マイルを貯めやすいおすすめのクレジットカード│現役利用者100人が選んだのはこれ

海外への旅行や出張の際に重宝するのが「マイル」です。

日頃からしっかりマイルを貯めると、「特典航空券」や「座席アップグレード」など航空サービスをおトクに利用できます。

そして、マイルをおトクに貯めたい方は、マイルに対応したクレジットカードを作るのがおすすめです。

マイルが貯まりやすいクレジットカードを持っていると、日頃のショッピングや支払いで、効率よくマイルを貯められます。

そこで本記事では、マイルについて解説しながら、現役ユーザー100人が選んだ「マイルを貯めやすいおすすめクレジットカード」を紹介していきます。

ぜひ、この記事を参考に、自分に合ったマイルを貯めやすいクレジットカードを、見つけてみてください。

マイルが貯めやすいクレジットカード5選
カード名\おすすめ/
ANAアメリカン・エキスプレス・カード
JAL普通カードANAソラチカ一般カードMarriott Bonvoy
アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード
ANA
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
カードイメージ
年会費7,700円(税込)2,200円(税込)*
※初年度無料
※American Expressは「年6,600円」
2,200円(税込)*
※初年度無料
49,500円(税込)34,100円(税込)
基本還元率1.0%0.5%0.5%3.0%1.0%
国際ブランドAmerican ExpressVISA
MasterCard
JCB
American Express
JCBAmerican ExpressAmerican Express
電子マネーApple PayApple Pay
Google Pay
Apple PayApple Pay
公式公式サイト公式サイト公式サイト
こちらの記事でわかること
  • 「マイル」とは航空会社のポイントプログラムのこと
  • マイルは「特典航空券」「座席アップグレード」「他社ポイント交換」に利用可能
  • JALカードは普段の買い物で「マイル」が貯まる
  • ANAカードはポイント交換で「マイル」が貯まる
  • JAL・ANAカードならフライト利用でのボーナスマイルが貯まる

「マイル」とはフライト利用やクレジット利用で貯まる航空会社のポイントプログラム

「マイル」とは、JALやANAなど航空会社が提供しているポイントプログラムのことです。

主に飛行機への搭乗などでマイルを貯められ、さらにJALやANAなど航空会社のクレジットカードであれば、普段の買い物でもマイルを貯められます。

マイルを貯める方法は主に2つ
フライトマイル飛行機の搭乗などで貯まるマイル
ショッピングマイルクレジットカード利用で貯まるマイル

貯まったマイルに応じて、特典航空券への交換や座席アップグレード、購入金額の割引きなど、さまざまなサービスを受けられます。

以下の表からもわかるように、マイルは「JALカード」や「ANAカード」といった航空会社のクレジットカードのほうが貯まりやすくなっています。

マイルが貯まるクレジットカードの比較表
カード名年会費(税込)フライトマイルボーナスマイルショッピングマイルの還元率ポイントをマイルに交換の還元率
JALカード(普通カード)2,200円(税込)*
※入会後1年間無料
・入会搭乗ボーナス:1,000マイル
 ・毎年初回搭乗ボーナス:1,000マイル 
・搭乗ごとのボーナス:フライトマイル10%
0.5% 
ANA一般カード2,200円(税込)*
※初年度無料
・入会登場ボーナス:1,000マイル 
・継続ボーナス:1,000マイル 
・搭乗ごとのボーナス:フライトマイル10%
0.5%*
※ANA加盟店利用時
0.5%
楽天カード無料0.5%
dカード無料0.5%
エポスカード無料0.5%
ライフカード無料0.25%
2022年3月時点
参照元:JALカード(普通カード)ANA一般カード公式サイト楽天カード公式サイト(楽天ポイントからANAのマイルへの交換ルール)JAL公式サイト(JALとdocomoのサービス!)エポスカード公式サイト(ポイントを「ANAのマイル」に移行したい。)ANAマイレージクラブ公式サイト(ライフカード「LIFEサンクスプレゼント」)

JALカードやANAカードであれば、搭乗ごとのフライトマイルやボーナスマイルが貯まり、普段の買い物でも100〜200円ごとに1マイルが貯まります。*

※ANAカードは「ANA加盟店(ANA航空券など)」の利用で100〜200円ごとに1マイルが貯まります。

そのため、日頃から飛行機の搭乗や航空サービスの利用が多い方であれば、JALカードやANAカードといった航空会社のクレジットカードのほうが効率的にマイルを貯められます。

とはいえ、マイルを貯められるクレジットカードは、年会費や還元率などカード会社によって違います。

その点も踏まえた上で、普段の利用シーンなど自分に合ったマイルが貯まるクレジットカードを選ぶことが重要です。

続いて、貯めたマイルの利用方法を具体的に見ていきましょう。

貯めたマイルは「特典航空券」「座席アップグレード」「他社ポイント交換」に利用可能

貯めたマイルは「特典航空券」「座席アップグレード」「他社ポイント・商品交換」などに利用できます。

マイルの主な利用方法
  • 特典航空券(国内・国際)に交換する
  • 座席をアップグレードさせる
  • 他社ポイントや商品に交換する

「特典航空券」に交換すれば無料で飛行機に搭乗できる

貯めたマイルは、JALやANAなどそれぞれの航空会社が提供している「特典航空券」に交換できます。

特典航空券には「ファーストクラスは対象外」など、それぞれの航空会社によってサービス内容が異なるため、事前確認が必要です。

また、航空券の予約が集中する繁忙期においては、利用制限期間が設けられたりと、特典航空券を発行できない場合もあります。

日本の二大航空会社であるJALとANAを比較した場合、それぞれの特典航空券の対象路線や交換に必要なマイルは以下の通りです。

JALとANAの「国内線」の特典航空券を比較
航空会社対象路線対象クラス交換に必要なマイル数
JAL・日本航空(JAL)
・日本トランスオーシャン航空(JTA)
・琉球エアーコミューター(RAC)
・普通席
・クラスJ 
・片道6,000マイル〜
・往復12,000マイル〜
・クラスJは普通席に「+2,000マイル」
ANA全日空(ANA)普通席【ローシーズン(閑散期)】
・片道5,000マイル〜
・往復10,000マイル〜 レギュラーシーズン(通常期)
・片道6,000マイル〜
・往復12,000マイル〜

【ハイシーズン(繁忙期)】
・片道7,500マイル〜・往復15,000マイル〜
2022年3月時点
JALとANAの「国際線」の特典航空券を比較
航空会社対象路線対象クラス交換に必要なマイル数
JAL日本航空(JAL)・エコノミークラス
・プレミアムエコノミークラス
・ビジネスクラス
・ファーストクラス
・片道7,500マイル〜
・往復15,000マイル〜
ANA全日空(ANA)・エコノミークラス
・プレミアムエコノミークラス
・ビジネスクラス
・ファーストクラス
【ローシーズン(閑散期)】
・往復12,000マイル〜

【レギュラーシーズン(通常期)】
・往復15,000マイル〜 

【ハイシーズン(繁忙期)】
・往復18,000マイル〜
※片道のみの交換は不可
2022年3月時点
参照元:JAL公式サイト(JALグループ国内線特典航空券)ANA公式サイト(ANA国内線特典航空券)JAL公式サイト(JAL国際線特典航空券)ANA公式サイト(ANA国際線特典航空券)ANA公式PDF(特典航空券・国際線)

国内線の特典航空券はJAL・ANAともに普通席のみ交換でき、国際線であればビジネスクラスやファーストクラスなどにも交換できます。

交換に必要なマイル数はJALとANAで異なり、JALであれば必要マイル数はシーズンを通して一定です。

航空会社シーズンごとの特典航空券の必要マイル数
JALシーズンを通して「一定」
ANAシーズンごとに「変動」する

一方、ANAの場合には、ローシーズンやレーギュラーシーズンなど、シーズンごとに必要なマイル数が変動するため、ゴールデンウィークなどの繁忙期にはJALの特典航空券がおすすめです。

なお、ANAの国際線の特典航空券の場合には往復のみしか交換できません。

参照元:JAL公式サイト(JALグループ国内線特典航空券 マイル早見表)

「座席アップグレード」に交換すればエコノミーからビジネススクラスにランクアップ

事前予約した座席は、貯まったマイルを使うことで、よりランクの高い座席にアップグレードできます。

JALとANAのマイルを使った座席アップグレードでは、以下のように”国際線”のみ可能です。

JALとANAの座席アップグレードを比較
航空会社国内線の
座席アップグレード
国際線の
座席アップグレード
交換に必要マイル数
JAL・エコノミークラス→プレミアムエコノミークラス
・エコノミー/プレミアムエコノミークラス→ビジネスクラス
・ビジネスクラス→ファースト
片道9,000マイル〜
ANA・エコノミークラス→プレミアムエコノミークラス
・エコノミー/プレミアムエコノミークラス→ビジネスクラス
・ビジネスクラス→ファースト
片道9,000マイル〜
2022年3月時点
参照元:JAL公式サイト(JAL国際線アップグレード特典)ANA公式サイト(ANA国際線アップグレード特典)

行き先やアップグレード先の座席によって必要なマイル数が異なり、例えば「東京・ソウル間」の座席をエコノミークラスからビジネスクラスにアップグレードする場合には12,000マイルが必要です。

座席のアップグレードに必要なマイル数(一部掲載)
行き先(東京発)アップグレード先ごとの必要なマイル数
ソウル(韓国)【JAL】
・プレミアムエコノミー:9,000マイル
・ビジネス:12,000マイル
・ファースト:- ANA
・プレミアムエコノミー:9,000マイル
・ビジネス:12,000マイル
・ファースト:20,000マイル
ホノルル(ハワイ)【JAL】
・プレミアムエコノミー:15,000マイル
・ビジネス:25,000マイル
・ファースト:30,000マイル 

【ANA】
・プレミアムエコノミー:15,000マイル
・ビジネス:20,000マイル
・ファースト:35,000マイル
ロサンゼルス(北米)【JAL】
・プレミアムエコノミー:20,000マイル
・ビジネス:30,000マイル
・ファースト:45,000マイル

【ANA】
・プレミアムエコノミー:20,000マイル
・ビジネス:25,000マイル
・ファースト:40,000マイル
フランクフルト(ヨーロッパ)【JAL】
・プレミアムエコノミー:20,000マイル
・ビジネス:33,000マイル
・ファースト:48,000マイル

【ANA】
・プレミアムエコノミー:20,000マイル
・ビジネス:28,000マイル
・ファースト:45,000マイル
2022年3月時点
参照元:JAL公式サイト(JAL国際線アップグレード特典・マイル早見表)ANA公式サイト(ANA国際線アップグレード特典・必要マイルチャート)ANA公式サイト(マイレージチャート・区間基本マイル)

座席アップグレードに必要なマイルは、JAL・ANAともに「片道9,000マイル〜」のため、前述している特典航空券と比べるとやや割高となっています。

特典航空券であれば「片道7,500マイル〜」から交換でき、座席のランクよりも海外渡航の回数自体を増やしたいのであれば、特典航空券に交換するのが得策です。

なお、アップグレード可能な席数が事前に決まっている場合や、旅行ツアーの中に含まれている格安航空券は対象外など、細かい制約があるため事前によく確認してから交換しましょう。

他社ポイントに交換すれば普段貯めているポイントへ充当できる

貯まった「マイル」は、楽天ポイントやTポイント、dポイントといった他社ポイントにも交換できます。

マイルから他社ポイントへの交換先(一部掲載)
カード会社楽天ポイントTポイントdポイントPontaポイントnanacoポイントamazonギフト券ビックポイント(ビックカメラ)
JALカード10,000マイル
→10,000ポイント
・3,000〜9,000マイル
→1,500〜4,500ポイント 
・10,000マイル→10,000ポイント
10,000マイル→10,000円分10,000マイル
→10,000ポイント
ANAカード10,000マイル
→10,000ポイント
10,000マイル
→10,000ポイント
10,000マイル
→10,000ポイント
参照元:JAL公式サイト(パートナー特典)ANA公式サイト(提携ポイントへの交換 )

マイルを他社ポイントに交換する場合には「3,000マイル単位」や「10,000マイル単位」が多く、1マイル単位といった他社ポイント交換はできません。

また、上記のようにJALカードとANAカードによって、交換できる他社ポイントの種類が異なっているため、普段貯めているポイントに交換したい場合には、最初のカード会社の選び方がポイントになります。

仮に貯めたマイルを「楽天ポイント」や「Tポイント」に交換したいのであれば、ANAカードを選択しましょう。

一方、「dポイント」や「amazonギフト券」にマイルを交換したいのであれば、JALカードを選びましょう。

交換したポイントは全国のコンビニやドラッグストア、飲食店などで幅広く利用できるため、特典航空券や座席アップグレードといったフライト利用が少ない方にも便利に使えます。

JALカードとANAカードのマイル還元率や年会費を比較|効率よくマイルを貯めたいのならANAカード・頻繁に特典航空券を使うならJALカードがおすすめ

続いて、国内の二大航空会社であるJALカードとANAカードの違いについて、年会費や還元率など以下の項目で比較しながら詳しく解説していきます。

JALカードとANAカードで比較する項目
  • カードの種類と年会費
  • マイル(ポイント)の貯まり方と還元率
  • 航空券の購入でのマイルアップ
  • 普段の買い物でのマイルアップ
  • ボーナスマイル

結論から言えば、マイルを効率的に貯めたいならANAカードがおすすめですが、特典航空券を頻繁に利用したい方なら交換レートが一定のJALカードがおすすめです。

カードの種類と年会費を比較|一般カードの年会費はJAL・ANAともに「2,200円(税込)」

カードの種類を比較してみると、ANAカードの方が豊富にあり「62種類」存在します。

とはいえ、ANAカードは主にカードデザインや海外利用者向けのカードが充実していることが大きく、国内で利用する分にはJALカードもANAカードも種類の多さに関しては遜色ありません。

カード会社カードの種類カード会員ごとの年会費(税込)
JALカード30種類・普通カード:2,200〜6,600円*
※入会後1年間無料 
・CLUB-Aカード:11,000円
・CLUB-Aゴールドカード:17,600〜30,800円 
・プラチナカード:34,100円 
ANAカード62種類・一般カード:2,200〜7,700円*
※入会後1年間無料 
・ANAワイドカード:7,975円 
・ANAゴールドカード:15,400〜34,100円 
・ANAカードプレミアム:77,000〜165,000円
2022年3月時点
参照元:JALカード公式サイト(カードの種類)ANAカード公式サイト(すべてのカード)

