最短5分で審査が完了する三井住友カード NL(ナンバーレス)を利用するメリットやデメリット

クレジットカードには数多くの種類があるため、どのクレジットカードを申し込めばいいのか悩んでいる人も多いでしょう。

クレジットカードの基本性能はほとんど同じなのでどれでもいい、と思っている人もいるかもしれませんが、申し込んだカードによってはその魅力を最大限に活かせないこともあります。

そのためクレジットカードを申し込むときは、他のクレジットカードとの違いをよく理解してから申し込むことが重要です。

この記事では、人気のクレジットカードの1つである三井住友カード(NL)を利用するメリットやデメリットについて解説します。

三井住友カード(NL)の基本情報

三井住友カード(NL)は、メガバンクの1つ三井住友銀行を含むSMBCグループの三井住友カードが発行するクレジットカードです。

三井住友カード(NL)の基本情報
名称 三井住友カード(NL)
発行ブランドVisa、Mastercard
還元率0.5%(200円の利用で1ポイント還元)
入会対象者満18歳以上(高校生は除く)
※未成年者は親権者の同意が必要
年会費永年無料 ※家族カードも同様(人数制限なし)
追加カード家族カード、ETCカード
付帯保険海外旅行傷害保険(最高2,000万円、利用付帯)
電子マネーiD、PiTaPa、WAON
スマホ決済Google Pay、Apple Pay
利用可能枠100万円(キャッシング枠50万円)
支払方法1回払い、2回払い、ボーナス一括払い、リボ払い、分割払い
支払日15日締め翌月10日払い、月末締め翌月26日払い
三井住友カードの種類
  • 三井住友カード(NL)(2021年2月~)
  • 三井住友カード ゴールド(NL)(2021年7月~)
  • 三井住友カード
  • 三井住友カード(学生)
  • 三井住友カード デビュープラス
  • 三井住友カード デビュープラス(学生)
  • 三井住友カード RevoStyle
  • 三井住友VISAバーチャルカード

三井住友カード(NL)は、2021年2月1日に発行が開始されたクレジットカードです。

三井住友カード(NL)は、すぐ発行できることに加えてカード表面にカード番号や有効期限などの情報が記載されていないので安全性が高いという理由から特に注目を集めています。

最新キャンペーン情報

7/1から9/30まで最大8,000円相当がもらえるキャンペーン実施中!

  • 新規入会+利用で最大7,000円相当
  • 新規入会でVポイントギフトコードが1,000円相当

公式 三井住友カード(NL)の詳細はこちら

三井住友カード(NL)は年会費無料で審査が早いことが最大のメリット

三井住友カード(NL)のメリット一覧
  • 年会費が永年無料
  • ナンバーレスで安心・安全
  • ポイント還元率が最大10倍
  • ポイントUPモールの利用でポイント還元率が最大20倍
  • 選んだ対象3店舗でポイント還元率が2倍
  • 審査は最短5分!即時発行も可能
  • 海外旅行傷害保険が付帯

