、AiR-WiFiというポケット型Wi-Fiサービスでは、月100GBが月額3,278円にて利用できます。

しかも、端末はレンタルのため、端末代も0円となっており、格安で使う事が可能です。

クラウドSIM安くて良いね!

そうだね!でも注意点も有るよ。

クラウドSIMのポケット型Wi-Fiは料金が格安で使える反面、5G回線の利用は今のところ出来ません

今後可能になる可能性は十分ありますが、2022年7月時点で販売されているクラウドSIMのポケット型Wi-Fiサービスでは取り扱いがありません。

そのため、5G対応のWiMAX・docomoのポケット型Wi-Fiと比較すると、速度が少し遅く感じてしまいます。
※動画視聴程度、オンライン会議程度であれば、クラウドSIMのポケット型Wi-Fiでも問題ないです。

無制限のポケット型Wi-Fiのおすすめ

ポケット型Wi-Fiは利用者によっておすすめが変わってくるため、「無制限のポケット型Wi-Fiの選び方」を参考にどれが自分にピッタリ合うかを確認して下さい。

気になるサービスをチェック

WiMAX

WiMAXは根強い人気を誇っています。

2021年からWiMAXは5Gに対応したプランの販売を開始して、2022年2月には3日で15GBの制限も撤廃しました。
※ギガ放題プランの3日で10GBはそのままです。

WiMAXは「5G対応」「端末代無料※1」「無制限※2」となっており、ポケット型Wi-Fiでどれを選んだら良いのかと悩んだらWiMAXを使うという人も多いです。

※1 契約先によっては端末代有料の場合もあります。
※2 一定期間に大容量通信を行うと制限がかかる場合があります。

さらに、WiMAXは取り扱いプロバイダが多く、価格競争により安く使えます

WiMAXの中で総費用が一番安い「GMOとくとくBB WiMAX」

「GMOとくとくBB WiMAX」はWiMAXの5Gプランを2年以上利用した場合に、総コストが一番安いです。
※総コストは「月額料金×利用月数+機種代金-キャッシュバック-契約解除料」の合計額です。

そのため、長期でWiMAXを使いたいという人におすすめです。

GMOとくとくBBの特徴としては、

  • 月額料金が安い(月額1,474円~)
  • キャッシュバック23,000円(乗り換えは最大49,000円)
  • 機種代金0円

となっており、WiMAXを少しでも安く使いたいのであれば、GMOとくとくBBがベストな選択です。

但し、契約期間は2年間となっているため、短期利用予定の方は次に紹介する「5G Connect」等の方が安く済む可能性があります。

月額料金初月1,474円
1~2カ月目:1,474円
3カ月目以降:3,784円
最大速度下り2.7Gbps/上り183Mbps
通信制限月間無制限
※一定期間で大容量通信を行った場合制限がかかる可能性有
契約期間2年間
契約解除料1,100円
※25カ月目以降は0円
キャッシュバック23,000円
※乗り換えは最大49,000円

モバイルルーター以外にも、ホームルーターの販売も行っております。

5G対応のWiMAXがコスパ最強にて利用可能!

GMOとくとくBB WiMAXの公式サイトへ

14,000円のキャッシュバックが貰える

契約期間縛りなしで5GのWiMAXが使える「5G Connect」

5G ConnectはWiMAXの5Gプランレンタルが可能のサービスです。

契約期間の縛りがない(最低利用期間3カ月)WiMAXのレンタルサービスとなっているため、長期間使うか不明という方、半年・一年で解約するかもという方等におすすめです。

WiMAXの5Gのレンタルって高そうだけど。

月額4,950円で利用できるよ!

GMOとくとくBBと比較してしまうと高く感じてしまいますが、WiMAXの5Gを長期契約せずに月額4,950円で利用できるというのは高評価のポイントです。

5G Connect(5Gコネクト)の場合、WiMAXが不要になった場合でも解約してしまえば問題ないです。

他の長期契約のWiMAXを利用すると、更新月以外で解約した場合は違約金が発生しますので注意してください。

月額料金4,950円
通信制限月間無制限
※但し、一定期間に大容量通信を行った場合、制限がかかる場合があります。
最大速度下り:2.7Gbps、上り:183Mbps
契約期間なし(最低利用期間3カ月)

WiMAXのレンタルを探している人におすすめです。

30日間お試しモニター有

5G Connectの公式サイトへ

WiMAXのレンタルが月額4,950円にて可能!

楽天モバイル

楽天モバイルは、「本体代1円※1」の「無制限※2」となっており、格安で大容量のポケット型Wi-Fiを利用したいという人におすすめです。

※1 Rakuten WiFi Pocket 2B/2Cを契約した場合。
※2 公平なサービス提供のため速度制御の場合あり

月額料金はどうなっているの?