年会費に関してもJAL・ANAカードともに一般カードは「2,200円(税込)」となっており、どちらも入会後1年間は無料で利用可能です*。

※入会後1年間無料は「普通(一般)カード」のみです。

会員ランクは「普通(一般)会員」「CLUB-A(ANAワイド)」「ゴールド」「プラチナ(プレミアム)」の主に4つの会員ランクにそれぞれ分かれています。

「CLUB-A(ANAワイド)」や「ゴールド」「プラチナ(プレミアム)」といったステータスカードになると年会費はややバラツキがあり、特にANAカードプレミアムは年会費が「165,000円」と非常に高くなります。

国際ブランドが「American Express」「Diners Club」だと年会費が高い|その分付帯サービスや付帯保険は充実

JAL・ANAカードの国際ブランドが「American Express(アメリカン・エキスプレス)」や「Diners Club(ダイナースクラブ)」といったラグジュアリーブランドだと、一般カードでも年会費は「6,600〜7,700円」とやや高めです。

国際ブランドVISA・JCB・MasterCardAmerican Express
JAL普通カード2,200円(税込)*
※入会後1年間無料
6,600円(税込)
ANA一般カード2,200円(税込)*
※入会後1年間無料
7,700円(税込)
参照元:JALカード公式サイト(普通カード)ANA公式サイト(ANA一般カード)

ゴールドカードやプラチナカードでも、以下のように「VISA(ビザ)」や「JCB(ジェーシービー)」よりも年会費は高くなります。

国際ブランドVISA・JCB・MasterCardAmerican ExpressDiners Club
JAL CLUB-Aゴールドカード 17,600円(税込) 20,900円(税込)30,800円(税込)
ANAゴールドカード15,400円(税込)34,100円(税込)29,700円(税込)
参照元:JAL公式サイト(CLUB-Aゴールドカード)ANA公式サイト(ANAゴールドカード)

ただ、American ExpressやDiners Clubであれば、年会費が高い分VISAやMasterCardよりも付帯サービスなどが充実しています。

国際ブランドを「American Express」「Diners Club」にするメリット
  • 空港ラウンジが無料で利用できる
  • レストランやホテルなどが割引になりやすい
  • ポイントやマイルが貯まりやすい
  • 旅行傷害保険の保険(受取)金額が多い

JALカードは普段の買い物で「マイル」が貯まる|ANAカードはポイント交換で「マイル」が貯まる

JALカードとANAカードで大きく異なるところは「普段の買い物で貯まるポイントの種類」です。

JALカードであれば、ショッピングマイルが付いているため、普段の買い物で「マイル」が貯まります。

一方、ANAカードの場合にはショッピングマイルが付いていないため、普段の買い物では提携カード会社の「ポイント(Vポイントなど)」が貯まります。

カード会社ショッピングマイルの有無マイル(ポイント)還元率
JAL カード○普段の買い物で「マイル」が貯まる0.5%〜 
ANAカード☓普段の買い物で提携カード会社の「ポイント」が貯まる0.5%〜

還元率はどちらも「0.5%〜」ですが、ANAカードでマイルを貯める場合には、ポイント交換の事前手続きが必要です。

そのため、普段の買い物で直接マイルを貯めたい方であれば、ショッピングマイルが付いているJALカードを選びましょう。

ANAカードは国際ブランドによって貯まるポイントが異なる

上述の通りANAカードは普段の買い物では提携カード会社のポイントが貯まり、さらに国際ブランドによって貯まるポイントの種類も異なります。

ANAカードの国際ブランドごとのポイントサービス
国際ブランドの種類提携カード会社ポイントサービス名
・VISA
・MasterCard(マスターカード)
三井住友カードV(ブイ)ポイント
JCB(ジェーシービ)JCBカードOki Doki(オキドキ)ポイント
Diners Club(ダイナースクラブ)ダイナースカードダイナースクラブ・リワードポイント
American Express
(アメリカン・エキスプレス)
American Expressカードメンバーシップ・リワード

ANAカードの国際ブランドが「VISA」または「MasterCard」の場合には、三井住友カードが提携カード会社になり「V(ブイ)ポイント」が200円ごとに1ポイント貯まります。

日本の国際ブランドである「JCB」であれば、JCBカードのポイントサービス「Oki Doki(オキドキ)ポイント」が1,000円ごとに1ポイント貯まります。

ラグジュアリーブランドの「Diners Club」「American Express」の場合には、「ダイナースクラブ・リワードポイント」「メンバーシップ・リワード」というポイントがそれぞれ100円ごとに1ポイント貯まります。

ポイントサービスポイントの貯まり方1ポイントのマイル交換レートマイル還元率
Vポイント(VISA)200円ごとに1ポイント1ポイント=1マイル0.5%
Oki Dokiポイント(JCB)1,000円ごとに1ポイント1ポイント=5マイル0.5%
ダイナースクラブリワードポイント
(Diners Club)
100円ごとに1ポイント1ポイント=1マイル1.0%
メンバーシップ・リワード
(American Express)
100円ごとに1ポイント1ポイント=1マイル1.0%
参照元:三井住友カード公式サイトJCBカード公式サイトDiners Club公式サイトAmerican Express公式サイト

このようにANAカードの場合には、国際ブランドによって貯まるポイントが異なりますが、マイル交換レートは「0.5%」か「1.0%」のどちらかです。

単純にマイルをたくさん貯めたいのであればマイル還元率が高い「Diners Club」や「American Express」ですが、年会費を考えると「VISA」や「JCB」のほうが安く抑えられます。

ANAカードの「ANAアメリカン・エキスプレス・カード(一般カード)」は「ポイント移行コース(年6,600円)」に登録しなければマイルに交換できない

ANAアメリカン・エキスプレス・カード(一般カード)

ANAカードの場合には、他社ポイントからマイルに交換する必要がありますが、その際の交換手数料などは特に発生しません。

ただし、ANAカードの「ANAアメリカン・エキスプレス・カード(一般カード)」に限り、ポイントをマイルに交換する場合には「ポイント移行コース(年6,600円)」の登録が必要です。

ANAカードポイントをマイルに交換する際の手数料
ANAアメリカン・エキスプレス・カード(一般カード)年6,600円
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード
無料
ANA VISAカード(一般・ゴールド・プレミアム)
ANA MasterCardカード(一般・ゴールド・プレミアム)
ANA JCBカード(一般・ゴールド・プレミアム)
無料
参照元:ANAアメリカン・エキスプレス・カード公式サイトANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード

そのため、「ANAアメリカン・エキスプレス・カード(一般カード)」の場合には「カードの年会費」と「ポイント移行コースの年会費」を合わせた「年14.300円」を支払わなければ、貯めたポイントをマイルに交換できません。。

「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」でポイントをマイルに交換する場合の年会費

カード利用の年会費「7,700円(税込)」+ポイント移行コースの年会費「6,600(税込)」=年14,300円(税込)

ちなみに、他の国際ブランドやANAアメリカン・エキスプレスのゴールド・プレミアム会員であれば、無料で貯めたポイントをマイルに交換できます。

航空券など自社グループの利用はANAカードの方がマイルが貯まる

JAL・ANAカードによって自社グループの商品やサービスを購入すると、ボーナスマイルがもらえます。

JALカードの場合には、JALの航空券の購入で「200円ごとに2マイル」が貯まります。

JALカードマイル付与マイル還元率
JALの航空券を購入200円ごとに2マイルが貯まる1.0%
通常200円ごとに1マイルが貯まる0.5%

一方、ANAカードの場合にはANAの航空券などANAグループの利用で、提携カード会社のポイントと別に「100円ごとに1マイル」が貯まります。

ANAカードマイル付与マイル還元率
ANAの航空券を購入カード会社のポイントと別に「100円ごとに1マイル」が貯まる1.5%
通常提携カード会社のポイントのみ0.5%
参照元:ANAカード公式サイト(ANAカードマイルプラスで貯める)JALカード公式サイト(ショッピングでマイルを貯める)

ANAカードはANAの航空券を購入すると、提携カード会社のポイントと別にマイルが付与されるため、マイル還元率にすると「1.5%」です。

ANAカードでANAの航空券を購入した場合のマイル還元率

「1.5%」=
提携カード会社のマイル還元率「0.5%」

ANAグループ(航空券)利用のマイル還元率「1.0%」

マイル還元率に換算するとANAカードの方が「1.5%」とJALカードの「1.0%」よりも高く、航空券など自社グループの利用であればANAカードのほうがマイルが貯まります。

また、この後に紹介するボーナスマイルもANAカードのほうが貯めやすく、カードを持っているだけで毎年1,000マイルがもらえます。

※JALカードは飛行機に搭乗すると1,000マイルが毎年もらえます。

自社グループ利用によるボーナスマイルは航空券だけでなく、以下のように提携しているホテル、飲食店、コンビニなどでもマイルが付与されます。

カード会社ボーナスマイルがもらえる提携店舗・サービス(一部掲載)
ANAカード 【JAL特約店(200円ごとに2マイルが貯まる) 】
・JAL航空券
・JAL機内販売
・JAL通販サイト(JALショッピング)
・エネオス
・大丸
・ディノス
・ファミリーマート
・イオン・ロイヤルホストなど
ANAカード 【ANAカードマイルプラス加盟店(ポイントと別に100円ごとに1マイルが貯まる) 】
・ANA航空券
・ANA機内販売
・ANA通販サイト(A-style)
・エネオス
・大丸
・セブン-イレブン
・マツモトキヨシなど
・スターバックス・ヤマダデンキ LABIなど
参照元:JAL公式サイト(JAL特約店)ANAカード公式サイト(ANAカードマイルプラスで貯める・ANAカードマイルプラス加盟店一覧)

JALカードは「ショッピングマイル・プレミアム」でマイルをアップ|ANAカードは国際ブランドによってマイルのアップ方法が異なる

JALカードとANAカードには、それぞれカード年会費とは別に料金を上乗せすることで「マイル還元率」や「マイル交換レート」を2〜3倍にアップできます。

JALカードであれば「ショッピングマイル・プレミアム(年3,300円)」によってショッピングマイルが2倍になります。

JALカードのマイルをアップする方法
カードの種類サービス名年会費(税込)サービス内容
JALカードショッピングマイル・プレミアム3,300円* 
※ダイナース(普通)・ゴールド・プラチナは無料
ショッピングマイルが2倍
参照元:JALカード公式サイト(ショッピングマイル・プレミアム)

一方、ANAカードの場合には、以下のように国際ブランドによってマイルをアップする方法が異なります。

ANAカードのマイルをアップする方法
カードの種類コース名年会費(税込)サービス内容
ANAカード(VISA・MasterCard)・2倍コース
・3倍コース* 
※「3倍コース」はプラチナ会員のみ
6,600円* 
※ゴールド・プレミアム会員は無料
1ポイント(Vポイント)の交換レートが2〜3倍
ANAカード(JCB)マイル自動移行コース10マイル5,500円* 
※ゴールド・プレミアム会員は無料
1ポイント(Oki Dokiポイント)の交換レートが2倍
参照元:三井住友カード公式サイト(ANAカード マイレージ移行について)JCBカード公式サイト(ANA マイル移行サービス)

JAL・ANAカードそれぞれのマイルをアップする方法を以下で詳しく解説します。

JAL カードは「ショッピングマイル・プレミアム(年会費3,300円)」でマイルが2倍

JALカードには「カードショッピングマイル・プレミアム」という会員制のマイルアップサービスがあり、ショッピングマイルが通常の「2倍(1.0%)」で貯まります。

サービス名対象カード年会費特典内容マイル還元率
カードショッピングマイル・プレミアム・普通カード
・CLUB-Aカード
・CLUB-Aゴールドカード
・プラチナカード
3,300円(税込)* 
※ダイナース(普通)
・ゴールド、プラチナは無料
ショッピングマイルが2倍0.5%→1.0%
参照元:JALカード公式サイト(JALカードショッピングマイル・プレミアムについて)

「普通カード」と「CLUB-Aカード」の場合には、事前にカードショッピングマイル・プレミアム(年3,300円)に登録すれば「05%→1.0%」にマイル還元率がアップします。

さらに「CLUB-Aゴールドカード」と「プラチナカード」であれば、”無料”でカードショッピングマイル・プレミアムが自動適用され、普段の買い物でのマイル還元率は常に「1.0%」で貯まります。

ANAカード(VISA・MasterCard)は「2倍コース」と「3倍コース」でマイルをアップ

ANAカードの国際ブランドが「VISA」または「MasterCard」の場合には、普段の買い物でVポイントが貯まり、貯めたVポイントは「1ポイント→1マイル」から交換可能です。

また、Vポイントをマイルを交換する際に「2倍コース」と「3倍コース」に登録すれば、通常の2〜3倍のレートでマイルに交換できます。

コース名対象カード年会費マイル交換レートマイル還元率
通常コース一般会員無料1ポイント(Vポイント)→1マイル0.5%
2倍コース・一般会員
・ゴールド会員
・一般会員のみ「年6,600円」
・ゴールド会員は無料 
1ポイント(Vポイント)→2マイル0.5%→1.0%
3倍コースプレミアム会員無料1ポイント(Vポイント)→3マイル0.5%→1.5%
参照元:三井住友カード公式サイト(ANAカード マイレージ移行について)

ゴールド会員であれば「1ポイント→2マイル」に交換でき、プレミアム会員であれば「1ポイント→3マイル」に”無料”で交換可能です。

一方、一般会員のANAカード(VISA・MasterCard)の場合には「年6,600円」の手数料を払わなければ「2倍コース」を利用できません。

なお「3倍コース」はプレミアム会員のみが対象です。

ANAカード(JCB)は「マイル自動移行コース10マイル」「マルチポイントコース10マイル」でマイルをアップ

ANAカードの国際ブランドが「JCB」の場合にはOki Doki(オキドキ)ポイントが貯まり、通常であれば「1ポイント→5マイル」で交換できます。

その際のマイルをアップする方法には「マイル自動移行コース10マイル」と「マルチポイントコース10マイル」があり、どちらか登録すれば「1ポイント→10マイル」に交換可能です。

コース名対象カード年会費マイル交換レートマイル還元率
・マイル自動移行コース5マイル
・マルチポイントコース5マイル
・一般会員
・ワイド会員
無料1ポイント
(Oki Dokiポイント)
→5マイル
0.5%
・マイル自動移行コース10マイル 
・マルチポイントコース10マイル
・一般会員
・ワイド会員
・ゴールド会員
・プレミアム会員
・一般
・ワイド会員飲み「年5,500円」
・ゴールド・プレミアム会員は無料 
1ポイント
(Oki Dokiポイント)
→10マイル
0.5%
→1.0%
参照元:JCBカード公式サイト(ANA マイル移行サービス)

一般会員とワイド会員が「マイル自動移行コース10マイル」「マルチポイントコース10マイル」に登録する場合には「年5,500円」の手数料が発生しますが、ゴールド会員とプレミアム会員であれば”無料”で登録できます。