年に一度も利用なしで永年年会無料で保有できる

ステータス性の高いゴールドカードやプラチナカードは年会費が有料ですが、一般カードは年会費が無料であることがほとんどです。

一方で年会費無料のクレジットカードは、永年無料と初年度無料の2種類に分けられます。

年会費が永年無料のクレジットカードは、クレジットカードを申し込んだ初年度だけでなく翌年度以降も年会費無料で利用できます。

初年度無料のクレジットカードは初年度のみ年会費が無料で、翌年度以降の年会費が有料または条件付きで無料になるので注意が必要です。

三井住友カードが発行する一般カードは、インターネットからの申し込みなら初年度の年会費が無料になりますが、翌年度以降は1,375円(税込)の年会費がかかります。

一方で三井住友カード(NL)は年会費永年無料なので、翌年度以降も年会費が発生しません。

三井住友カードの一般カードの場合、家族カードの1人目は初年度のみが年会費無料となりますが、翌年度以降は440円(税込)の年会費がかかります。

さらに2人目の家族カードは、初年度から440円(税込)の年会費がかかります。

一方で三井住友カード(NL)は、家族カードの年会費も永年無料です。

そのため本人だけではなく家族も気軽に持ちやすいクレジットカードと言えるでしょう。

カードに印字がないナンバーレスのため、第三者にカードを見られるリスクがない

普通クレジットカードの表面には、カード番号や有効期限、セキュリティコードといった情報が記載されています。

ネットショッピングで買い物をするときは、カードに記載されている氏名の入力だけでなく、上記のカード情報の入力も必要になります。

ネットショッピングのサイト側の情報漏洩トラブルがない限り、基本的にこれらの情報が外部に漏れることはありません。

しかしカード情報の盗み見やカードを落とした場合は、カード情報が外部に漏れるためクレジットカードの不正利用被害に遭う可能性があります。

三井住友カード(NL)は、ネットショッピングでクレジットカードを使うときに必要なカード情報がカードの表面に記載されていません。

そのためカード情報の盗み見やカードを紛失したときに、クレジットカードの不正利用被害に遭うリスクを軽減できます。

安心・安全に利用できる環境が整っているのが、三井住友カード(NL)の大きなメリットと言えるでしょう。

特定の店舗やキャッシュレス決済を利用することでポイント還元率が最大10倍

三井住友カード(NL)を使って以下の店舗で買い物すれば、ポイント還元率が+2%になります。

ポイント還元率が+2%になる店舗
  • セブン‐イレブン
  • ローソン
  • マクドナルド  など

たとえば対象店舗以外で1,000円の買い物をすると、200円で1ポイントの0.5%還元なので獲得ポイントは5ポイントです。

一方で対象店舗で1,000円の買い物をすると、通常の5ポイントに加え200円で4ポイントの2%分が上乗せされるため25ポイントが獲得できます。

さらに決済時にVisaのタッチ決済、Mastercardのコンタクトレスを使った場合は更に+2.5%還元のトータル5%のポイント還元になります。

上記と同条件の買い物で三井住友カード(NL)のタッチ決済を使った場合の獲得ポイントは、50ポイントです。

仮に対象店舗の1ヶ月間の利用合計金額が2万円の場合、1,000ポイントが獲得できます。

対象店舗が利用機会の多い大手コンビニ(セブン-イレブン・ローソンなど)にファストフード店の大手であるため、還元率最大10倍の恩恵を受けやすいという点が大きな魅力です。

そのため上記店舗で食事をする機会が多い社会人や学生は、三井住友カード(NL)で効率良くポイントが貯められます。

ポイントUPモールの利用でポイント還元率が最大20倍になる

ポイントUPモールとは、三井住友カードの所有者が利用できる優待サイトです。

ポイントUPモールを経由してネットショッピングすれば、ポイント還元率が最大20倍にアップします。

2022/10/02時点の人気ランキング上位5つ、今月のイチ押しショップ5つの還元率をまとめると下記表のとおりです。

人気ランキング
順位 店舗名 還元率
1位楽天市場 +0.5%
2位Yahoo!ショッピング +2.5%
3位 【さとふる】ふるさと納税サイト+2.5%
4位ふるさとプレミアム+3.5%
5位ユニクロオンラインストア+0.5%
2022/10/02時点の還元率※最新のものはWEBサイトで確認下さい。

ポイントUPモールは、ポイントの還元率がアップするだけではありません。

お得に使えるクーポンの配布やSALE情報の発信など、カード利用者がお得に買い物できる環境が整えられています。

必ずポイント還元率最大20倍の恩恵を受けられるというわけではありませんが、ポイントUPモールを経由すれば効率良くポイントが貯められるでしょう。

利用者が任意で選べる3店舗でポイント還元率が2倍

三井住友カードが指定する店舗で三井住友カード(NL)を使えば、ポイント還元率が2倍にアップします。

三井住友カードが指定する対象店舗の一例
ジャンル 店舗名
コンビニデイリーヤマザキ、セイコーマート
スーパーライフ、ヤオコー、イズミヤ、アピタ
ドラッグストアマツモトキヨシ、ココカラファイン
カフェ・ファストフードすき家、モスバーガー、ファーストキッチン

