マイルを貯めやすいおすすめのクレジットカード│現役利用者100名が選んだのはこれ

海外への旅行や出張の際に重宝するのが『マイル』です。

日頃からしっかりマイルを貯めるようにすると、航空サービスをおトクに利用できます。

そして、マイルをおトクに貯めたい方は、マイルに対応したクレジットカードを作るのがおすすめです。

マイルが貯まりやすいクレジットカードを持っていると、日頃のショッピングや支払いで、効率よくマイルを貯められます。

そこで本記事では、マイルについて解説しながら、現役ユーザー100名が選んだ「マイルを貯めやすいおすすめクレジットカード」も合わせて紹介していきます。

ぜひ、この記事を参考に、自分に合ったマイルを貯めやすいクレジットカードを、見つけてみてください。

『マイル』とは利用料金に応じてポイントが貯まるサービス

『マイル』とは、それぞれの航空会社が運用しているマイレージサービスのことで、利用金額に応じてポイントが貯まっていき、他社のポイントからマイルへ交換して利用するなど、使いようでとてもお得に利用できるサービスです。

貯まったマイルに応じて、航空券への交換や座席のグレードアップ、購入金額の割引きなど、様々なサービスを受けられます。

また、マイルはカードで支払いをすることでも貯められますが、ポイント還元率やサービスなども提携している会社によって違います。

そんなマイルと提携して、それぞれの企業が発行しているカードの一例は、以下の通りです。

『マイル』対応のクレジットカード比較表

カード名 マイル還元率 年会費 優待サービス例
ANAアメリカンエキスプレスカード1~2.5%7,700円
(ANAマイルにポイント移行する場合は別途6,600円が必要)
ポイント有効期限なし
セゾンゴールドアメリカンエキスプレスカード最大1.125%11,000円セゾンマイルクラブ入会可能(別途入会費4,400円必要)・空港ラウンジ無料利用可など
SPGアメックスカード最大1.25%34,100円JAL・ANAどちらのマイルにも交換可
楽天カード0.5%無料ボーナスポイント制度あり
dカード0.4%無料ドコモユーザー向けの特典多数
エポスカード0.25%無料マルイ限定イベントに参加可
ライフカード0.25%無料誕生月限定イベントあり

表からもわかるように、『マイル』は航空会社が直接発行しているカードの方が貯まりやすくなっています。

日頃から航空サービスを使っている方にとって、おトクにポイントを貯められるマイル対応クレジットカードは、持っていて損のないカードだといえます。

しかし上記でも触れたように、他社が提携して発行しているマイル対応のカードの場合は、還元率が大幅に下がってしまうので注意しましょう。

その点も踏まえた上で、マイル対応の他社カードも含め、自分の好みにあったカードを選ぶことが重要です。

そこでここからは、マイルを貯めやすいクレジットカードについて解説しつつ、現役利用者のおすすめカードも合わせて紹介していきます。

貯まった『マイル』は航空券や座席のグレードアップに

貯まったマイルは、それぞれの航空会社で航空券に交換できるうえ、さらに座席のグレードアップや商品・提携ポイントへの交換など、さまざまなサービスに利用できます。

それぞれの詳しい利用方法は以下の通りです。

国内・国際線の航空券に交換

マイルを国内・国際線の航空券に交換する際は、それぞれの航空会社が定めている『特典航空券』をマイルで発行することによって利用できます。

ただし、「ファーストクラスは対象外」など、それぞれの航空会社で特別航空券の対象範囲が異なるので、事前に確認が必要です。

また、航空券の予約が集中する繁忙期においては、利用制限期間が設けられたりと、特別航空券を発行できない場合もあるので、合わせて注意しましょう。

例えば、日本の二大航空会社であるJALとANAを比較した場合、国内・国際線の特別航空券の対象範囲や、利用制限などの違いは以下の通りです。

JALとANAの特別航空券取り扱い比較表
カード名 国内線 国際線 備考
JAL普通席とクラスJのみ片道6,000マイル・往復12,000マイルから交換可能利用制限企画が設けられる可能性あり
ANA普通席のみスターアライアンス加盟航空会社の航空券購入にマイルを利用可利用制限企画が設けられる可能性あり