「マイル自動移行コース」と「マルチポイントコース」の違いは、貯めたマイルを毎月自動的にマイルに交換できるか、それとも好きなタイミングでマイルに交換できるかです。

マイル自動移行コースマルチポイントコース
毎月貯めたポイントが自動でマイルに交換自分の好きなタイミングで貯めたポイントをマイルに交換

ちなみに、上述しているVポイントは「1ポイント→1マイル」のため、「1ポイント→5マイル」で交換できるOki Dokiポイントのほうがたくさんマイルを貯められるように見えます。

ただ、Oki Dokiポイントは「1,000円=1ポイント」Vポイントは「200円=1ポイント」でそれぞれ付与されるため、マイル還元率にするとどちらも「0.5%」と同じです。

ポイントサービスポイントの貯まり方1ポイントのマイル交換レートマイル還元率
Vポイント(VISA)200円ごとに1ポイント1ポイント=1マイル0.5%
Oki Dokiポイント(JCB)1,000円ごとに1ポイント1ポイント=5マイル0.5%

ANAカード(Diners Club・American Express)は通常でもポイント還元率が「1.0%」と高い

ANAカードの国際ブランドが「Diners Club」または「American Express」の場合には、上記のようなポイント交換によるマイルをアップする方法は用意されていません。

ただ、「Diners Club」と「American Express」のポイント還元率ははじめから「1.0%〜」と高く、通常でもVISAやMasterCardの2倍程度でポイントが貯まります。

ANAの国際ブランド国際ブランドごとのポイント還元率
・Diners Club
・American Express
・1.0%〜
・1.0%〜
・VISA
・MasterCard
・JCB
・0.5%〜
・0.5%〜
・0.5%〜
参照元:ANA公式サイト(ANAカード一覧)

また「American Express」であれば、ANA航空券などANAグループの利用でポイント還元率が1.5倍〜2.5倍にアップ、さらに「ANAカードマイルプラス」のマイルも付与されます。

ANAアメリカン・エキスプレスの種類ANAグループ利用によるポイントアップANAカードマイルプラス最終的なマイル還元率
ANAアメリカン・エキスプレス・カード1.5%1.0%
(100円ごとに1マイル)
2.5%
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 2.0%1.0%
(100円ごとに1マイル)
3.0%
ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード 2.5%2.0%
(100円ごとに2マイル)
4.5%
参照元:American Express公式サイト(ANAアメリカン・エキスプレス・カード)American Express公式サイト(ANAアメリカン・エキスプレス・ ゴールド・カード)American Express公式サイト(ANAアメリカン・エキスプレス・ プレミアム・カード)

ANAカードとJALカードのボーナスマイルは一般(普通)カードならほぼ同じ|カード入会後に搭乗すれば「1,000マイル」がもらえる

ANAカード
JALカード

ANAカードとJALカードには「入会搭乗ボーナス」や「搭乗ごとのボーナス」といったボーナスマイルが付帯されています。

ANA・JALカードの主なボーナスマイル
ボーナスマイル名ボーナスマイルの内容
入会搭乗ボーナスカード入会後に初めて飛行機に搭乗することでもらえるボーナスマイル
搭乗ごとのボーナス飛行機に搭乗するごとにもらえるボーナスマイル*
※通常のフライトマイルに10〜50%プラスされる
継続ボーナス*
※ANAカードのみ
カードを持っているだけで毎年もらえるボーナスマイル
毎年の搭乗ボーナス*※JALカードのみ毎年ごとに初めて飛行機に搭乗することでもらえるボーナスマイル

「入会搭乗ボーナス」とは、カード入会後に初めて飛行機に搭乗することでもらえるボーナスマイルのことです。

会員ランクの種類によってもらえる入会搭乗ボーナスの割合は異なりますが、一般(普通)カードであればJAL・ANAカードともに「1,000マイル」がもらえます。

入会搭乗ボーナス
カード会社ボーナスマイル
JALカード・普通カード:1,000マイル 
・CLUB-Aカード:5,000マイル 
・CLUB-Aゴールドカード:5,000マイル 
・プラチナカード:5,000マイル
ANAカード・一般カード:1,000マイル 
・ANAワイドカード:2,000マイル
 ・ANAゴールドカード:2,000マイル 
・ANAカードプレミアム:10,000マイル

さらにJAL・ANAカードには飛行機に搭乗するごとにもらえる「搭乗ごとのボーナス」もあり、通常のフライトマイルに「10〜50%」をプラスしてくれます。

搭乗ごとのボーナス
カード会社搭乗ボーナスマイルのアップ
JALカード・普通カード:10%プラス
・CLUB-Aカード:25%プラス
・CLUB-Aゴールドカード:25%プラス
・プラチナカード:25%プラス
ANAカード・一般カード:10%プラス
・ANAワイドカード:25%プラス
・ANAゴールドカード:25%プラス
・ANAカードプレミアム:50%
参照元:JALカード公式サイト(カードの種類)ANAカード公式サイト(すべてのカード)

フライトマイルとは、飛行機に搭乗することで貯まるマイルになり、飛行区間や座席クラスによって算出され、仮に「東京・ハワイ間」のエコノミークラスであればおよそ「4,000マイル」が通常時のフライトマイルです。

フライトマイルの算出例
出発エリア日本(東京)
到着エリアハワイ(コナ)
座席クラスエコノミークラス運賃1
フライトマイル約4,000マイル(3,996マイル)
2022年3月時点
引用元:JAL公式サイト(マイル数(Pontaポイント)をしらべよう!)より

JAL・ANAカードであれば通常時のフライトマイルに搭乗ごとのボーナスマイルが付与されるため、「4,000マイル」のフライトマイルであれば「400マイル」または「1,000マイル」が加算されます。

フライトマイルが「4,000マイル」の場合
カード会社最終的にもらえるフライトマイル
JAL・ANAカード・一般(10%プラス):4,400マイル
・CLUB-A・ゴールド、プラチナ(25%プラス):5,000マイル
・ANAカードプレミアム(50%プラス):6,000マイル
JAL・ANAカード以外4,000マイルのまま

ちなみに、ANAカードのプレミアム会員の年会費は、JALのプラチナ会員の2倍以上あるため、フライトマイルのボーナスマイルは「50%」とかなり高めになっています。

プラチナ(プレミアム)会員の年会費
カード会社プラチナ(プレミアム)会員の年会費
JALカード34,100円
ANAカード77,000〜165,000円

仮に、4,000マイルのフライトマイルに50%のフライトボーナスがプラスされれば6,000マイルにアップします。

ANAカードはカードを持っているだけでもらえる「継続ボーナス」がある|JALカードは搭乗しなければ毎年のボーナスマイルはもらえない

JALカードとANAカードは、毎年もらえるボーナスマイルの条件がそれぞれ異なります。

JALカードの場合には飛行機に搭乗しなければ、毎年のボーナスマイルはもらえませんが、ANAカードであればカードを持っているだけで毎年のボーナスマイルがもらえます。

毎年もらえるボーナスマイル
カード会社ボーナスマイルの条件カードごとのボーナスマイル
ANAカード継続ボーナス:
カードをもっているだけでもらえる
・一般カード:1,000マイル 
・ANAワイドカード:2,000マイル 
・ANAゴールドカード:2,000マイル 
・ANAカードプレミアム:10,000マイル
JALカード毎年の搭乗ボーナス:
飛行機に搭乗しなければもらえない
・普通カード:1,000マイル
・CLUB-Aカード:2,000マイル
・CLUB-Aゴールドカード:2,000マイル
・プラチナカード:2,000マイル
参照元:JALカード公式サイト(カードの種類)ANAカード公式サイト(すべてのカード)

そのため、飛行機に搭乗していない年があっても、ANAカードであれば「1,000〜2,000マイル」が毎年もらえます。

現役利用者100人が選んだマイルが貯まるおすすめクレジットカードはこれ

上記で解説してきたことを踏まえつつ、ここからは現役利用者100人にアンケートして聞いた「マイルが貯まるおすすめクレジットカード」について紹介していきます。

アンケート調査結果表
カード名選んだ人数
ANAアメリカン・エキスプレス・カード18人
JAL普通カード14人
ANAソラチカ一般カード14人
Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード
(旧SPGアメリカン・エキスプレス・カード)
12人
JALカードnavi(学生専用)10人
ANA JCB一般カード9人
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード8人
ゴールドカードセゾン5人
ANA JCBワイド・ゴールド・カード4人
楽天ANAマイレージクラブカード4人
ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード1人
MileagePlusセゾンゴールドカード1人

アンケート調査結果は上記の通りです。

では、各クレジットカードの特徴や、人気の理由を解説していきます。

アンケート調査概要
調査概要クレジットカードの現役利用者100人
アンケート調査元楽天インサイト株式会社
アンケート調査実施日2021年9月12日~9月15日

ANAアメリカン・エキスプレス・カードはANA航空券やANAグループの利用でポイント「1.5倍」|「空港ラウンジ」も無料で利用可能

100人中18人が選んだ「マイルが貯まるおすすめクレジットカード」は、ANAアメリカン・エキスプレス・カードです。

ANAとアメリカンエキスプレスが提携して発行しているクレジットカードになり、ANAの航空券やANAグループのサービスなどを利用すればポイントが「1.5倍」で貯まります。

ANAアメリカン・エキスプレス・カードの基本情報
カード会社ANAカード・アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド
国際ブランドAmerican Express
年会費7,700円(税込)
ポイント還元率1.0%*
※100円ごとに1メンバーシップ・リワードポイント付与
ポイントプログラム・メンバーシップ・リワード(1ポイント=1円相当)
・ANAマイル(1ポイント=1〜5円相当)
マイル交換レート1,000ポイント→1,000マイル*
※「ポイント移行コース(年6,600円税込)」の登録が必要です
ボーナスマイル・入会搭乗ボーナス:1,000マイル
・搭乗ごとのボーナス:10%アップ
・継続ボーナス:1,000マイル
追加カード・家族カード:年2,750円
・ETCカード:新規発行手数料935円(年会費無料)
旅行傷害保険・国内旅行傷害保険:最高2,000万円(利用付帯)
・海外旅行傷害保険:最高3,000万円(利用付帯)
参照元:ANAアメリカン・エキスプレス・カード公式サイトAmerican Express公式サイト(ETCカードのご案内)
ANAアメリカン・エキスプレス・カードの新規入会特典情報(2022年4月時点)
  • 入会ボーナス1,000マイル
  • 入会後3ヶ月以内に10万円利用で5,000ポイント
  • 入会後3ヶ月以内に25万円利用で10,000ポイント
  • 入会後3ヶ月以内に50万円利用で15,000ポイント
  • 50万円の利用で獲得できる通常利用ポイント5,000ポイント
ANAアメリカン・エキスプレス・カードの特徴
  • ANA航空券やANAグループ利用でポイント「1.5倍」
  • 「ANAカードマイルプラス加盟店」なら「100円につき1マイル」を付与
  • 「空港ラウンジ」が無料
  • 「手荷物無料宅配サービス(スーツケース1個まで)」が付帯
  • 空港内店舗(ANA FESTA)で「5%オフ」
  • ANAの機内販売で「10%オフ」
  • ANAオンラインショップ(A-style)で「5%オフ」
  • マイルに交換するには「ポイント移行コース(年6,600円)」の登録が必要

ANAアメリカン・エキスプレス・カードは、国内外の29ヶ所の空港ラウンジを無料で利用でき、海外旅行傷害保険は最高3,000万円まで補償してくれます。

さらに、スーツケース1個まで無料で宅配してくれる「手荷物無料宅配サービス」や、ANAの機内販売やオンラインショップでの割引サービスなども魅力的です。

ANAアメリカン・エキスプレス・カードでマイルをアップする方法|ANAグループならポイント「1.5倍」・ANAカードマイルプラス加盟店で100〜200円ごとに1マイル付与

ANAアメリカン・エキスプレス・カードは、ANA航空券の購入や機内販売を利用すればポイント還元率が1.5倍にアップします。

ポイント還元率「1.5倍」の対象サービス
  • ANA航空券
  • ANA機内販売
  • ANA旅行ツアー
  • ANAオンラインショップ(A-style)など

引用元:American Express公式サイト(ANAグループでのカードご利用でポイントが1.5倍貯まる)

さらに、以下の「ANAカードマイルプラス加盟店」でカード決済すれば、通常のポイント(メンバーシップ・リワード)とは別に「100〜200円ごとに1マイル」が付与されます。

ANAカードマイルプラス加盟店(一部掲載)
ジャンル対象店舗・サービスマイルの付与
航空券・ANA(国内線・国際線)
・エアージャパン国際線
100円→1マイル
機内販売ANA機内販売(国内・国際)100円→1マイル
通販サイトANAオンラインショップ(A-style)100円→1マイル
コンビニ・ドラッグストア・セブン-イレブン
・マツモトキヨシ
・スターバックス
・200円→1マイル
・100〜200円→1マイル 
飲食店・カフェ・京成友禅(成田国際空港第一ターミナル)
・スターバックスなど
・200円→1マイル
・100〜200円→1マイル
ホテル・ANAホリデイ
・インリゾート宮崎
・いぶすき秀水園
・尾道国際ホテルなど
200円→1マイル 
参照元:ANAカード公式サイト(ANAカードマイルプラスで貯める)

仮に、ANAアメリカン・エキスプレス・カードで往復3万円のANA航空券を購入すれば、「450ポイント」と「300マイル」がそれぞれ付与されます。

ポイントをマイルに交換する場合には「ポイント移行コース(年6,600円)」の登録が必要ですが、ANAをよく利用する方であれば、ANAアメリカン・エキスプレス・カードでマイルがより貯まります。

公式 ANAアメリカン・エキスプレス・カードの詳細はこちら

JAL普通カードは普段の買い物でマイルが貯まる|JALカード特約店でマイル還元率「1.0%」にアップ

100人中14人が選んだ「マイルが貯まるおすすめクレジットカード」は、JAL普通カードです。

普段の買い物で直接マイルを貯められ、さらに入会搭乗ボーナスや搭乗ごとのボーナスボーナスマイルなど、さまざまなシーンでマイルを貯められます。

JAL普通カードの基本情報
カード会社JALカード
国際ブランド・VISA・MasterCard・JCB・American Express
年会費2,200円(税込)*
※初年度無料※American Expressは「年6,600円」
マイル還元率0.5%*
※200円ごとに1マイルを付与
ポイントプログラムJALマイル(1マイル=1〜5円相当)
ボーナスマイル・入会搭乗ボーナス: 1,000マイル
・搭乗ごとのボーナス:10%プラス
・毎年の初回搭乗ボーナス:1,000マイル
追加カード・家族カード:年1,100円*
※American Expressは「年2,750円」
・ETCカード:年会費無料*
※VISA・MasterCardのみ新規発行手数料「1,000円」
旅行傷害保険・国内旅行傷害保険:最高1,000万円(利用付帯)*
・海外旅行傷害保険:最高1,000万円(利用付帯)*
※American Expressは国内・海外「最高3,000万円(利用付帯・自動付帯)」
参照元:JALカード(普通カード)公式サイトJALカード公式サイト(ETCカード)JALカード公式サイト(カード付帯保険)
JAL普通カードの新規入会特典情報(2022年3月時点)
  • 入会後2ヶ月後の月末までに5万円以上利用で「2,000マイル」
  • 入会後2ヶ月後の月末までに20万円以上利用で「6,500マイル」
  • 入会後2ヶ月後の月末までに60万円以上利用で「12,500マイル」