上記以外に約60店舗がポイントアップの対象ですので、対象店舗を詳しく知りたい人はコチラをご確認ください。

ただしポイントアップ対象店舗は約60店舗ありますが、ポイント還元率アップの特典を受けられるのは3店舗までです。

さらにポイント還元率アップの特典を受けらるためには、事前に利用したい店舗を登録しなければなりません。

カード決済非対応の対象店舗や商業施設内にある対象店舗ではポイント付与の対象外となる場合もあるという点に注意が必要です。

近くに対象店舗がある場合や頻繁に利用する店舗が対象店舗に含まれていれば、対象店舗を登録すればポイントが効率よく貯まります。

早い審査でカード発行まで最短5分!即時発行も可能でお急ぎの人にもおすすめ

審査に時間が掛かるクレジットカードは、審査に通ってからクレジットカードが発行さて郵送されるので、手元に届くまでに1週間以上の時間が掛かることも珍しくありません。

三井住友カード(NL)は、独自の審査によって審査が最短5分で完了するので、認証さえ完了すればVpassアプリ内でカード番号を確認できます。

Vpassアプリ内でカード番号が確認できれば、カードの到着を待たずにクレジットカード決済やキャッシュレス決済が可能です。

とりあえずカードは不要で、ネットショッピングやスマホのキャッシュレス決済を使いたいという人にも向いているクレジットカードです。

三井住友カード(NL)のクレジットカードは、1週間程度で登録先の住所に届きます。

即時発行の流れ
  • 「即時発行」ボタンから申し込む
  • 審査(5~10分)
  • ※最短5分発行受付時間:9:00~19:30
  • 電話認証
  • 認証完了
  • Vpassアプリをダウンロード、登録
  • Vpassアプリ内でカード番号を確認
  • 後日登録先の住所にカードが到着

旅行代金をこのカードで支払えば海外旅行傷害保険が付帯する

年会費無料の一般カードは、海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険、ショッピング保険など他の特典が付与されていないことがほとんどです。

しかし三井住友カード(NL)は、海外旅行傷害保険が利用付帯として付いています。

利用付帯とは旅行代金をカードで支払った場合、傷害保険が適用されるという仕組みです。

三井住友カード(NL)利用付帯の海外旅行傷害保険補償内容
担保項目 保険金額
傷害死亡・後遺障害最高2,000万円
傷害治療費用(1事故の限度額)50万円
疾病治療費用(1疾病の限度額)50万円
賠償責任(1事故の限度額)2,000万円
携行品損害 自己負担:1事故3,000円(1旅行中かつ1年間の限度額)15万円
救援者費用(1年間の限度額)100万円

携行品損害とは旅行中にバッグやカメラ、時計、パスポートなど持ち物が盗まれたり、壊れたりするなどの損害を受けた場合に適用される費用です。

救援者費用とは、旅行中にケガや病気などで親族が救援者として現地まで行くときに発生する航空運賃やホテル代、本人や救援者が必要な身の回り品を購入する費用です。

三井住友カード(NL)は旅行代金をカードで支払う必要があるものの、別途費用を支払うことなく上記表の補償が受けられます。

そのため卒業旅行や家族との海外旅行が間近に控えていて、万が一に備えておきたい人におすすめのクレジットカードだと言えますが、国内旅行は対象外になる点を注意しましょう。

三井住友カード(NL)を利用するデメリットは5つ

三井住友カード(NL)のデメリット
  • 基本還元率は高くない
  • カードブランドが2種類のみ
  • ネットショッピングにはVpassアプリが必須
  • カードが手元に届くまでに1週間程度かかる
  • ショッピング補償が付帯されていない

三井住友カード(NL)の基本還元率は0.5%なので、指定店舗以外の利用還元率は高くない

三井住友カード(NL)の魅力は、大手コンビニや3つまで登録できる対象店舗、ポイントUPモールで買い物をすればポイントが効率よく貯まるという点です。

ただし三井住友カード(NL)は対象店舗やポイントUPモールを利用しなければ、0.5%しかポイント還元されません。

たとえば水道光熱費や通信費などをカードで支払っても、利用代金が大きいにも関わらず0.5%しかポイント還元されないためポイント還元率が高いとは言えません。

一方で楽天市場や楽天銀行などを運営している楽天グループが発行する楽天カードやNTTドコモが発行するdカードなどは、基本還元率が1.0%です。

他にも「じゃらん」「HOT PEPPER Beauty」「ポンパレモール」などを運営しているリクルートが発行するリクルートカードは、基本還元率が1.2%です。

三井住友カード(NL)はどこで使ってもポイント還元率が高いという訳ではないため、ポイント還元率にこだわるなら月々の固定費用等と使い分けるのも良いでしょう。

上記のような基本還元率の高いクレジットカードだと、どこの店舗でもポイントが効率良く貯まります。

しかし三井住友カード(NL)は基本還元率が0.5%と高くないため、クレジットカードを頻繁に使う人は基本還元率が高いカードのほうがポイントを効率良く貯められます。

そのため三井住友カード(NL)または、基本還元率の高いカードのどちらがお得にポイントを貯められるのかをよく考えてから申し込みましょう。

カードブランドが2種類のみでVISAかMastercardしか選ぶことができない

国際ブランドとは海外での利用に特化しているカードで、以下のようなカードブランドが挙げられます。

国際ブランドのクレジットカード
  • JCB
  • Visa
  • Mastercard
  • American Express
  • Diners Club