座席をグレードアップする

事前に予約をして確保した座席は、貯まったマイルを使うことにより、予約した座席よりランクをグレードアップが可能です。

ただし、それぞれの航空会社で対象範囲が決められているので、確保した座席がグレードアップ対象かどうか、事前に確認が必要です。

またグレードアップ可能な席数は事前に決まっていたり、旅行ツアーの中に含まれている格安航空券は対象外など、細かい制約もあったりするので、合わせて注意しましょう。

例えば、それぞれの航空会社を比較した場合、座席グレードアップの対象範囲や、必要マイル数などの違いは以下の通りです。

航空会社ごとの座席グレードアップ取り扱い比較表
航空会社 国内線 国際線 備考
デルタ航空座席グレードアップ可座席グレードアップ可ほとんどの座席をグレードアップ可
JAL座席グレードアップ不可座席グレードアップ可片道9,000マイルからグレードアップ可
ANA座席グレードアップ不可座席グレードアップ可片道9,000マイルからグレードアップ可

他社ポイントや電子マネーに交換する

貯まった『マイル』は、楽天ポイントやTポイント・WAONポイントといった、人気の高い他社ポイントにも交換できます。

交換したポイントは、どれも全国のコンビニやドラッグストア・飲食店などで、幅広く利用できるのがメリットといえるでしょう。

ただし、交換できる他社ポイントや交換レートは、航空会社によって変わってくるので、事前に確認が必要です。

例えば、それぞれの航空会社を比較した場合、他社ポイントや、電子マネーに交換する際の可否は以下の通りとなります。

航空会社ごとの他社ポイント・電子マネー交換可否比較表
航空会社 楽天ポイント Tポイント dポイント WAONポイント Pontaポイント nanacoポイント
ANA交換可交換可交換不可交換不可交換不可交換可
JAL交換不可交換不可交換可交換可交換可交換不可

航空会社ごとのマイル有効期限について

マイルの有効期限も、航空会社ごとに違ってきます。

例えば、航空会社ごとのマイル有効期限の違いは以下の通りです。

航空会社ごとのマイル有効期限比較表
航空会社 マイル有効期限
JAL有効期限あり(3年間)
ANA有効期限あり(3年間)
ユナイテッド航空有効期限無し(1年半以内のマイル増減必須)
デルタ航空有効期限無し

JALとANAのマイル還元率や年会費等の違い

ここからは、日本の二大航空会社であるJALとANAの違いについて、代表的なカードと比較しながら、以下に詳しく解説していきます。

JALマイルが貯まる代表的なクレジットカード一覧
カード名 マイル還元率 年会費 特別航空券交換レート マイルの貯まりやすさ
JALカード0.5%
(ショッピングマイルプレミアム加入で1%)
2,200円
(初年度無料)
一定低い
JAL CLUB-Aカード0.5%
(ショッピングマイルプレミアム加入で1%)
11,000円一定低い
JAL CLUB-Aゴールドカード1%17,600円一定低い
ANAマイルが貯まる代表的なクレジットカード一覧
カード名 マイル還元率 年会費 特別航空券交換レート マイルの貯まりやすさ
ANAカード0.5%
(2倍コースまたは10マイルコース加入で1%)
2,200円
(初年度無料)
変動高い
ANAワイドカード0.5%
(2倍コースまたは10マイルコース加入で1%)
7,975円変動高い
ANAワイドゴールドカード1%15,400円変動高い

頻繁に特別航空券を使うならJAL、効率よくマイルを貯めたいのならANAがおすすめ

表からもわかるように、特別航空券目的でマイルを貯める場合は、交換レートは変動すると損が多くなるので、レートが一定で変動しないJALがおすすめです。

しかし、マイルを貯める選択肢の多さで比べると、ANAの方が普段使いでマイルが貯まる「ANAダイナースカード」や、持っているだけでマイルが貯まる「ANA VISA Suicaカード」など、種類が豊富にあります。