参照元:JALカード公式サイト

JAL普通カードの特徴
  • 普段の買い物でマイルが貯まる(200円=1マイル)
  • JALカード特約店でマイル還元率「1.0%」にアップ(200円=2マイル)
  • 「ショッピングマイル・プレミアム(年3,300円)」でマイル還元率「1.0%」にアップ(100円=1マイル)
  • JAL機内販売商品が「10%オフ」
  • JALのパッケージツアーが最大「5%オフ」
  • 「ホテルニッコー」「JALシティ」が割引になる
  • 空港ラウンジサービスは「American Express」のみ

JAL普通カードの年会費は国際ブランドで異なり「VISA」「MasterCard」「JCB」であれば2,200円(税込)です。

ただ「American Express」にすると年会費は「6,600円」になり、また入会後1年間の「無料特典」も付帯されていません。

ただ、American Expressであれば「空港ラウンジサービス」や「ホテル・レストランの割引サービス」など、他の国際ブランドにはない付帯サービスを受けられます。

JAL普通カードの国際ブランドによるサービスを比較
国際ブランド空港ラウンジサービス
(無料)
・世界8,000以上のホテル
・レストランの割引サービス
JAL機内販売商品10%オフ「ホテルニッコー」
「JALシティ」の割引サービス
American Express
・VISA
・MasterCard
・JCB
参照元:JAL普通カード公式サイト(提携ブランドの限定サービス)

そのため、空港ラウンジやホテル・レストランなどをよく利用する方であれば、American Expressのほうがより付帯サービスや特典を受けられます。

JAL普通カードでマイルをアップする方法|「JAL特約店」と「ショッピングマイル・プレミアム」の併用でマイル還元率は4倍にアップ

JAL普通カードによってJAL航空券など「JAL特約店」を利用すれば「200円につき2マイル」が付与されます。

JAL普通カードの利用先マイル還元率
JAL特約店1.0〜%*
※200円=2マイル
JAL特約店以外の店舗0.5%*
※200円=1マイル
参照元:JALカード公式サイト(ショッピングでマイルをためる・JALカード特約店)

JAL特約店はJAL航空券の他にも、スーパーであれば「イオン」コンビニであれば「ファミリマート」があり、通常よりもたくさんマイルを貯められます。

JAL特約店(一部掲載)
 ジャンル対象店舗・サービス
航空券JA(国内線・国際線)
機内販売JAL(国内線・国際線)
通販サイトJALショッピング
スーパー・コンビニ・ドラッグストア・イオン
・ファミリーマート
飲食店・カフェ・ロイヤルホスト
・焼肉トラジなど
ホテル・アークホテル
・プリンスホテルなど
参照元:JALカード公式サイト(JALカード特約店)

さらにショッピングマイルが2倍になる「ショッピングマイル・プレミアム(年3,300円)」も併用すれば、最大4倍にマイル還元率がアップします。

ショッピングマイル「4倍」=JAL特約店「2倍」+ショッピングマイル・プレミアム「2倍」

仮に「JAL特約店」と「ショッピングマイル・プレミアム」を併用して1万円の商品を購入すれば、400マイルが付与されます。

ちなみに「ショッピングマイル・プレミアム」に入会すれば、JAL特約店以外でも常に「100円ごとに1マイル」で貯まります。

公式 JAL カードの詳細はこちら

ANAソラチカ一般カードは東京メトロの乗車で「メトロポイント」が貯まる|貯まった「メトロポイント」は「マイル」と相互交換が可能

同じく100人中14人が選んだ「マイルが貯まるおすすめクレジットカード」は、ANAソラチカ一般カードです。

ANAソラチカカードは、ANAカードとTo Me CARD PASMO(東京メトロ)の機能が1つになったクレジットカードになり、東京メトロをよく利用する方であればよりマイルが貯まります。

ANAソラチカカードの基本情報
カード会社・ANAカード
・To Me CARD(東京メトロ)
・JCBカード
国際ブランドJCB
年会費2,200円(税込)*
※初年度無料
ポイント還元率0.5%*
※1,000円ごとに1Oki Dokiポイントを付与
ポイントプログラム・Oki Dokiポイント(1ポイント=5円相当)
・メトロポイント(1ポイント=1円相当)
・ANAマイル(1マイル=1〜5円相当)
マイル交換レートANAマイル:1ポイント(Oki Dokiポイント)
→5マイル
JALマイル:1ポイント(Oki Dokiポイント)
→3マイル
ボーナスマイル・入会搭乗ボーナス:1,000マイル
・搭乗ごとのボーナス:10%プラス
・継続ボーナス:1,000マイル
追加カード・家族カード:年1,100円*
※初年度無料
・ETCカード:無料
旅行傷害保険・国内旅行傷害保険:-
・海外旅行傷害保険:最高1,000万円(自動付帯)
参照元:JCBカード公式サイト(ソラチカ一般カード)東京メトロ公式サイト(ANAソラチカ一般カード)JCB公式サイト(JALマイレージバンク)JCB公式サイト(ANAマイレージクラブ)JCBカード公式サイト(カード自動付帯保険のご案内)
ANAソラチカカードの新規入会特典情報(2022年3月時点)
  • 新規入会特典として「1,000マイル」
  • 新規入会後に10万円〜100万円以上利用で「500〜5,000Oki Dokiポイント(2,500円〜25,000円相当)」
  • 家族カード申し込みで「最大600Oki Dokiポイント(3,000円相当)」など

参照元:JCBカード公式サイト(ソラチカ一般カード・適用キャンペーン)

ANAソラチカカードの特徴
  • 東京メトロの乗車で「メトロポイント」が貯まる
  • 「メトロポイント」と「マイル」の相互交換が可能
  • 普段の買い物で貯まるポイントは「Oki Dokiポイント」
  • 東京メトロの定期券を購入すると「メトロポイント」と「Oki Dokiポイント」が貯まる
  • 「マイル自動移行コース」に登録すれば自動でマイルに交換できる
  • 「マイル自動移行(マルチポイント)10マイル(年5,500円)」ならマイル還元率が2倍になる
  • 電子マネーの「PASMO(パスモ)」が付いている
  • 「PASMO」にオートチャージできる

ANAソラチカカードによって、東京メトロの乗車や定期券を購入すればメトロポイントが貯まり*、貯まったメトロポイントは「100ポイント→90マイル」で交換できます。

※メトロポイントを貯めるには「メトロポイントPlus」の事前登録(会員サイトや多機能券売機から登録可)が必要です。

また、ANAソラチカカードを持っていれば、貯めたマイルを「10,000マイル→10,000ポイント」へ交換可能です。

ANAマイルとメトロポイントの交換レート
ポイント(マイル)の交換先ポイント(マイル)の交換レート
メトロポイント→ANAマイル100ポイント→90マイル
ANAマイル→メトロポイント10,000マイル→10,000ポイント
参照元:東京メトロ公式サイト(ANAのマイルに交換する・ソラチカ一般カード)ANA公式サイト(Tokyo Metro To Me CARD  [提携ポイントへの交換])

普段の買い物ではJCBカードのポイントサービスのOki Dokiポイントが貯まりますが「マイル自動移行コース」に登録すれば、1,000円ごとに5マイルが自動的に貯まります。

ANAソラチカ一般カードでマイルをアップする方法|メトロポイントを効率的に貯める・「マイル自動移行10マイル」なら2倍の「1.0%」でマイルが貯まる

ANAソラチカ一般カードでマイルをアップするには、メトロポイントを効率的に貯めることがポイントです。

ANAソラチカ一般カードは、東京メトロの乗車によってメトロポイントが付与されますが、土日祝日であれば平日の3倍の「1乗車ごとに15ポイント」が貯まります。

乗車日1乗車ごとで貯まるメトロポイント
土日祝5ポイント
平日15ポイント
参照元:東京メトロ公式サイト(乗車ポイントで貯める)

また、ANAソラチカ一般カードには、電子マネー「PASMO」が付帯しており、以下のメトロポイントPlus加盟店で利用すれば「100〜200円ごとに1ポイント」が貯まります。

ジャンルメトロポイントPlusの加盟店メトロポイントの付与
駅売店・商業施設・METRO’S(駅売店)
・Echika・Echika fit
・Metro pia
・Esolaなど
200円ごとに1ポイント
自動販売機・コインロッカー「メトロポイントPlus」のロゴ有り100円ごとに1ポイント
参照元:東京メトロ公式サイト(電子マネーポイントで貯める)

貯めたメトロポイントはマイルに交換できるため、普段からメトロポイントを貯めることで、マイルもたくさん貯められます。

さらに「マイル自動移行(マルチポイント)コース10マイル(年5,500円)」に登録すれば、普段の買い物で貯まるOki Dokiポイントを2倍の還元率でマイルへ交換可能です。

コース名年会費マイル交換レートマイル還元率
・マイル自動移行コース5マイル
・マルチポイントコース5マイル
無料1ポイント(Oki Dokiポイント)→5マイル0.5%
・マイル自動移行コース10マイル 
・マルチポイントコース10マイル
5,500円(税込) 1ポイント(Oki Dokiポイント)→10マイル0.5%→1.0%
参照元:JCB公式サイト(ANA マイル移行サービス)

前述した「マルチポイントコース」であれば、自分の好きなタイミングで貯めたOki Dokiポイントをマイルに交換できます。

Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードは40社以上のマイルに交換できる|年間150万円以上利用でホテルの無料宿泊特典をプレゼント

100人中12人が選んだ「マイルが貯まるおすすめクレジットカード」は、Marriott Bonvoy(マリオット・ボンヴォイ)アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードです。

(旧)スターウッド プリファード ゲストアメリカン・エキスプレス・カードの後継カードになり*、「アメリカン・エキスプレス・カード」と世界最大級のホテルプログラム「マリオット・ボンヴォイ」が提携・発行しています。

※2022年2月24日以降、スターウッド プリファード ゲストアメリカン・エキスプレス・カードは「Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード」に切り替わりました。

Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード
(旧SPGアメリカン・エキスプレス・カード)の基本情報
カード会社アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド
国際ブランドAmerican Express
年会費49,500円(税込)
ポイント還元率3.0%*
※100円ごとに3 Marriott Bonvoyポイントを付与
ポイントプログラムMarriott Bonvoyポイント(1ポイント=1円相当)
マイル交換レート3ポイント→1マイル
ボーナスマイル
追加カード・家族カード:1枚目無料*
※2枚目以降24,750円(税込)
・ETCカード:新規発行手数料:935円(年会費無料)
旅行傷害保険・国内旅行傷害保険:最高5,000万円(利用付帯)
・海外旅行傷害保険:最高1億円(利用付帯)
参照元:American Express公式サイト(Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード)American Express公式サイト(ETCカードのご案内)
Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードの新規入会特典情報(2022年4月時点)

入会後3ヶ月以内のカード利用で合計39,000ポイント獲得可能

  • 入会後3ヶ月以内に30万円の利用で30,000ポイント
  • 30万円の利用で獲得できる通常利用ポイント9,000ポイント

※ポイント加算対象外の加盟店ならびに100円=2ポイントとして換算されない加盟店、年会費等のポイント加算対象外となるご利用分が一部あります。

Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードの特徴
  • MarriottBonvoy「ゴールドエリート会員」が自動付帯
  • 普段の買い物のポイント還元率は「3.0%」と高い(100円=3ポイント)
  • Marriott Bonvoy参加ホテルのポイント還元率は「6.0%」と2倍(100円=6ポイン
  • 40航空会社以上のマイレージプログラムに交換可能
  • JAL・ANAのマイル交換は「3ポイント→1マイル」に交換可能
  • 年150万円以上利用で無料宿泊特典がもらえる
  • 家族カードが1枚目まで無料
  • 空港ラウンジサービスが無料

Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードには、Marriott Bonvoyプログラムの「ゴールドエリート会員」が付帯しています。

Marriott Bonvoyプログラムとは、リッツカールトンホテルやセントレジスホテルなど、主に海外の高級ホテルが参加している会員制のホテルプログラムのことです。

Marriott Bonvoyプログラムの会員ランクは、以下のように6つに分かれており、年間のホテル宿泊日数が多いほどランクアップし特典内容が充実していきます。

ノーマル会員シルバーエリート会員ゴールドエリート会員プラチナエリート会員チタンエリート会員アンバサダーエリート会員
会員条件0〜9泊/年10〜24泊/年25〜49泊/年50〜74泊/年75〜99泊/年100泊以上/年
ボーナスポイント10%ボーナス25%ボーナス50%ボーナス75%ボーナス75%ボーナス
優先レイトチェック○ 午後2時午後4時午後4時午後4時
※特典は一部のみ紹介

ポイントアップボーナスとは、参加ホテルの客室料金などでもらえるボーナスポイントのことです。

また、優先レイトチェックアウトとは、チェックアウトの時間を優先的に午後まで伸ばしてくれるサービスになります。

Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードであれば、「ゴールドエリート会員(年25泊以上)」が最初から付帯しているため、カード発行後すぐに「ポイントアップボーナス」や「レイトチェックアウト」などを利用できます。

参照元:Marriott Bonvoy公式サイト(特典をさらに楽しむには・特典一覧)

また、普段の買い物では「100円ごとに3ポイント」が付与され、貯めたポイントは「3ポイント→1マイル」*で交換可能です。

※航空会社によって交換レートは異なります。

Marriott Bonvoyポイントを使った航空会社ごとのマイル交換レート(一部掲載)
交換先航空会社交換レート
JAL3ポイント→1マイル
ANA3ポイント→1マイル
ユナイテッド航空3ポイント→1.1マイル
アメリカン航空3ポイント→1マイル
ジェットブルー航空6ポイント→1マイル
ニュージーランド航空200ポイント→1マイル
参照元:Marriott Bonvoy公式サイト(ポイントでフライトを利用)