従量制プランで、使ったデータ量によって変わってくるよ。

楽天モバイルの料金プラン
  • 月1GB迄:0円
  • 月1~3GB:1,078円
  • 月3~20GB:2,178円
  • 月20GB以上:3,278円

楽天モバイルは月20GB以上はどれだけ使っても月額3,278円にて利用できます。

Rakuten WiFi Pocket 2Bを契約した場合、必要な費用は「本体代の1円月額料金」となっており、事務手数料は0円です。

他のポケット型Wi-Fiは事務手数料3,300円かかる中で楽天モバイルは初期費用も安く抑えれることができます。

月額料金0~1GB:無料
1~3GB:1,078円
3~20GB:2,178円
20GB以上:3,278円
※利用した通信量によって料金は決まります。
※2回線目以降は3GBまで1,078円です。
最大速度下り150Mbps/上り50Mbps
※Rakuten WiFi Pocket 2Bの場合
通信制限楽天回線:無制限(1日10GB有)
パートナー回線:月5GB
契約期間なし
端末代1円

楽天モバイルではポケット型Wi-Fiが4機種販売されていますが、1円で購入できるのは「Rakuten WiFi Pocket 2B/2C」という端末のみですので気をつけてください。
※Rakuten WiFi Pocket 2Bは5月1日時点で在庫切れとなっているため、1円購入希望の方はRakuten WiFi Pocket 2Cの端末をお選びください。

モバイルルーターが1円!事務手数料0円

楽天モバイルの公式サイトへ

楽天モバイルではお得なキャンペーン開催中

クラウドSIMのポケット型Wi-Fi

クラウドSIMのポケット型Wi-Fiは「料金が安く」「3キャリアの回線が利用可能」です。

但し、無制限利用できるWi-Fiの販売はされていないため、

  • 月20GB
  • 月30GB
  • 月50GB
  • 月100GB

といったように、自分にあった通信量のサービスを探す必要があります。

クラウドSIMは完全無制限があるって聞いたけど。

以前はたしかに完全無制限で利用できるのもあったけど・・・

通信障害など様々な理由により、クラウドSIMのポケット型Wi-Fiも通信量の制限が設けられています

月100GBが最安値級「AiR-WiFi」

無制限ではありませんが、月100GB迄使い放題の「AiR-WiFi」です。

AiR-WiFiは月100GBのポケット型Wi-Fiの中で最安値級の料金設定となっており、注目を集めています。

AiR-WiFiの料金プラン
  • 月額料金:3,278円(端末U2sを選んだ場合)
  • 端末代:レンタルのため0円
  • 縛りなしオプション:330円

月額料金は3,278円の1年契約です。

契約期間の縛りが気になる方は、「縛りなしオプション(月額330円)」をつける事で、契約期間の縛りなしにて利用可能です。

さらに、AiR-WiFiでは30日間お試しモニターがあるため、契約後30日以内であれば、解約金不要にて解約が可能で、初月料金+契約事務手数料は返金されます。
※返却手数料1,100円、クリーニング費用2,200円が別途必要です。

ポケット型Wi-Fi使ってみたいけど、電波が悪かったり、速度が遅かったらどうしようという人にピッタリの「30日間お試しモニター」となっております。

月額料金1年契約(U2s):3,278円
契約期間なし(U2s):3,608円(オプション料330円含む)
最大速度下り150Mbps/上り50Mbps
通信制限月100GB
契約期間1カ月なし
端末代レンタルのため0円

月100GB利用可能」「縛りなし」「料金が安い」ポケット型Wi-Fiをお探しの人に最適のWi-Fiです。

月額料金3,278円で月100GBのポケット型Wi-Fiが利用可能!

Air-WiFiの公式サイトへ

契約期間縛りなしオプションも+330円で利用可能

月20GB、月50GBが安く利用可能「Monster Mobile」

Monster Mobileは無制限・大容量というわけではありませんが、月20GB月50GB格安で利用できるポケット型Wi-Fiサービスです。

無制限のポケット型Wi-Fiは本当に必要なの?」でも説明した通り、ポケット型Wi-Fi利用者の通信量は、200人中26人が月50GB以上利用していました。

そのため、「本当に月100GBや無制限のポケット型Wi-Fiが必要なのか?」という点です。

月50GB、月100GBと大容量使う人の場合は、無制限・大容量のポケット型Wi-Fiを探した方がいいですが、大容量になると当然料金も高くなります。

その点、「月20GB」「月50GB」となってくると、料金は安く利用できます。

Monster Mobileの料金プラン
  • 月20GB:1,980円
  • 月50GB:2,530円
  • 月100GB:3,080円

月100GBのポケット型Wi-Fiの月額料金は3,000円台が多く、WiMAXは4,000円台が多いですが、上記の通り、モンスターモバイルの月20GBプラン及び月50GBプランは格安です。

もし、通信量が月50GB以下で済むという方でしたらモンスターモバイルの方が通信費を安く抑える事が可能です。

月額料金月20GB:1,980円
月50GB:2,530円
月100GB:3,080円
※他のプランも取り扱い有り
最大速度下り150Mbps/上り50Mbps
通信制限プランによる
契約期間2年間
契約解除料■24カ月以内
月額料金の1か月分と同じ金額の解約手数料
■25カ月目以降
0円

どのプランも料金が安いよ!

格安で利用するならMonster Mobile!

Monster Mobileの公式サイトへ

契約期間2年 or 縛りなしを選ぶ事が可能です。

docomoのポケット型Wi-Fi

docomoのポケット型Wi-Fiは「ドコモの5GPREMIUM4G4G」が利用できるため、広いエリアで高速通信が期待できます。

通信量も5Gギガホプレミアのプランを選択すれば、基本的に無制限に利用する事ができます。

ドコモのポケット型Wi-Fiって良いね!

そうだね。注意点は料金だけだよ。

ドコモのポケット型Wi-Fiの料金
  • 月額料金:7,315円(5Gギガホプレミア)
  • 端末代:35,640円(SH-52B)

上記の通り料金が高いです。
※ドコモ光セット割、ファミリー割引等利用すれば月額料金は最大で4,928円迄安くすることは可能です。

ルーター代も他社では無料が多い中で、シッカリと35,640円を支払う必要があります。

電波の繋がりやすさ、速度を考慮すると、トップクラスのポケット型Wi-Fiだよ!

月額料金7,315円
※5Gギガホプレミアを選択した場合
最大速度下り4.2Gbps/上り218Mbps
通信制限無制限
契約期間なし

契約期間は1年間と短く、通信費を安くしたい人におすすめです。

広いエリアで高速通信が利用可能!

docomoのポケット型Wi-Fiのページへ

契約期間の縛りなし

無制限のポケット型Wi-Fiのよくある質問

無制限のポケット型Wi-Fiの契約前に気になる質問をまとめました。

完全無制限のポケット型Wi-Fiを使いたい場合は?

残念ながら制限なしで使い放題というのはありません。

どのポケット型Wi-Fiサービスも使い過ぎると制限がかかる可能性があります。

仕事で使うから速度制限かかると困るんだけど。

そういう人も多いよね。

基本的にWiMAXの5Gプランdocomoの5Gギガホプランのポケット型Wi-Fiであれば、制限がかかりづらいですが、いきなり通信制限が厳しくなるという事も十分あるため、大丈夫とは言い切れません。

月に100GB以上利用する可能性のある方は、光回線(インターネット回線)を自宅に引いた方が間違いありません。

光回線は通信量の制限はなく無制限に使い放題となっております。

自分にピッタリの光回線が見つかる

【2022年版】光回線(インターネット回線)のおすすめ13選~現役営業担当の選び方・格安で利用する方法~

但し、料金はポケット型Wi-Fiと比較すると高くなるケースが多いため、予算と相談して決めた方が良いです。

無制限のポケット型Wi-Fiのお試しはないの?

ポケット型Wi-Fiを無料で試せるのは「Try WiMAX」というサービスのみです。

Try WiMAXは15日間無料でWiMAXを試せるというサービスになっています。

ポケット型Wi-Fiは電波を利用するため、家の中だと電波が弱くて速度が遅くなってしまうという事も十分ありますがTry WiMAXなら15日間レンタルして無料で試せることが可能です。

お試し終了後はWiMAXを契約するのもしないのも自由なため、気軽にWiMAXを試すことができます。

Try WiMAXのページへ

他のサービスではお試しは無いの?

無料はTry WiMAXだけだよ。

但し、「Mugen WiFi」というクラウドSIMのポケット型Wi-Fiは、契約後30日以内であれば、1,100円を支払えば全額返金という「30日全額返金補償」がついております。
※細かい条件はMugen WiFiの公式サイトをご確認ください

実際に利用してみて、満足できなければ30日全額返金補償を利用するというのも可能です。

Mugen WiFiが気になった方はレビューをチェック!

【ガチレビュー】Mugen WiFiのメリット・デメリット・評判を解説!

まとめ

オンライン授業やテレワーク等で、自宅にネット環境が必要という人が増えてきたと思います。

通信量もどれくらい使うかわからないから大容量(無制限級)のポケット型Wi-Fiを契約したいという人も多いですよね。

既に説明の通り、完全無制限に使えるWi-Fiサービスはありませんので、無制限級に使えるサービスのみとなっております。

各社の制限内容を再度確認しておきます。

サイト上の表記通信制限内容
WiMAX月間無制限一定期間に大容量通信を行った場合に制限をかける場合がある
楽天モバイル無制限公平なサービス提供のため速度制御の場合あり
docomo無制限ネットワーク混雑時・大量通信時などに通信制限がかかる場合がある
クラウドSIM月100GB制限記載の通信量に達すると速度制限

1日2、3GB程度の利用であれば各社問題なく利用できるのがわかります。

ポケット型Wi-Fiの選び方としては、

  • 通信量
  • 料金
  • 契約期間
  • 電波の繋がりやすさ

等、自分が何を一番重視するかによっても変わってきます。

安い買い物ではありませんので、ポケット型Wi-Fiの契約は慎重に行ってください。

タイトルとURLをコピーしました