日本に拠点を置くのはJCBのみで、他は海外に拠点を置く外資系企業です。

JCBは日本に拠点を置く国際ブランドであるため、日本国内の加盟店が多いのが特徴です。

ただし海外の加盟店舗が多くないため、海外旅行でJCBを使おうと思っている人には多少の不安が残ります。

一方でVisaは国内だけではなく海外にも加盟店舗が多いため、Visaカードを持っておけば国内から海外まで幅広く使えます。

Mastercardは為替の換金レートが優れているという理由から海外での使い勝手が良いのが特徴です。

特に日本のコストコユーザーは、店舗で利用できるクレジットカードがMastercardのみなので是非持っておきたいクレジットカードです。

American Express(アメックス)はステータス性の高さが魅力のカードで、JCBとの連携により国内のJCB加盟店舗でもアメックスが使えます。

Diners Clubは国際ブランドの中では加盟店が少なくDiners Clubが使える店舗が限られますが、希少性という点で魅力があります。

Diners Clubは、ステータス性を重視する人におすすめする国際ブランドのクレジットカードです。

三井住友カード(NL)の国際ブランドは、VisaとMastercardの2種類のみに限られています。

VisaとMastercardは国内や海外の普及率が高いため、2種類の国際ブランドブランドのクレジットカードを選べば利便性や使い勝手が悪くなることはありません。

ネットショッピングにはVpassアプリが必須となる

カード番号や有効期限などがクレジットカード表面に記載されている通常のカードは、カード表面の情報を決済画面に入力するだけで誰でも簡単にネットショッピングできます。

一方で三井住友カード(NL)には、ネットショッピングの決済画面で入力が求められるカード番号、有効期限、セキュリティコードなどの情報がカードに記載されていません。

カード情報はVpassという三井住友カード専用アプリで確認する必要があるため、アプリのダウンロードと登録が必要不可欠です。

カード情報を入力すれば、自動的にクレジットカードの情報が保存されるネットショップなら特に大きな問題はありません。

しかし毎回カード情報を入力しなければならないネットショップや、はじめて利用するネットショップだと毎回アプリを開いて確認する手間が掛かるという点に注意しましょう。

カード本体が手元に届くまでに約1週間ほど掛かるため、最初はネットショッピングやキャッシュレス決済が前提となる

三井住友カード(NL)は、即時発行を希望したすると最短5分で審査が完了します。

当サイト編集部で実際に三井住友カード(NL)に申し込みをしたところ、5分とはいきませんでしたが約20分程度で審査が完了しました。

審査完了後は、Vpassアプリをダウンロードして登録すれば、カード番号や有効期限などを確認できるようになります。

その後、Google PayやApple Payにクレジットカードを設定すれば、スマートフォン決済が可能となりますが、スマートフォン決済は全ての店舗で利用できるわけではありません。

VisaやMastercardの加盟店であっても、スマートフォン決済ができるのはiDマークがある店舗のみです。

そのため利用したい店舗にiDマークがない場合は、カードが手元に届くまで利用したい店舗でクレジットカード決済ができません。

今すぐクレジットカードが必要だという人は、即日発行や即日受取に対応しているクレジットカードを選ぶ必要があります。

三井住友カード(NL)はショッピング補償が付帯されていないため、海外で使うときはプリペイドカードと連携させると便利

本カードとプリペイドカードの写真(2022/10/02撮影)

クレジットカードで購入した商品が壊れていた、盗まれたといったケースで利用できるのがショッピング保険です。

ショッピング保険は海外国内に関係なく1事故につき3,000円の自己負担金を支払うことで、購入日および購入日の翌日から200日間補償を受けられます。

海外旅行でクレジットカードで買い物を予定している人やネットショッピングを頻繁に利用する人にとっては、万が一の事態に備えられるので魅力的な補償です。

三井住友カードは一般カードや上位カードのゴールドやプラチナにはショッピング補償が付帯されていますが、三井住友カード(NL)には付帯されていません。

そのため三井住友カード(NL)を三井住友VISAプリペイドカードと連携させることで、海外旅行先での被害を最小限に抑えることや不正利用を最小限に抑えることができます。

三井住友カード(NL)を三井住友VISAプリペイドカードと連携させておくと、クレジットカードから瞬時にチャージが行えるので非常に便利です。

自分のVpassアプリと名義人以外のVISAプリペイドカードを連動させることはできない

VISAプリペイドカードとの連携させるメリットとして、お子さんが海外留学先でいつでもチャージできるようにしておくと便利だと考る人もいるのではないでしょうか?