このようにANAの場合、他社と提携して発行したクレジットカードでもマイルをオトクに貯めることが可能なので、自分の好みに合った形で効率よくマイルを貯められるのが強みです。

自分の好みに合った形で効率よくマイルを貯められます。

現役利用者100名が選んだマイルが貯まるおすすめクレジットカードはこれ

上記で解説してきたことを踏まえつつ、ここからは現役利用者100名にアンケートして聞いた「マイルが貯まるおすすめクレジットカード」について、以下に紹介していきます。

アンケート調査結果表
カード名 選んだ人数
ANAアメックスカード18名
JALカード14名
ANAソラチカ一般カード14名
SPGアメックスカード12名
JALカードnavi10名
ANAJCB一般カード9名
ANAアメックスゴールドカード8名
セゾンゴールドカード5名
ANAJCBWIDEゴールドカード4名
楽天ANAマイレージカード4名
ANAアメックスプレミアムカード1名
MileagePlusセゾンゴールドカード1名

アンケート調査結果は上記の通りです。では、各クレジットカードの特徴や、人気の理由を解説していきます。

アンケート調査概要
調査概要クレジットカードの現役利用者100名
アンケート調査元楽天インサイト株式会社
アンケート調査実施日2021年9月12日~9月15日

サービスが充実しているANAアメックスカード

100名中18人が選んだ「マイルが貯まるおすすめクレジットカード」が、ANAアメックスカードです。

ANAアメックスカードは、ANAとアメックスが提携して発行しているクレジットカードで、国内外の対象空港ラウンジを無料で利用できたり、最高3,000万円の海外旅行時に使える傷害保険がついていたりするなどサービスが充実しています。

ANA航空を利用する際も、ポイントが2倍になるので、ANAで飛行機を頻繁に利用する方におすすめです。

マイルを貯めるために年会費+ポイント移行コース加入で合計14,300円の費用がかかってしまいますが、加入することによりポイントの有効期限が無制限になり、着実にポイントを貯めることが可能なところが人気の秘訣といえるでしょう。

ポイント還元率については0.5%と平均的ですが、楽天Edyチャージで1ポイントが貯まるなど、還元率と合わせておトクにポイントを貯めることができるのも魅力の1つです。

WAONポイントも貯めたいのならJALカード

100名中14人が選んだ「マイルが貯まるおすすめクレジットカード」が、JALカードです。

JALマイルを直接貯められる上に、カード入会や航空機搭乗時にもらえるボーナスマイル制度により、日頃のショッピング以外でも、いろんな場面でマイルを貯める機会があります。

さらにWAONポイント提携店でカードを利用することにより、JALマイルと合わせてポイントの二重取りが可能な点も、高順位につけた理由の1つです。

年会費も合計で5,500円と安く、他のカードと比べても、オトクに利用できます。

加えて、通常還元率が1%と高いのも魅力です。

ポイントの有効期限は3年で、他のカードと比べると見劣りするものの、3年あればほぼ失効することは無いので、あまり気にすることはないでしょう。

一緒にPASMOも使いたい方はANAソラチカ一般カード

同じく100名中14人が選んだ「マイルが貯まるおすすめクレジットカード」が、ANAソラチカ一般カードです。

ANAソラチカカードは、To Me CARD PASMOとANAカードの機能が1つになったクレジットカードで、普段使いでマイルがおトクに貯められます。

さらに、PASMOの機能を利用した、定期券の購入やオートチャージでもマイルは貯まります。

年会費は初年度無料で、2年目以降は2,200円かかってしまいますが、入会と継続した2回のタイミングで、それぞれ1,000マイルがプレゼントされるため、実質入会と同時に年会費1回分の元が取れるところも人気の高い理由といえるでしょう。

ポイントを40社以上の他社マイルと交換できるSPGアメックスカード

100名中12人が選んだ「マイルが貯まるおすすめクレジットカード」が、SPGアメックスカードです。

ポイント還元率は1%で、貯まったポイントはANAやJALのマイルに交換できるのはもちろん、他にも40社以上の他社マイルと交換できます。

さらに、60,000ポイントをマイルに移行するとボーナスが加算され、最大1.25%まで還元率がアップするのも魅力です。

他社クレジットカードのマイル還元率は0.5%以下のものが多いので、SPGアメックスカードは、それと比べて2.5倍もマイルを貯められます。

ポイントプログラムで交換できる他社マイル一例
交換先航空会社 ポイントからマイルへの交換比率
(ポイント:マイル)
ユナイテッド航空マイレージプラス3:1.1
日本航空 マイレージバンク3:1
ジェットブルー航空6:1
ニュージーランド航空200:1
情報参照元:https://www.marriott.co.jp/loyalty/redeem/travel/points-to-miles.mi#

学生の方でマイルを貯めたいのならJALカードnavi

100名中10人が選んだ「マイルが貯まるおすすめクレジットカード」が、JALカードnaviです。

人気第2位のJALカードを、学生専用として新たに発行し、高校生を除く18歳以上30歳未満の学生の方であれば、誰でも申し込みができるようになりました。

もちろん学生専用といっても、ちゃんと普段使いでマイルが貯まり、在学期間中限定で、ボーナスマイルの申し込みも無料でできます。

さらに在学期間中限定で、マイルの有効期限が無期限になり、オトクにマイルを貯められるのもメリットです。

また、特別航空券を最大6割引で交換可能など、嬉しいサービスが満載なので、学生の方に人気の高い1枚といえるでしょう。

1枚に色んな機能を付けたいのならANAJCB一般カード

100名中9人が選んだ「マイルが貯まるおすすめクレジットカード」が、ANAJCB一般カードです。

人気第1位のANAアメックスカードや、第2位のANAソラチカ一般カードとは異なり、JCBと提携して発行したANAカードとなります。

しかし、他のANAカードと同様で、マイルポイント制度などの基本的な機能は備わっている上に、JCBの特典やサービスも受けられるのが強みです。

年会費は初年度無料ですが、2年目以降は2,200円かかります。

マイルの還元率は基本1%で、Edyでの支払いでも200円で1マイル貯まるのも魅力です。

また、追加付帯サービスとして、QUICPayやPitapaなどの便利な機能もつけられるので、1枚でいろんな機能が欲しい方に人気の高い1枚といえるでしょう。

家族でオトクにマイルを貯めるのならANAアメックスゴールドカード

100名中8人が選んだ「マイルが貯まるおすすめクレジットカード」が、ANAアメックスゴールドカードです。

人気第1位のANAアメックスカードのゴールドカードで、ポイントの有効期限が無期限になり、マイルの移行手数料も無料になります。

またゴールドカードの機能がついた家族カードも、年会費17,050円で発行できて、ボーナスマイル制度もあるため、家族でおトクにマイルを貯めたい方に人気の高い1枚といえるでしょう。

格安で家族ゴールドカードを発行したいならセゾンゴールドカード

100名中5人が選んだ「マイルが貯まるおすすめクレジットカード」が、セゾンゴールドカードです。

セゾンカードのゴールドカードで、他社のゴールドカードと比べ、追加でポイントサービスなどの有料会員に入会しなくても、初めからポイントの有効期限が無期限になっています。

また、ゴールドカードの機能がついた家族カードも、年会費1,000円という低額で発行できるため、家族でオトクにポイントを貯めたい方に人気の高い1枚といえるでしょう。

海外へ頻繁に行くのならANAJCBWIDEゴールドカード

100名中4人が選んだ「マイルが貯まるおすすめクレジットカード」が、ANAJCBWIDEゴールドカードです。

ゴールドカードならではの付帯サービスが魅力で、海外旅行傷害保険が最高1億円分となっているうえ、ショッピングガード保険も年間で最高500万円分保証してくれます。

また、ビジネスクラスのチェックインカウンターを利用できるようになり、国内外28ヶ所以上の空港ラウンジも無料での利用が可能です。

さらに楽天Edyのチャージや支払いで、ポイントの二重取りができる点も、人気の高い秘訣といえるでしょう。

マイルと一緒に楽天ポイントも貯めるなら楽天ANAマイレージカード

同じく100名中4人が選んだ「マイルが貯まるおすすめクレジットカード」が、楽天ANAマイレージカードです。

クレジットカードと楽天Edyはもちろん、楽天ポイントカードやANAマイレージクラブカードまで、この1枚に凝縮されています。

さらに生活習慣に合わせてANAマイルコースと、楽天ポイントコースのいずれかを選択できるので、自分の好みに合わせてコースが選べます。

利便性の高いカードが欲しい方に、人気の高い1枚といえるでしょう。

航空サービスを頻繁に利用するのならANAアメックスプレミアムカード

100名中1人が選んだ「マイルが貯まるおすすめクレジットカード」が、ANAアメックスプレミアムカードです。

ANAとアメックスが提携して発行しているブラックカードで、ANA航空券購入の際に貯まるマイルに50%のボーナスが追加され、還元率が約4.5%まで上がります。

しかし、年会費は165,000円と高めに設定されているので、入会を考えている方は事前にしっかり確認しましょう。

また、サービス内容は他のANAアメックスカードとほぼ変わらないため、航空サービスの利用頻度が高い方におすすめのカードです。

世界各国でマイルを貯めるならMileagePlusセゾンゴールドカード

同じく100名中1人が選んだ「マイルが貯まるおすすめクレジットカード」が、MileagePlusセゾンゴールドカードです。

1.5%という高還元率と、世界各国35社以上の航空会社でマイルを貯めるのが可能な上に、最高5,000万円分の国内外旅行傷害保険や空港ラウンジ無料利用権がカードに付帯しています。

しかし、年会費が22,000円と比較的高く、電子マネーのチャージや支払いではポイントを貯められないため、ポイントを二重取りしたい方は他のカードを選ぶようにしましょう。

現役利用者100人が選んだ「マイルを貯めやすいおすすめのクレジットカード」まとめ

カード名 年会費 付帯機能 還元率
ANAアメックスカード14,300円(ポイント移行コース込み)海外旅行傷害保険0.5%
JALカード5,500円WAONポイント機能1%
ANAソラチカ一般カード2,200円(初年度無料)PASMO機能0.5%~1%
SPGアメックスカード34,100円Marriott Bonvoy会員資格1%
JALカードnavi無料海外旅行保険1~2%
ANAJCB一般カード2,200円(初年度無料)EdyやQUICPayなど1%
ANAアメックスゴールドカード34,100円海外旅行保険など0.5%~1%
セゾンゴールドカード11,000円海外旅行保険など0.5%
ANAJCBWIDEゴールドカード15,400円海外旅行保険など0.5%~2%
楽天ANAマイレージカード年1回以上の利用で年会費無料楽天ポイント機能0.5%
ANAアメックスプレミアムカード165,000円国内ラウンジ無料利用可0.5%~4.5%
MileagePlusセゾンゴールドカード22,000円海外旅行保険など1.5%

ここまで『マイル』の使い方や、マイルを貯めやすいおすすめのクレジットカードについて、現役利用者100名の選んだカードも合わせて紹介しながら解説してきました。

マイルはカードを発行している会社によって還元率が大きく異なり、ポイントの種類やサービスも多種多様なので、それぞれの特徴や利点によって、自分に合ったカードを選ぶことが重要です。

ぜひ皆さんもこの記事を参考に、ご自身に最適なマイルを貯めやすいクレジットカードを見つけてみてください。

タイトルとURLをコピーしました