Marriott Bonvoyポイントを使ったマイル交換は、40空港会社以上も対応しているため、ANAやJALだけでなく海外の航空会社のマイルにも交換できます。

なお、Marriott Bonvoyポイントはマイルの交換だけでなく、参加ホテルの宿泊料金などにも利用可能です。

旧カード(SPGアメリカン・エキスプレス・カード)との変更点|「年会費」「家族カード」「無料宿泊特典」「付帯サービス」「海外旅行傷害保険」に変更あり

旧カード
SPGアメリカン・エキスプレス・カード
新カード
Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード

旧カードのSPGアメリカン・エキスプレス・カードと大きく異なる点は以下の5点です。

  • 年会費
  • 家族カード
  • 付帯サービス
  • 無料宿泊特典
  • 海外旅行傷害保険

Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードの年会費は「34,100円→49,500円」とやや高めに変更されていますが、家族カードは1枚まで無料で発行可能です。

旧:SPGアメリカン・エキスプレス・カード新:Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード
年会費34,100円(税込)49,500円(税込)
家族カード17,050円(税込)1枚目:無料
2枚目以降:24,750円(税込)

また、年間400万円以上の利用で「プラチナエリート会員」に昇格できるよう変更されており、さらに「100米ドルのプロパティクレジット」といった旧カードにはなかった付帯サービスも利用できます。

「100米ドルのプロパティクレジット」とは、ホテルチェックアウト時にMarriott直営のレストラン・スパなどの利用代金に使用できる付帯サービスです。

旧:SPGアメリカン・エキスプレス・カード新:Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード
エリートステータスアップ年間400万円以上利用で「プラチナエリート」へ昇格
100米ドルのプロパティクレジット○*
※付与条件
「ザ・リッツ・カールトン」または「セントレジス」に2連泊以上
「100⽶ドルのプロパティクレジット付きプラン」の予約

ただ、旧カードの場合にはカードの継続利用のみで「無料宿泊特典」をもらえていましたが、Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードの場合には「年150万円以上」利用しなければもらえません。

旧:SPGアメリカン・エキスプレス・カード新:Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード
無料宿泊特典カードを継続利用するだけででもらえる「年間150万円以上利用 」でもらえる

また、海外旅行傷害保険に関しても、旅行代金をカード決済しなければ保険対象にならず、旧カードにあった「自動付帯(持っているだけで保険対象になる)」は無くなっています。

旧:SPGアメリカン・エキスプレス・カード新:Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード
海外旅行傷害保険・旅行代金をカード決済すれば「最高1億円」(利用付帯)
・旅行代金をカード決済しない場合は「最高5,000万円」(自動付帯)
旅行代金をカード決済すれば「最高1億円」(利用付帯)
参照元:American Express公式PDF(特典・サービス比較)American Express公式サイト(「Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード」へ生まれ変わり)

自動付帯であればカードを持っているだけで保険対象になりますが、利用付帯の場合には旅行代金などをカードで支払わなければ保険対象にはなりません。

Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードでマイルをアップする方法|Marriott Bonvoyの参加ホテルで利用するとポイント2倍

Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードは、Marriott Bonvoyプログラムの参加ホテルを利用するとポイント還元率が2倍になります。

カード利用ポイント還元率
Marriott Bonvoyの参加ホテルで利用6.0%(100円につき6ポイント)
普段の買い物3.0%(100円につき3ポイント)

Marriott Bonvoyプログラムに参加しているホテルは30社ほどあり、主に以下のものが挙げられます。

Marriott Bonvoyプログラムの参加ホテル
  • ザ・リッツ・カールトン
  • セントレジス
  • JWマリオット
  • リッツ・カールトン・リザーブ
  • ラグジュアリーコレクション
  • Wホテル
  • エディション・ホテル
  • マリオット・ホテル
  • シェラトン
  • マリオット・バケーション・クラブ
  • デルタ・ホテルなど

参照元:Marriott Bonvoy公式サイト’(ブランドのご紹介)

これらのホテルをよく利用する方であれば、ポイント還元率が2倍の「6.0%」で貯まるため、より多くのマイルに交換できます。

公式 Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードの詳細はこちら

学生専用のJALカードnaviは在学期間中は年会費が「無料」|ショッピングマイルの還元率はJAL普通カードの「2倍」

100人中10人が選んだ「マイルが貯まるおすすめクレジットカード」は、学生専用のJALカードnavi(ナビ)です。

人気第2位のJAL普通カードを学生専用として新たに発行し、高校生を除く18歳以上30歳未満の学生の方であれば申し込めます。

JALカードnaviの基本情報
カード会社JALカード
国際ブランド・VISA・MasterCard・JCB
年会費在学期間中は無料*
※卒業後は「JAL普通カード(年2,200円)」へ自動切替
マイル還元率1.0%*
※100円ごとに1JALマイルを付与
ポイントプログラムJALマイル(1マイル=1〜5円相当)
ボーナスマイル・入会搭乗ボーナス:1,000マイル
・搭乗ごとのボーナス:10%プラス
・毎年の初回搭乗ボーナス:1,000マイル
追加カード・ETCカード:年会費無料*
※VISA・MasterCardのみ新規発行手数料「1,000円」
旅行傷害保険・国内旅行傷害保険:最高1,000万円(利用付帯)
・海外旅行傷害保険:最高1,000万円(利用付帯)
参照元:JALカード公式サイト(JALカードnavi)
JALカードnaviの新規入会特典情報(2022年3月時点)
  • 新規入会特典として「2,000マイル」
JALカードnaviの特徴
  • 18〜30歳未満の学生のみが申し込める
  • 在学期間中は「年会費無料」で利用できる
  • 普段の買い物でマイルが貯まる
  • ショッピングマイルの還元率はJAL普通カードの「2倍」(100円=1マイル)
  • JALカード特約店でマイル還元率「2.0%」にアップ(100円=2マイル)
  • 通常年2,200円の「ツアープレミアム」が無料で登録可能
  • 特典航空券が「最大60%オフ」
  • JALのパッケージツアーが最大「5%オフ」
  • 「ホテルニッコー」「JALシティ」が割引になる

JALカードnaviは年会費が無料なうえに、ショッピングマイルはJAL普通カードよりも2倍貯まります。

また、JALカード特約店のマイル還元率もAL普通カードの2倍になるため、JALの航空券などを購入すればマイル還元率は「2.0%」で貯まります。

JALカードnaviとJAL普通カードを比較
JALカードの種類年会費ショッピングマイルJALカード特約店
JALカードnavi在学期間中は無料1.0%(100円=1マイル)2.0%(100円=2マイル)
JAL普通カード2,200円*
※初年度無料
0.5%(200円=1マイル)1.0%(200円=2マイル)

さらに、JALカードnaviには「ツアープレミアム(通常:年2,200円)」も無料で付帯されているため、エコノミークラスでもフライトマイルが100%で貯まります*。

※ツアープレミアム未登録の場合にはフライトマイルの50〜75%しか貯まりません

その他にも、マイルの有効期限が無期限になる、特典航空券を最大60%オフで交換できるなど、学生の方であればさまざまなメリットを得られる1枚と言えます。

なお、JALカードnaviは学生のみが利用できるJALカードになるため、卒業すると「JAL普通カード」へと自動的に切り替えられます。

卒業されると、「JALカード navi」から「普通カード」に自動切り替えとなります。

引用元:JALカード公式サイト(卒業したら「JALカード navi」はどうなりますか?)

JALカードnaviでマイルをアップする方法|JALの航空券ならJAL普通カードの最大4倍でマイルが貯まる

JALカードnaviのショッピングマイルは常に1.0%で貯まるため、前述しているショッピングマイル・プレミアムと同程度でマイルを貯められます。

利用シーンショッピングマイルの還元率
JALカードnaviで買い物1.0%
ショッピングマイル・プレミアムに登録して買い物1.0%

つまり、JALカードnaviであればショッピングマイル・プレミアムに登録しなくても、常にショッピングマイルを2倍貯められます。

また、JAL特約店を利用すれば「100円ごとに2マイル」が付与されるため、マイル還元率にすると「2.0%」にアップします。

そのため、JAL普通カードと比較すると、JALカードnaviのマイル還元率は最大4倍で貯められます。

  • JAL普通カードのマイル還元率「0.5%」
  • JALカードnaviをJAL特約店利用時のマイル還元率「2.0%」

さらに、JALカードnaviには独自の「オリジナルボーナスマイル」もあり、年間利用金額や語学検定合格によってボーナスマイルがもらえます。

オリジナルボーナスマイルボーナスマイルの付与条件ボーナスマイルの付与数
つかってマイルボーナス4月から翌年3月までの利用金額が20万円以上
・60万円以上
・20万円以上:500マイル
・60万円以上:2,000マイル
語学検定ボーナスマイル対象試験の外国語検定に合格する500マイル

「語学検定ボーナスマイル」の対象となる外国語検定は以下のものになり、それぞれ1言語につき1回ボーナスマイルが付与されます。

語学検定ボーナスマイルの対象試験
  • 実用英語技能検定準(1級・1級)
  • TOEFL(61点以上)
  • TOEIC(600点以上)
  • 外国語検定1級(イタリア語・スペイン語・中国語・ドイツ語・ハングル語・フランス語・ロシア語・インドネシア語)

参照元:JALカードnavi公式サイト(JALカードnaviオリジナルボーナスマイル)

語学検定ボーナスマイルをもらうには、JALカード会員サイトから「語学検定マイル申請書(封筒用)」をダウンロード&記入して、「検定合格書(コピー)」を同封のうえ、JALカードに郵送するだけです。

公式 JALカードnaviの詳細はこちら

ANA JCB一般カードはカードを持っているだけで毎年「1,000マイル」もらえる|「マイル自動移行コース10マイル」でマイルが2倍

100人中9人が選んだ「マイルが貯まるおすすめクレジットカード」は、ANA JCB一般カードです。

ANAカードとJCBカードの提携カードになり、「マイル自動移行(マルチポイント)コース10マイル(年5,500円)」に登録すれば「1ポイント=10マイル」で交換できます。

ANA JCB一般カードの基本情報
カード会社・ANAカード・JCBカード
国際ブランドJCB
年会費2,200円(税込)*
※初年度無料
ポイント還元率0.5%*
※1,000円ごとに1Oki Dokiポイントを付与
ポイントプログラム・Oki Dokiポイント(1ポイント=5円相当)
・ANAマイル(1マイル=1〜5円相当)
マイル交換レートANAマイル:1ポイント→5マイル
JALマイル:1ポイント→3マイル
ボーナスマイル・入会搭乗ボーナス:1,000マイル
・搭乗ごとのボーナス:10%プラス
・継続ボーナス:1,000マイル
追加カード・家族カード:1,100円*
※初年度無料・ETCカード:無料
旅行傷害保険・国内旅行傷害保険:-・
海外旅行傷害保険:最高1,000万円(自動付帯)
参照元:JCBカード公式サイト(ANA JCBカード)JCB公式サイト(ANA JCBカード)JCBカード公式サイト(カード自動付帯保険のご案内)
ANA JCB一般カードの新規入会特典情報(2022年3月時点)
  • 新規入会特典として「1,000マイル」
  • 新規入会後に10万円〜100万円以上利用で「500〜5,000ポイント(2,500円〜25,000円相当)」
  • 家族カード申し込みで「最大600ポイント(3,000円相当)」など
ANA JCB一般カードの特徴
  • 初年度の年会費は本会員・家族会員ともに「無料」
  • カードを持っているだけで毎年「1,000マイル」もらえる
  • 「ANAカードマイルプラス加盟店」なら「100円につき1マイル」を付与
  • 「マイル自動コース」か「マルチポイントコース」のいずれを選ぶ
  • 「マイル自動移行コース」に登録すればマイル交換の手間を省ける
  • 「マルチポイントコース」は好きなタイミングでポインをマイルに交換可能
  • 「マイル自動移行(マルチポイント)コース10マイル(年5,500円)」に登録すればマイル還元率が「2倍」

ANA JCB一般カードの年会費は2,200円(税込)ですが、初年度であれば本会員と家族会員ともに「無料」で利用できます。

ボーナスマイルは「入会搭乗ボーナス1,000マイル」と「フライトマイル10%プラス」があり、さらに継続ボーナスとしてカードを持っているだけで「1,000マイル」がもらえます。

国際ブランドは「JCB」のため、普段の買い物では「Oki Dokiポイント」が1,000円につき1ポイントが貯まります。

貯めたポイントは「1ポイント=5マイル(ANA)」*から交換でき、事前に「マイル自動コース」か「マルチポイントコース」のどちらかを選べます。

※「JALマイル」へのポイント交換は「1ポイント=3マイル」

「マイル自動コース」であれば毎月貯めたポイントを自動的にマイルに交換でき、「マルチポイントコース」であれば自分の好きなタイミングでマイルに交換できます。

ANA JCB一般カードでマイルをアップする方法|「マイル自動移行(マルチポイント)コース10マイル(年5,500円)」と「ANAカードマイルプラス加盟店」でマイルがアップする

ANA JCB一般カードでマイルをアップするには「マイル自動移行(マルチポイント)コース10マイル(年5,500円)」と「ANAカードマイルプラス加盟店」を利用する2つ方法があります。

「マイル自動移行(マルチポイント)コース10マイル」は、以下のように年会費5,500円かかりますが、マイル交換レートが2倍になり「1ポイント→10マイル」に交換可能です。

コース名年会費マイル交換レートマイル還元率
・マイル自動移行コース5マイル 
・マルチポイントコース5マイル  
無料1ポイント(Oki Dokiポイント)
→5マイル
0.5%
・マイル自動移行コース10マイル
・マルチポイントコース10マイル
5,500円(税込) 1ポイント(Oki Dokiポイント)
→10マイル
0.5%→1.0%
参照元:JCB公式サイト(ANA マイル移行サービス)

また、ANAの航空券や機内販売など「ANAカードマイルプラス加盟店」を利用すればポイントと別に100〜200円につき1マイルが付与されます。

ANAカードマイルプラス加盟店(一部掲載)
ジャンル対象店舗・サービスマイルの付与
航空券・ANA(国内線・国際線)
・エアージャパン国際線
100円→1マイル
機内販売ANA機内販売(国内・国際)100円→1マイル
通販サイトANAオンラインショップ(A-style)100円→1マイル
コンビニ・ドラッグストア・セブン-イレブン
・マツモトキヨシ
・スターバックス
・200円→1マイル
・100〜200円→1マイル 
参照元:ANAカード公式サイト(ANAカードマイルプラスで貯める)

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードならANAグループの買い物でポイント2倍|「スマートフォン・プロテクション」でスマホの修理代3万円分まで補償

100人中8人が選んだ「マイルが貯まるおすすめクレジットカード」は、ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードです。

人気第1位のANAアメリカン・エキスプレス・カード(一般カード)のゴールドカードになり、ANA航空券やANAグループ利用でポイントが「2倍」で貯まります。

またANAアメリカン・エキスプレス・カード(一般カード)と異なり、「ポイント移行コース(年6,600円)」に登録しなくても無料でポイントからマイルに交換可能です。

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの基本情報
カード会社・ANA(全日本空輸)・アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド
国際ブランドAmerican Express
年会費34,100円(税込)
ポイント還元率1.0%*
※100円ごとに1メンバーシップ・リワードを付与
ポイントプログラムメンバーシップ・リワード(1ポイント=1円相当)
マイル交換レート1,000ポイント→1,000マイル
ボーナスマイル・入会搭乗ボーナス:2,000マイル
・搭乗ごとのボーナス:25%プラス
・継続ボーナス:2,000マイル
追加カード・家族カード:年17,050円
・ETCカード:新規発行手数料:935円(年会費無料)
旅行傷害保険・国内旅行傷害保険:最高5,000万円(利用付帯)
・海外旅行傷害保険:最高1億円(利用付帯)
参照元:American Express公式サイト(ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード)American Express公式サイト(旅行傷害保険)
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの新規入会特典情報(2022年4月時点)
  • 入会ボーナス2,000マイル
  • 入会後3ヶ月以内に25万円利用で10,000ポイント
  • 入会後3ヶ月以内に50万円利用で20,000ポイント
  • 入会後3ヶ月以内に100万円利用で30,000ポイント
  • 100万円利用で獲得できる通常利用ポイント10,000ポイント
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの特徴
  • ANA航空券やANAグループ利用でポイント「2.0倍」
  • 「ANAカードマイルプラス加盟店」なら「100円につき1マイル」を付与
  • 「空港ラウンジ」が無料
  • 「手荷物無料宅配サービス(スーツケース1個まで)」が付帯
  • 空港内店舗(ANA FESTA)で「5%オフ」
  • ANAの機内販売で「10%オフ」
  • ANAオンラインショップ(A-style)で「5%オフ」
  • 「スマートフォン・プロテクション」「キャンセル・プロテクション」が付帯

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、一般カードよりも付帯サービスが充実しており、特に「スマートフォン・プロテクション」や「キャンセル・プロテクション」といった補償サービスは魅力的です。

「スマートフォン・プロテクション」とは、スマホの修理代金を年間3万円まで補償してくれる付帯サービスであり、ゴールド会員以上しか対象になりません。

また「キャンセル・プロテクション」とは、旅行やイベントなどのキャンセル料を年間最大10万円まで補償してくれる付帯補償サービスです。

付帯補償サービス対象会員補償内容
スマートフォン・プロテクション・ゴールド会員
・プレミアム会員
スマホの修理代金を「年3万円」まで補償
キャンセル・プロテクション・ゴールド会員
・プレミアム会員
飛行機チケットなどのキャンセル費用を「年10万円」まで補償
参照元:American Express公式サイト(スマートフォン・プロテクション)American Express公式サイト(キャンセル・プロテクションで安心)

さらに、ゴールドカードの機能がついた家族カードも年17,050円で発行でき、ボーナスマイル制度もあるため、家族でおトクにマイルを貯めたい方に人気の高い1枚です。

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードでマイルをアップする方法|ANAグループならポイント「2.0倍」・ANAカードマイルプラス加盟店で100〜200円ごとに1マイル付与

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードによってANAの航空券などを購入すれば、ポイント還元率が2倍の「2.0%」にアップします。

ポイント還元率「2倍」の対象サービス
  • ANA航空券
  • ANA機内販売
  • ANA旅行ツアー
  • ANAオンラインショップ(A-style)

通常であれば100円ごとに1ポイントの付与ですが、ANA航空券やANAオンラインショップの「A-style」を利用すれば100円ごとに2ポイントが貯まります。

またANAオンラインショップの「A-style」を、ANAカードで買い物すれば「5%オフ」になり、さらに「ANAカードマイルプラス加盟店」の特典マイルもプラスされます。

つまり、ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードでANAオンラインショップを利用すれば、100円ごとに2ポイントと1マイルがそれぞれ付与されるということです。

例えば、ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードを使って「A-style」の商品を3万円分購入した場合には「600ポイント+300マイル」が付与されます。

例)「A-style」で3万円の商品を購入した場合のポイント・マイルの付与

  • ANAグループ利用分(ポイント2倍):600ポイント
  • ANAカードマイルプラス加盟店の特典マイル:300マイル

参照元:American Express公式サイト(ポイント/マイルを貯める)

ゴールドカードセゾン(年会費11,000)は年1回の利用で年会費が無料|「特定加盟店」ならポイント「2倍」

100人中5人が選んだ「マイルが貯まるおすすめクレジットカード」は、ゴールドカードセゾンです。

セゾンカードのゴールドカードになり、年会費は11,000円(初年度無料)ですが、年間で1回でもカード利用があれば翌年の年会費も無料になります。

ゴールドカードセゾンの基本情報
カード会社セゾンカード
国際ブランド・VISA・MasterCard
年会費11,000円(税込)*
※初年度無料※「年1回の利用」で翌年度も無料
ポイント還元率0.5%*
※1,000円ごとに5永久不滅ポイントを付与
ポイントプログラム永久不滅ポイント(1ポイント=5円相当)
マイル交換レート・JALマイル:200ポイント→500マイル
・ANAマイル:200ポイント→600マイル
ボーナスマイル
追加カード・家族カード:1,100円(税込)*
※最大4枚まで・ETCカード:無料
旅行傷害保険・国内旅行傷害保険:最高3,000万円(利用付帯)
・海外旅行傷害保険:最高3,000万円(利用付帯)
参照元:セゾンカード公式サイト(ゴールドカードセゾン)セゾンカード公式PDF(ゴールドカードセゾン)セゾンカード公式サイト(JALのアイテム一覧)セゾンカード公式サイト(ANAのアイテム一覧)
ゴールドカードセゾンの新規入会特典情報(2022年3月時点)
  • 公式サイトからの申し込みでショッピングリボ・キャッシングの「手数料50%」がキャッシュバック」(2022年5月31日まで)
ゴールドカードセゾンの特徴
  • 「年1回でも利用」すれば翌年度の年会費が「無料」になる
  • 貯まるポイントは「永久不滅ポイント」だから有効期限がない
  • ANAマイルの方がJALマイルよりも割高でマイルに交換できる
  • 「特定加盟店」ならポイント「2倍」
  • セゾンポイントモールならポイント「最大30倍」
  • 永久不滅ポイントからのマイル交換には「3〜4週間」かかる
  • 「ゴールド会員ホテルプラン」でホテルを優待料金で利用可能

セゾンカードのポイントサービスは「永久不滅ポイント」のため、ゴールドカードセゾンであればポイントの有効期限を気にすることがありません。

普段の買い物で「1,000円ごとに1ポイント」が付与され、貯めた永久不滅ポイントは会員サイトから「JALマイル」「ANAマイル」へとそれぞれ交換できます。

その際のマイル交換レートはJAL・ANAマイルで異なり、以下のようにANAマイルの方がJALマイルよりも1ポイント当たりの交換レートがやや良いです。 

ポイント交換先交換レート
JALマイル200永久不滅ポイント→500JALマイル
ANAマイル200永久不滅ポイント→600ANAマイル

JALマイルの場合には「200ポイント→500マイル」ですが、ANAマイルであれば「200ポイント→600マイル」で交換できます。

ちなみに他社ポイントのマイル交換レートは以下のようになっており、マイル還元率に換算すると永久不滅ポイントは「ANA JCBカード」や「アメリカン・エキスプレス・カード」と同等程度です。

永久不滅ポイントと他社ポイントのマイル交換レートを比較
ポイントサービスマイル交換レートマイル還元率
永久不滅ポイント(セゾンカード)200ポイント
→500〜600マイル(ANA・JAL)
0.5〜0.6%
Oki Dokiポイント(JCBカード)1ポイント
→3マイル(ANA・JAL)*
※ANA JCBカード会員なら「1ポイント→5〜10ANAマイル」
0.3%*
※ANA JCBカード会員なら「0.5〜1.0%」
メンバーシップ・リワード(アメリカン・エキスプレス・カード)2,000ポイント
→1,000マイル(ANA
)*※ANAアメリカン・エキスプレス・カード会員なら「1,000ポイント→1,000マイル」
0.5%*
※ANAアメリカン・エキスプレス・カード会員なら「1.0%」
楽天ポイント(楽天カード)2ポイント
→1マイル(ANA)
0.5%
参照元:JCBカード公式サイト(JALマイレージバンク)JCBカード公式サイト(ANAマイレージクラブ)American Express公式サイト(ANAのマイルに移行する)楽天ポイントクラブ公式サイト(楽天ポイントからANAのマイルへの交換ルール)

また、ゴールドカードの機能がついた家族カードも、年会費1,100円(税込)で発行できるため、家族でオトクにポイントを貯めたい方にも人気の高い1枚といえるでしょう。

ゴールドカードセゾンでマイルをアップする方法|特定加盟店ならポイント「2倍」・セゾンポイントモールならポイント「最大30倍」

ゴールドカードセゾンでマイルをたくさん貯めるには、どれだけ効率的に「永久不滅ポイントを貯められるか」によります。

普段の買い物などで直接マイルを貯められないため、「特定加盟店」や「セゾンポイントモール」などのポイントアップ店舗を利用して、効率的にポイントを貯めてからマイルに交換しましょう。

セゾンカードの特定加盟店は「西武」「ロフト」「無印良品」などがあり、通常1,000円につき1ポイントのところ「1,000円につき2ポイント」が貯まります。

ポイント2倍の特定加盟店(1,000円ごとに2ポイント付与)
  • 西武
  • ロフト
  • 無印良品
  • ザ・ガーゲン自由が丘
  • パルコ
  • 西友など

また「セゾンポイントモール」を通して普段利用している通販サイトで買い物すれば、永久不滅ポイントが最大30で貯まります。

セゾンポイントモールで利用できる通販サイトとポイントアップの割合(一部掲載)
通販サイトポイントアップ
楽天市場最大2倍
ユニクロオンラインストア最大2倍
au PAY マーケット最大3倍
エディオン・公式通販サイト最大3倍
ベルーナ最大9倍
Amazon最大9倍
トレンドマイクロ・オンラインショップ最大30倍
2022年3月時点
参照元:セゾンポイントモール公式サイト(ショップ一覧)

仮に「セゾンポイントモール」を経由してゴールドカードセゾンによって楽天市場で買い物すれば「1,000円ごとに2ポイント(永久不滅ポイント)」が貯まります。

ANA JCBワイド・ゴールド・カードはカードを持っているだけで毎年「2,000マイル」もらえる|「空港ラウンジ」と「ラウンジ・キー」が付帯

100人中4人が選んだ「マイルが貯まるおすすめクレジットカード」は、ANA JCBワイド・ゴールド・カードです。

ゴールドカードならではの付帯サービスが魅力になり、海外旅行傷害保険は最高1億円まで補償、ショッピングガード保険も年間500万円まで補償してくれます。

ANA JCBワイド・ゴールド・カードの基本情報
カード会社・ANAカード・JCBカード
国際ブランドJCB
年会費15,400円(税込)
ポイント還元率0.5%*
※1,000円ごとに1Oki Dokiポイントを付与
ポイントプログラム・Oki Dokiポイント(1ポイント=5円相当)
・ANAマイル(1マイル=1〜5円相当)
マイル交換レート・ANAマイル:1ポイント→10マイル
・JALマイル:1ポイント→3マイル
ボーナスマイル・入会搭乗ボーナス: 2,000マイル
・搭乗ごとのボーナス:25%プラス
・継続ボーナス:2,000マイル
追加カード・家族カード:年4,400円(税込)
・ETCカード:
旅行傷害保険・国内旅行傷害保険:最高5,000万円(自動付帯)
・海外旅行傷害保険:最高1億円(自動付帯)
参照元: JCB公式サイト(ANA JCBワイド・ゴールド・カード)JCB公式サイト(ANA JCBワイド・ゴールド・カード)JCBカードのおすすめ保険(ANA JCBゴールドカード)
ANA JCBワイド・ゴールド・カードの新規入会特典情報(2022年3月時点)
  • 新規入会特典として「2,000マイル」
  • 新規入会後に10万円〜150万円以上利用で「500〜8,000ポイント(2,500円〜40,000円相当)」
  • 家族カード申し込みで「最大600ポイント(3,000円相当)」など
ANA JCBワイド・ゴールド・カードの特徴
  • ショッピングガード保険は国内・海外ともに「最高500万円」まで付帯
  • カードを持っているだけで毎年「2,000マイル」もらえる
  • 「空港ラウンジ(無料)」「ラウンジ・キー(32ドル)」が利用可能
  • 「マイル自動移行(マルチポイント)コース10マイル」に無料で登録可能
  • ANAマイルの交換レートは「1ポイント→10マイル」
  • 「楽天Edy」「ANA Pay」でもマイルが貯まる
  • ANAカードマイルプラス加盟店ならポイントと別にマイルが貯まる

ANA JCBワイド・ゴールド・カードは、付帯サービスだけでなく、カードを持っているだけで毎年「2,000マイル」が付与されるなど、一般カードよりもボーナスマイルも充実しています。

ボーナスマイルANA JCBワイド・ゴールド・カードANA JCB一般カード
入会搭乗ボーナス2,000マイル1,000マイル
搭乗ごとのボーナスフライトマイルに「25%プラス」フライトマイルに「10%プラス」
継続ボーナス*
※カードを持っているだけでOK
2,000マイル1,000マイル

また、国内主要都市32空港で利用できる「空港ラウンジ」を無料で利用でき、さらに世界1,100ヶ所「ラウンジ・キー(32ドル)」まで付帯されています。

ポイントはOki Dokiポイントが「1,000円につき1ポイント(5円相当)」が貯まり、ANAマイルであれば「1ポイント→10マイル」で交換可能です。

Oki DokiポイントのANA・JALマイルの交換レートの比較
航空会社マイル交換レート
ANAマイル1ポイント→10マイル
JALマイル1ポイント→3マイル
参照元:JCBカード公式サイト(ANA JCBカードをお持ちの方は専用のマイル交換コースよりお申し込みください)JCBカード(JALマイレージバンク)

Oki DokiポイントはJALマイルにも交換できますが、交換レートは「1ポイント→3マイル」とANAマイルと比べ低めです。

ANA JCBワイド・ゴールド・カードでマイルをアップする方法|「マイル自動移行(マルチポイント)コース10マイル」に無料で登録可能・「楽天Edy」「ANA Pay」でもマイルが貯まる

前述の通りANA JCBワイド・ゴールド・カードであれば、ANAマイルに「1ポイント→10マイル」で交換できます。

一般カードでもANAマイルに「1ポイント→10マイル」で交換できますが、その場合には「マイル自動移行(マルチポイント)コース10マイル(年5,500円)」の登録が必要です。

一方、ANA JCBワイド・ゴールド・カードの場合には、「マイル自動移行(マルチポイント)コース10マイル」の年会費は無料で登録できます。

「マイル自動移行(マルチポイント)コース10マイル」のカードごとの年会費
「マイル自動移行(マルチポイント)コース10マイル」の年会費無料年5,500円
JCBカードの種類・学生カード
・ゴールドカード
・プレミアムカード
一般カード

さらに、ANA JCBワイド・ゴールド・カードであれば、電子マネーの「楽天Edy」や「ANA Pay」でもマイルが貯まります。

電子マネーマイル付与の条件
楽天Edy「200円」のチャージごとに「1マイル」付与
ANA Pay・「1,000円」のチャージごとに「6マイル」付与
・「200円」の支払いごとに「1マイル」付与
参照元:ANAカード公式サイト(電子マネー「楽天Edy」チャージで貯める)ANAカード公式サイト(ANA Payで貯める)

電子マネーチャージの場合にはマイルのみしか付与されず、Oki Dokiポイントは貯まりませんが、普段から「楽天Edy」と「ANA Pay」を利用している方であれば、よりマイルが貯めやすくなっています。

その他にも、ANAの航空券や機内販売など「ANAカードマイルプラス加盟店」を利用すればポイントと別に100〜200円につき1マイルが付与されます。

ANAカードマイルプラス加盟店(一部掲載)
ジャンル対象店舗・サービスマイルの付与
航空券・ANA(国内線・国際線)
・エアージャパン国際線
100円→1マイル
機内販売ANA機内販売(国内・国際)100円→1マイル
通販サイトANAオンラインショップ(A-style)100円→1マイル
コンビニ・ドラッグストア・セブン-イレブン
・マツモトキヨシ
・スターバックス
・200円→1マイル
・100〜200円→1マイル 
参照元:ANAカード公式サイト(ANAカードマイルプラスで貯める)

楽天ANAマイレージクラブカードは「ANAマイルコース」に設定すれば自動的にマイル貯まる|楽天市場で最大ポイント14倍

同じく100人中4人が選んだ「マイルが貯まるおすすめクレジットカード」は、楽天ANAマイレージクラブカードです。

楽天カード、楽天Edy、ANAマイレージクラブカードがこの1枚に凝縮されており「ANAマイルコース」に設定しておけば、普段の買い物で「200ごとに1マイル」が貯まります*。

※「ANAマイルコース」に設定すると“楽天ポイント”は貯まりません。

楽天ANAマイレージクラブカードの基本情報
カード会社楽天カード
国際ブランド・VISA・MasterCard・JCB
年会費550円(税込)*
※初年度無料
※年1回の利用で2年目以降も無料
ポイント還元率1.0%*
※100円ごとに1楽天ポイントを付与
※「楽天ポイントコース」選択時のみ付与
マイル還元率0.5%*
※200円ごとに1ANAマイルを付与
※「ANAマイルコース」選択時のみ付与
マイル交換レート2ポイント→1マイル(ANA)
ポイントプログラム・楽天ポイント・ANAマイル
ボーナスマイル
追加カード・家族カード:無料*
※最大5枚
・ETCカード:年550円(税込)*
※楽天会員がプラチナ以上で「年会費無料」
旅行傷害保険・国内旅行傷害保険:-
・海外旅行傷害保険:最高2,000万円(自動付帯)
参照元:楽天カード公式サイト(楽天ANAマイレージクラブカード)楽天ポイントクラブ公式サイト(楽天ポイントからANAのマイルへの交換ルール)楽天カード公式サイト(海外旅行傷害保険)
楽天ANAマイレージクラブカードの新規入会特典情報(2022年3月時点)
  • 新規入会特典として「2,000ポイント」
  • 新規入会後のカード利用で「3,000ポイント」
楽天ANAマイレージクラブカードの特徴
  • 年1回でも利用すれば翌年の年会費無料
  • 「ANAマイルコース」を設定すれば普段の買い物で「200円につき1マイル」が貯まる
  • ANA国内線の空港カウンター手続きが不要になる「スキップサービス」が付帯
  • 楽天Edyチャージで「200円につき1マイル」が貯まる
  • 楽天市場の買い物ならポイント還元率「3倍」
  • 「ANAマイルコース」と「楽天ポイントコース」は併用できない
  • 「入会後搭乗ボーナス」などのボーナスマイルはない

楽天ANAマイレージクラブカードの年会費は「550円(税込)」と有料ですが、初年度は無料で利用でき、さらに年1回でも利用すれば2年目以降も無料で利用可能です。

「ANAマイルコース」と「楽天ポイントコース」という2つのコースがあり、「ANAマイルコース」に設定しておけば、普段の買い物で「200円ごとに1マイル」が貯まります。

また「楽天ポイントもANAマイルもどちらも貯めたい」という方は、「楽天ポイントコース」に設定しておけば、ポイント交換によって貯めたポイントをANAマイルに交換できます。

例えば「楽天ポイントコース」を選択中に、楽天ポイントが「5,000ポイント」貯まったとしても、その半分の2,500ポイントをポイント交換によってANAマイルに交換すれば、楽天ポイントもANAマイルもどちらも貯められます。

ただ、ANAマイルの還元率は楽天ポイントの還元率の半分の「0.5%」しかありません。

楽天ANAマイレージクラブカードのポイント還元率
ポイントサービスポイント(マイル)還元率
楽天ポイント1.0%
ANAマイル0.5%

特典航空券や座席アップグレードなど、マイルを利用しなければ、安易に「ANAマイルコース」には設定しないほうがいいでしょう。

とはいえ、楽天ANAマイレージクラブカードには通常の楽天カードにはない「スキップサービス」があり、ANAの国内線であれば空港カウンター手続きが不要になります。

さらに、「ANAマイルコース」と「楽天ポイントコース」は会員サイトの「楽天e-NAVI」から簡単に変更でき、複数のANAマイルを一つにまとめることも可能です。

楽天ANAマイレージクラブカードでマイルをアップする方法|楽天市場の「SPU」を上げれば最大ポイント14倍・「楽天カードポイントプラス」対象店舗を利用する

楽天ANAマイレージクラブカードによってマイルをたくさん貯めるには、楽天市場の「SPU」や「楽天カードポイントプラス」対象店舗を利用するのがポイントです。

「SPU」とは

「スーパー・ポイント・アッププログラム」のことで、楽天サービスによって楽天市場のポイント倍率が最大14倍にアップします。

仮に、楽天ANAマイレージクラブカードで楽天市場から買い物すると、通常の3倍にポイントアップするため、100円につき3ポイントが付与されます。

さらに、楽天トラベルを利用して旅行や出張のパックプランを利用すれば、SPUは4倍になるため、仮に1万円の宿泊プランを楽天ANAマイレージクラブカードで決済すれば400ポイント(200マイル)が貯まります。

楽天市場のSPUは他にもあり、以下のように楽天モバイルや楽天市場アプリなど、楽天サービスを利用すればするほど高くなりマイルもより貯められます。

楽天市場のSPU一覧
楽天サービスポイント倍率
楽天カード(通常分)+1倍
楽天カード(特典分)+1倍
楽天プレミアムカード(特典分)+2倍
楽天銀行+楽天カード+1倍
楽天の保険+楽天カード+1倍
楽天モバイル+1倍
楽天モバイル(キャリア決済)+0.5倍
楽天ひかり+1倍
楽天証券+1倍
楽天ウォレット+0.5倍
楽天トラベル+1倍
楽天市場アプリ+0.5倍
楽天ブック+0.5倍
楽天Kobo+0.5倍
Rakuten Pasha+0.5倍
Rakuten Fashionアプリ+0.5倍
楽天ビューティー+0.5倍
最大+14倍
2022年2月時点
参照元:楽天公式サイト(SPUとは?)

また、以下の「楽天カードポイントプラス対象店」を利用すれば、楽天ポイントは1.5〜5倍になります。

楽天ポイントのポイントアップ店舗・サービス(一部掲載)
店舗・サービス名ポイントアップ
・ENEOSサービスステーション
・ENEOSでんき/ENEOS都市ガスなど
1.0%→1.5%
・AOKI
・アート引越センター
・カメラのキタムラ
・スタジオマリオ
・ハート引越しセンター
・徳タクなど
・ベストワンクルーズなど
1.0%→2.0%
・イースマイル1.0%→3.0%
・タイヤセレクト1.0%→5.0%
2022年3月時点
参照元:楽天カード公式サイト(楽天カードポイントプラス)

上記の楽天市場やポイントアップ店舗を利用すると「ANAマイルコース」に設定していても楽天ポイントとして付与されますが、翌月15日頃には「2ポイント→1マイル」として自動的にANAマイルに交換してくれます。

そのため、楽天市場やポイントアップ店舗で楽天ポイントをたくさん貯めれば、おのずとマイルもたくさん貯められます。

ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードはANAグループの買い物でポイント2.5倍|ワンランク上の空港ランジ「プライオリティパス」が無料で利用可能

100人中1人が選んだ「マイルが貯まるおすすめクレジットカード」は、ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードです。

ANAとアメリカンエキスプレスが提携して発行しているブラックカードになり、搭乗ごとのボーナスマイルは50%と高く、さらにANA航空券などANAグループの買い物であればポイント還元率は「2.5%」にアップします。

ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードの基本情報
カード会社・ANA(全日本空輸)・アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド
国際ブランドAmerican Express
年会費165,000円(税込)
ポイント還元率1.0%*
※100円ごとに1メンバーシップ・リワードを付与
ポイントプログラムメンバーシップ・リワード(1ポイント=1円相当)
マイル交換レート1,000ポイント→1,000マイル
ボーナスマイル・入会搭乗ボーナス:10,000マイル
・搭乗ごとのボーナス:50%
・継続ボーナス:10,000マイル
追加カード・家族カード:無料(最大4枚まで)
・ETCカード:新規発行手数料935円(年会費無料)
旅行傷害保険・国内旅行傷害保険:最高1億円(利用付帯)
・海外旅行傷害保険:最高1億円(利用付帯)
参照元:American Express公式サイト(ANAアメリカン・エキスプレス®・ プレミアム・カード)American Express公式サイト(旅行傷害保険)
ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードの新規入会特典情報(2022年3月時点)
  • 新規入会特典として「10,000マイル」
ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードの特徴
  • ANA航空券やANAグループ利用でポイント「2.5倍」
  • 「ANAカードマイルプラス加盟店」なら「100円につき2マイル」を付与
  • 「ANAラウンジ」が無料
  • 「プライオリティ・パス(VIPラウンジ)」が無料
  • 「手荷物無料宅配サービス(スーツケース1個まで)」が付帯
  • 空港内店舗(ANA FESTA)で「5%オフ」
  • ANAの機内販売で「10%オフ」
  • ANAオンラインショップで「5%オフ」
  • 「スマートフォン・プロテクション」でスマホ修理代金を「5万円」まで補償

ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードの年会費は、以下のように一般カードやゴールドカードと比べると「165,000円」とかなり高めですが、家族カードは最大4枚まで無料で発行可能です。

一般会員ゴールド会員プレミアム会員
年会費(税込)・本会員:7,700円
・家族会員:2,750円
・本会員:34,100円
・家族会員:17,050円
・本会員:165,000円
・家族会員:無料*
※最大4枚まで
空港ラウンジサービス空港ラウンジ空港ラウンジ・ANAラウンジ
・プライオリティ・パス
旅行傷害保険・国内:最高2,000万円(利用付帯)
・海外:最高3,000万円(利用付帯)
・国内:最高5,000万円(利用付帯)
・海外:最高1億円(利用付帯)
・国内:最高1億円(利用付帯)
・海外:最高1億円(利用付帯)

また、ラウンジサービスは「ANAカードラウンジ」と「プライオリティパス」がそれぞれ無料で利用でき、一般カードやゴールドカードで利用できる「空港ラウンジ」よりもサービス内容は充実しています。

旅行傷害保険に関しても、国内・海外ともに最高1億円まで補償が付いています。

ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードでマイルをアップする方法|ANA航空券などANAグループを利用すればポイント「2.5倍」

ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードによって、ANA航空券などANAグループを利用すれば、ポイント還元率は「2.5%」にアップします。

ANAグループ利用時のポイント還元率をカードごとに比較
  • ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード: 2.5%
  • ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード:2.0%
  • 一ANAアメリカン・エキスプレス・カード(一般カード): 1.5%

また、ボーナスマイルも一般会員やゴールド会員と比べると高く、入会搭乗ボーナスと継続ボーナスはどちらも10,000マイルが付与されます。

ボーナスマイル会員ランクごとのボーナスマイル
入会搭乗ボーナス・プレミアム会員:10,000マイル
・ゴールド会員:2,000マイル
・一般会員:1,000マイル
搭乗ごとのボーナス・プレミアム会員:50%プラス
・ゴールド会員:25%プラス
・一般会員:10%プラス
継続ボーナス・プレミアム会員:10,000マイル
・ゴールド会員:2,000マイル
・一般会員:1,000マイル

搭乗ごとのボーナスマイルに関しても通常のフライトマイルに対して「50%プラス」で付与されるため、ANAの利用が多い方であればANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードを一度検討してみましょう。

さらに、ANAカードマイルプラスは「100円ごとに2マイル」が貯まるため、ANA航空券などANAグループの利用であればマイル還元率は「4.5%」にもなります。

ANAカードの会員ランクANAカードマイルプラスの付与
プレミアム会員100円ごとに2マイル
一般会員ゴールド会員100円ごとに1マイル

ANAカードプレミアムで、ANA航空券や機内販売、ショッピングサイト「ANAショッピング A-style」をご利用いただくと、通常100円(税込み)につき1マイルのところ、2マイルが積算されます。

引用元:ANA公式サイト(ANAカードマイルプラスで貯める)

仮に30,000円のANA航空券をANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードで購入すれば、1,350マイルが付与されます。

MileagePlusセゾンゴールドカードのマイル還元率は通常でも「1.5%」と高い|マイルは有効期限がない「マイレージプラス」が貯まる

同じく100人中1人が選んだ「マイルが貯まるおすすめクレジットカード」は、MileagePlus(マイレージプラス)セゾンゴールドカードです。

セゾンカードとユナイテッド航空が提携しているクレジットカードになり、普段の買い物では有効期限がない「マイレージプラス」というマイルが貯まります。

MileagePlusセゾンゴールドカードの基本情報
カード会社セゾンカード
国際ブランド・VISA・MasterCard・American Express
年会費22,000円(税込)
マイル還元率1.5%*
※1,000円ごとに15マイレージプラス・マイルを付与
ポイントプログラムマイレージプラス・マイル(ユナイテッド航空)
ボーナスマイル継続マイルボーナス:1,500マイル*
※国際ブランドが「American Express」のみ
追加カード・家族カード:年5,500円(税込)
・ETCカード:無料
旅行傷害保険・国内旅行傷害保険:最高5,000万円(利用付帯)
・海外旅行傷害保険:最高5,000万円(利用付帯)
参照元: セゾンカード公式サイト(MileagePlusセゾンゴールドカード)セゾンカード公式サイト(MileagePlusセゾンゴールドカード)セゾンカード公式PDF(MileagePlusセゾンゴールドカード)
MileagePlusセゾンゴールドカードの新規入会特典情報(2022年3月時点)
  • 2022年3月時点での新規入会特典情報はありません
MileagePlusセゾンゴールドカードの特徴
  • マイル還元率は「1.5%」と他と比べても高め
  • カード申込には「ユナイテッド航空のマイレージプラス・プログラム」の登録(無料)が必要
  • 「マイレージプラス」ならマイルの有効期限がない
  • 貯めたマイルはANAやユナイテッド航空の特典航空券に交換できる
  • 「現地通貨引き出しサービス」で24時間いつでも海外ATMから現地通過を引き出せる
  • 空港ラウンジが無料で利用可能
  • 国際ブランドが「American Express」なら2年目以降毎年「1,500マイル」のボーナスマイル

MileagePlusセゾンゴールドカードのマイル還元率は、上記で紹介しているJALカードやANAカードと比べても高く、普段の買い物だけで「1.5%」でマイルが貯まります。

MileagePlusセゾンゴールドカードと他社カードのマイル還元率を比較
カードの種類マイル還元率マイルの貯まり方
MileagePlusセゾンゴールドカード1.5%(ユナイテッド航空)普段の買い物で貯まる
JALカード0.5〜1.0%(JAL)普段の買い物で貯まる
ANAカード0.3〜1.0%(JAL・ANA)ポイント交換で貯まる
セゾンカード0.5〜0.6%(JAL・ANA)ポイント交換で貯まる
楽天カード0.5%(ANA)ポイント交換で貯まる

仮に、MileagePlusセゾンゴールドカードで「3万円」の商品を購入すれば、翌月には「450マイル」が貯まります。

また、MileagePlusセゾンゴールドカードの場合には、マイルの有効期限がないユナイテッド航空社のマイルで貯まるため、うっかりマイルを失効してしまう心配もありません。

※ANA・JALマイルの有効期限はそれぞれ3年間です

貯めたマイルはユナイテッド航空やANAの「特典航空券」や「座席クラスのアップグレード」などに交換可能です。

なお、MileagePlusセゾンゴールドカードを申し込むには、事前に「ユナイテッド航空のマイレージプラス・プログラム」のアカウント登録(無料)が必要です。

MileagePlusセゾンゴールドカード公式サイトからマイレージプラス・プログラム公式サイトに遷移でき、氏名や住所などを記入するだけでアカウント登録ができます。

MileagePlusセゾンゴールドカードでマイルをアップする方法|国際ブランドを「American Express」にすれば継続マイルボーナスとして毎年「1,500マイル」もらえる

MileagePlusセゾンゴールドカードの国際ブランドを「American Express」にすれば、継続ボーナスマイルとして毎年「1,500マイル」がもらえます。

American Expressを選んだとしても年会費が高くなることはなく、VISAやMasterCardと同じように日本全国どこでも使えます。

アメリカン・エキスプレスのカードは、JCBとのパートナシップにより、日本全国で使えます。

引用元:American Express公式サイト(アメリカン・エキスプレスが使えるところ)

さらに、MileagePlusセゾンゴールドカードは、ユナイテッド航空だけでなく「スターアライアンス」の航空会社を利用してもマイレージプラスが貯まります。

「スターアライアンス」とは、世界最大の航空連合(アライアンス)になり、2022年3月時点ではユナイテッド航空やANAなど合計26もの航空会社が加盟しています。

参照元:スターアライアンス公式サイト(スターアライアンス加盟航空会社)

そのため、ANAなどスターアライアンスに加盟している各航空会社のフライトでもマイレージプラスが貯まります。

貯めたマイレージプラスはANAなどスターアライアンスの航空会社が提供している特典航空券にも交換可能です。

ちなみに、JALはスターアライアンスに加盟しておらず「ワンワールドアライアンス」という航空連合に加盟しています。

仮に、MileagePlusセゾンゴールドカードによってJALのフライトを利用してもマイレージプラスは貯まりません。

参照元:JAL公式サイト(JAL +on World)

マイルに関する注意点や処世術を紹介|「マイルの有効期限」「アライアン」「特典航空券」を知っておこう

最後にマイルに関する注意点やポイントをいくつか紹介していきます。

JALとANAのマイルには有効期限(3年間)がある

マイルの有効期限は航空会社ごとで異なります。

以下のようにJALとANAのマイルには3年間という有効期限がありますが、ユナイテッド航空やデルタ航空のマイルの場合には有効期限がありません。

航空会社ごとのマイル有効期限を比較
航空会社マイレージプログラムマイル有効期限
JALJALマイレージバンク有効期限あり(3年間)
ANAANAマイレージクラブ有効期限あり(3年間)
ユナイテッド航空マイレージプラス有効期限無し
デルタ航空スカイマイル有効期限無し
参照元:JAL公式サイト(マイルの有効期限は36カ月間!)ANA公式サイト(マイルの有効期限)MileagePlusセゾンカード公式サイト(ユナイテッド航空「マイレージプラス」のマイルは有効期限がありません)デルタ空港公式サイト(デルタ航空、スカイマイルのマイル有効期限を廃止)

そのため、マイルの有効期限を気にしたくない方であれば、ユナイテッド航空やデルタ航空など海外のマイレージプログラムに登録するのがおすすめです。

仮に海外のマイレージプログラムでも、同じアライアンス(航空連合)であれば国内のJALやANAのフライトでもマイルを貯められます。

また、JALやANAのマイルには有効期限がありますが、国内のマイレージプログラムであれば楽天ポイントやdポイントなど他社ポイントへ交換可能です。

マイルから他社ポイントへの交換先(一部掲載)
航空会社交換可能な他社ポイント
JALマイル・dポイント・Pontaポイント
・amazonギフト券
・ビックポイント(ビックカメラ)
ANAマイル・楽天ポイント
・Tポイント
・nanacoポイント
参照元:JAL公式サイト(パートナー特典)ANA公式サイト(提携ポイントへの交換 )
※ポイント交換レートは記事上部で紹介しています

JALやANAのマイルを特典航空券などに交換しなくても、普段利用している他社ポイントに交換すれば有効期限を迎える前にポイントを消化しやすくなります。

「アライアンス(航空連合)」が同じであれば海外の航空会社でもANAマイルやJALマイルを貯められる|特典航空券も相互交換が可能

各航空会社は「アライアンス(航空連合)」に加盟しており、主に「スターアライアンス」「ワンワールド」「スカイチーム」の3つがあります。

アライアンスごとの加盟航空会社の数
航空連合(アライアンス)加盟航空会社の数主な航空会社
スターアライアンス26社・ANA
・ユナイテッド航空
・中国国際空港
・ニュージランド空港など
ワンワールド14社・JAL
・アメリカン航空
・アラスカ航空
・フラッグシップ航空会社など
スカイチーム13社・デルタ航空
・大韓航空
・上海航空
・ベトナム航空など
2022年3月時点
参照元: ANA公式サイト(スターアライアンスのご案内)JAL公式サイト(JAL+oneworld)HIS公式サイト(スカイチーム)

「アライアンス」とは、フライト利用者へのサービス向上や利便性を高める目的で作られた航空連合のことです。

仮に、普段貯めているマイルとは別の航空会社に搭乗したとしても、加盟しているアライアンスが同じであればマイルを貯められます。

たとえば「スターアライアンス」であれば、ユナイテッド航空(マイレージプラス)のフライト利用でもANAマイルを貯めることができ、逆にANAのフライト利用でもユナイテッド航空のマイレージプラスを貯められます。

また「アライアンス」が同じであれば、異なるマイルでも他の航空会社の特典航空券への相互交換可能です。

参照元:ANA公式サイト(提携航空会社特典航空券)JAL公式サイト(マイルをつかって世界各地へ)

「アライアンス」の知識を知っておけば、普段貯めているマイルによってわざわざ航空会社を合わせることもありません。

他社ポイント交換よりも「特典航空券」の方が1マイルの価値が高い場合がある

JAL・ANAマイルを楽天ポインやamazonギフト券など他社ポイントに交換するよりも「特典航空券」に交換する方が1マイルの価値が高い場合があります。

JAL・ANAマイルによる他社ポイントの交換レートは「10,000マイル→10,000ポイント」のため「1マイルの価値は1円相当」です。

航空会社マイルからポイントへの交換レート1マイルの価値
JAL・dポイント:10,000マイル→10,000ポイント
・Pontaポイント:10,000マイル→10,000ポイント
・ビックポイント:10,000マイル→10,000ポイント
・amazonギフト券:10,000マイル→10,000円分
1円相当
ANA・楽天ポイント:10,000マイル→10,000ポイント
・Tポイント:10,000マイル→10,000ポイント
・nanacoポイント:10,000マイル→10,000ポイント
1円相当

一方、JALとANAの特典航空券は「12,000マイル」から国内線(往復)の東京大阪間などに交換でき、実際の航空運賃はおよそ「1万3,000円〜2万6,000円」です。

航空会社東京〜大阪間(往復)の
特典航空券に必要マイル
東京(羽田)〜大阪(関西)の
往復運賃(普通席)
1マイルの価値
JAL12,000マイル14,630円〜26,430円1.2円〜2.1円相当
ANA12,000マイル13,430円〜26,330円1.1円〜2.1円相当
参照元:JAL公式サイト(JALグループ国内線特典航空券 マイル早見表)JAL公式サイト(国内線運賃)ANA公式サイト(シーズン・必要マイルチャート)ANA公式サイト(国内線航空券)

他社ポイント交換と特典航空券の1マイルの価値をそれぞれ比較すると、JAL・ANA共に特典航空券の方が高くなっています。

12,000マイルの利用先交換レート1マイルの価値
他社ポイントに交換10,000マイル
→10,000ポイント
1円相当
JAL東京・大阪間(往復)の特典航空券に交換12,000マイル
→14,630円〜26,430円の運賃相当
1.2円〜2.1円相当
JAL東京・大阪間(往復)の特典航空券に交換12,000マイル
→13,430円〜26,330円の運賃相当
1.1円〜2.1円相当

とはいえ、航空運賃は区画や早期割引によって1マイルの価値は変動し、場合によっては1マイルの価値が1円未満になることもあります。

すべてのケースで特典航空券の方が他社ポイント交換よりも価値が高くなる訳ではありませんが、安易に他社ポイントに交換するとやや損をしてしまう可能性があります。

ポイントをマイルに交換して特典航空券を取得する場合には空席があるかチェックする

今では楽天ポイントやOki Dokiポイントなど、さまざまなポイントサービスがあり、貯めたポイントはマイルに交換できます。

そのため貯めたポイントをJAL・ANAマイルに交換すれば特典航空券の取得が可能ですが、その際には特典航空券の空きがあるかチェックしておくのがポイントです。

仮に、貯めたポイントで特典航空券を取得しようとマイルに交換した後に、肝心の特典航空券の空きがなければ、交換したマイルの利用先に困ってしまいます。

また、他社ポイントをマイルに交換すると1ポイントの価値も下がってしまうこともあります。

例)
楽天ポイントをANAマイルに交換すると「2ポイント→1マイル」のため、1ポイントの価値は半分ほどに下がってしまいます。

そのようなことがないように、ポイントを使って特典航空券を取得する際には、事前に特典航空券の空きがあるかをチェックしておきましょう。

現役利用者100人が選んだ「マイルを貯めやすいおすすめのクレジットカード」まとめ

カード名年会費(税込)おすすめポイント還元率
ANAアメリカン・エキスプレス・カード
・7,700円*
※「ポイント移行コース」を
利用すると「年14,300円」
・ANAグループ利用でポイント「1.5倍」
・「空港ラウンジ」が無料
1.0%〜
JAL 普通カード
2,200円*
※初年度無料
・普段の買い物でマイルが貯まる
・JALカード特約店でマイル還元率「1.0%」にアップ
0.5%〜
ANAソラチカ一般カード
2,200円*
※初年度無料
・東京メトロの乗車で「メトロポイント」が貯まる
・「メトロポイント」は「ANAマイル」と相互交換が可能
0.5%〜
Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・カード
アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード
(旧SPGアメリカン・エキスプレス・カード)
49,500円・通常のポイント還元率でも「3.0%」と高い
・年間150万円以上利用で「ホテルの無料宿泊特典」がもらえる
3.0%〜
JALカードnavi(学生専用)
無料・在学期間中は「年会費が無料」
・マイル還元率はJAL普通カードの「2倍」
1.0%~
ANA JCB一般カード
2,200円*
※初年度無料
・カードを持っているだけで毎年「1,000マイル」もらえる
・「ANAカードマイルプラス加盟店」ならマイルが「2倍」
0.5%〜
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
34,100円・ANAグループ利用でポイント「2倍」
・「空港ラウンジ」が無料
1.0%〜
ゴールドカードセゾン
11,000円・1回でも利用すれば「翌年無料」
・特定加盟店ならポイント「2倍」
0.5%〜
ANA JCBワイド・ゴールド・カード
15,400円・カードを持っているだけで毎年「2,000マイル」もらえる
・ANAマイルの交換レートは一般カードの「2倍」
0.5%〜
楽天ANAマイレージクラブカード
550円*※年1回の利用で翌年無料・年1回でも利用すれば翌年の年会費無料
・楽天市場の利用でポイント還元率「最大+14倍」
「楽天ポイントコース」:1.0%〜 
「ANAマイルコース」:0.5%〜
ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード
165,000円・ANAグループ利用でポイント「2.5倍」
・「ANAラウンジ」と「プライオリティ・パス」が無料で利用可能
1.0%〜
MileagePlusセゾンゴールドカード
22,000円・マイル還元率は通常でも「1.5%」と高め
・空港ラウンジが無料
1.5%〜

ここまでマイルの貯め方や使い方、マイルをアップする方法、マイルを貯めやすいおすすめのクレジットカードについて紹介してきました。

マイルはカードを発行している会社によって還元率が大きく異なり、ポイントの種類やサービスも多種多様なため、それぞれの特徴や利点によって、自分に合ったカードを選ぶことが重要です。

ぜひ皆さんもこの記事を参考に、ご自身に最適なマイルを貯めやすいクレジットカードを見つけてみてください。

タイトルとURLをコピーしました