残念ながら自分のVpassアプリと名義人以外のVISAプリペイドカードを連動させることは規約上行うことができません。(※2021年12月1日メールにて調査)

家族カードの場合は18歳以上でないと持つことができませんが、同様の使い方ができるプリペイドカードなら満6歳の小学生以上でもカードを持つことができます。

お子さんにVISAプリペイドカードを持たせて、自分で管理したいという人は「かぞくのおさいふ」というサービスを利用するようにしましょう。

三井住友カードはカード情報の盗み見対策のほか、不正使用検知システムも充実している

三井住友カード(NL)は、カード表面にカード番号やセキュリティコードなどのカード情報が記載されていないため、カード情報の盗み見による不正利用被害を防ぐことができます。

三井住友カード(NL)の安全性の高さは、これだけではありません。

カード発行元の三井住友カードは、不正使用検知システムによる24時間365日モニタリングを行っています。

万が一トラブルが発生しても専用デスクがサポートしてくれるため、安心・安全に利用できます。

さらにネットショッピングでカード決済をしようと考えている人の中には、カード情報が漏洩しないかを不安に感じている人も多いでしょう。

しかし三井住友カードは60秒ごとに異なる新しいパスワードを表示する「One Time Pass」による認証サービスがあるので、セキュリティは非常に高いです。

さらにネットショッピングの際にパスワードによる本人確認を行うネットショッピング認証サービスも利用できるため、安心・安全なネットショッピングをサポートしています。

利用制限などをアプリで簡単に行うことができるため、必要な時以外は制限をかけておけばより安全にクレジットカードを使うことができます。

Vpassアプリは利用停止から明細確認まであらゆる機能に対応

三井住友カード(NL)は、Vpassアプリをダウンロードして登録するとカード情報を入手できるようになりますが、他にも以下のような機能が付いています。

Vpassアプリでできること
  • 支払金額確認
  • ポイント残高確認
  • ログイン設定機能
  • 三井住友銀行口座連携機能
  • プリペイド連携
  • Moneytree連携機能
  • 家計管理機能
  • 利用通知サービス
  • スタンプカード

Vpassアプリではカードの利用状況だけではなく、三井住友銀行口座、プリペイドといった三井住友の関連サービスの利用状況も確認できます。

さらに個人資産管理サービスのMoneytreeと連携すれば、当月の収支や支出の内訳を確認できる家計管理機能を利用できるようになります。

カードを利用したときに、利用内容をメールおよびアプリのプッシュ通知でリアルタイムで通知するサービスの設定も可能です。

Vpassアプリを設定しておけば、不正利用があってもいち早く気付けるので安心です。

他にもVpassアプリで500円以上の利用通知を受け取った場合は、スタンプが貯まり特典が受け取れるサービスも提供しています。

便利かつ安心・安全に利用できる専用アプリを提供しているのも、三井住友カードの魅力と言えるでしょう。

日頃からコンビニで買い物することが多い人におすすめのクレジットカード

三井住友カード(NL)は、2021年2月1日から申し込みが始まった新しいカードです。

セブン-イレブン・ローソンなどの大手コンビニやマクドナルド、対象店舗のうち登録した3店舗、ポイントUPモールで買い物をした場合にはポイント還元率がアップします。

普段からコンビニやマクドナルドを頻繁に利用する人には、三井住友カード(NL)は大変お得に使えるクレジットカードです。

さらに三井住友カード(NL)は審査が最短5分なので、Vpassアプリをダウンロードして登録すればカードが手元に届く前にクレジットカードが使えます。

他にも三井住友カード(NL)は利用付帯の海外旅行傷害保険も付帯されているので、海外旅行での万が一のトラブルにも備えることができます。

今すぐ高い還元率のカードを手に入れたい人には、三井住友カード(NL)の発行をおすすめします。

公式 三井住友カード(NL)の詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました