キャッシングとは?クレジットカードでお金を借りる手順を詳しく解説

ショッピングでの支払いや家賃、光熱費などの固定費用の支払いで便利に使えるクレジットカード。

そこに現金のやり取りはなく、カードで支払い後からカード会社へ支払うという流れが通常だと考えられている方も少なくないかと思います。

ですが、クレジットカードにも直接、お金を借りる機能を付けることで決済時ではなく、急な現金の支払いなどでも便利に利用できる機能があります。

いつも使っているショッピング枠とは別に、直接現金を借りられるキャッシング枠というものがあり、契約した限度額の範囲内で現金の借り入れが可能です。

そこで本記事では、いつも使っているショッピング枠ではなく、直接現金を借入するキャッシング枠にフォーカスし詳しく解説していきます。

クレジットカードで現金の借り入れができるキャッシングとは?

キャッシング枠でよく誤解されているものが、ショッピング枠の限度額の範囲と同額分ほど借入出来ると考えていることです。

直接、現金の借入を希望する場合は、ショッピング枠とは別にキャッシング枠を新たに契約し設けてもらわなければ借入することはできません。

また、初回のカード契約時に同時にキャッシング枠を契約している場合は、すでに契約自体は済んでいますので、銀行などの金融機関へ振込キャッシングか、各金融機関のATMから出金することがいつでも可能です。

キャッシングとカードローンの違い

キャッシングという名称は、現金を借り入れできるサービスの総称として使われますが、キャッシングには、カードローンとカード付帯のキャッシングの2種類があります。

言ってしまうとどちらも、現金を直接振込やATM出金を行う事ができるローン商品の1つです。

借入できる金利もほとんど変わらないため、ローン商品としては優劣はほとんどないと言えますが、カードローンの場合は現金を直接借入のみの専用ローンとなります。

キャッシング枠上限の決め方

セゾンクレジットカードのアプリ画面より
クレジットカードはショッピング枠とキャッシング枠が分かれている

クレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠が別々に設けられています。

しかし、利用できる総量は連動しておりキャッシングの上限金額は、ショッピング枠に含まれます。

例えば、ショッピング枠100万円のうちキャッシング枠20万円という場合、クレジットカード全体の利用枠が100万円で、そのうちキャッシングとして使える金額が20万円までとなります。

ショッピング枠を90万円使ってしまった場合、100-90=10となり、キャッシングの上限金額は10万円となります。

キャッシングを使う場合、上限枠を理解しておかないと、いざ使おうとしたらキャッシングが使えなかった、という事態に陥ることもあり得ます。

海外でもキャッシング可能

タイのATM写真の一例

クレジットカードは、海外で現地の通貨をキャッシングできるサービスがあります。

借り入れる手順は日本国内と同じで、ATMへカードを挿入し、言語を選択の上、希望金額を入力するだけです。

ATM利用手数料と利息はかかりますが、両替手数料がかからないので、両替よりもお得な場合もあります。

返済はショッピング枠を同じく、口座引き落としが基本です。

クレジットカードは世界で普及しているので、外国でも簡単に利用できるメリットがあります。

JCBやVISA、MasterCardのような大手カード会社は、外国のスーパーやコンビニでもお金を借りられます。

一方でカードローンの場合は、お金を借りられるシーンは国内に限られます。クレジットカードのキャッシングとカードローンの大きな違いは海外で直接現金を借入できるかということも挙げれます。

ただし、キャッシング枠でも国内に限定されていることもありますので、出国前には必ずカード会社へ出国先の国でキャッシングできるのか確認しておきましょう。

キャッシング枠は後から契約する事ができる

キャッシング枠は年収の1/3までの契約しかすることが出来ない

キャッシング枠は必要な場合、申込時にあわせて申請しますが、後で申請しての契約を行うことも出来ます。

キャッシング枠の付与にはショッピングとはまた別に審査が必要です。

審査内容は、年収や勤続年数、利用しているカードや他社での利用実績などで、クレジットカードの審査とは別に、あらためて審査が行われます。

キャッシングには総量規制のルールが適用されるため、借入上限は年収の3分の1までとなります。

複数の会社から借り入れがある場合、すべて合算して審査が行われ、年収300万円の方でキャッシングやカードローンで30万円の借入がすでにある方だと、70万円が契約できる最大の限度額となります。

キャッシングの借り入れ方法はキャッシュカードと同じ要領で出金できる

クレジットカードのキャッシングは、簡単に借り入れが可能です。

借り入れについて詳しく見ていきましょう。

借り入れはATMや口座への直接入金で対応する

急ぎの場合、直接ATMから出金する方法とインターネットや電話にて借り入れの申込みを行うとすぐに登録口座へ入金される方法を選択しましょう。

キャッシング枠の利用申込みを済ませると、近くのATMで借り入れが可能になります。

振り込み、ATMでの借り入れ、どちらともあらたな手続きがなくすぐに借り入れができるため、急遽現金が必要になった場合でもコンビニの提携ATMまで行けばいつでも融資を受けることが出来ます。

現金を手にするまでの手順は、口座からお金を下ろすのとほぼ同じ手順(後述にて解説)で出金することが出来ます。

携帯電話の料金や光熱費の引き落とし日に口座にお金がなくても、キャッシングの借り入れを使うことで、急場をしのぐことができるため、いざという時のために契約しておくというのも便利です。

クレジットカードのキャッシングは、1日に引き出せる限度額が決まっており、カード会社によって異なるものの、最大50万円までとされていることが一般的です。

キャッシングの流れ

ローソン銀行ATMの写真
多くのクレジットカードはコンビニATMから出金することが可能

クレジットカードを使ったキャッシングはキャッシュカードから出金するのとほとんど変わらない手順で出金することが出来ます。

ATMからの借入手順
  1. クレジットカードをATMに入れる
  2. ATM画面のお借入を押す
  3. 暗証番号を押す
  4. 返済方法、一回払い、リボ払いを選択
  5. 借入金額を入力し、現金とカードを回収する

以上の手続きで完了となりますが、返済方法を選択する画面があるため、返済計画に合わせた返済方法を選択しましょう。

ATMは提携ATMを利用します。コンビニや銀行のATMを利用できます。

返済の基本は口座引き落とし

キャッシングの返済方法は、ショッピング枠の利用分と合わせて決められた日に口座引き落としされます。

一括返済とリボ払いによる分割払いがあり、自由に選択できます。

キャッシング1回払い

キャッシング1回払は、借りたお金を1回で返済する方法です。

1回で返済するため。利息の負担が最小限で済みます。

キャッシング1回払いは支払日の口座引き落としが基本となっています。

キャッシングリボ払い

キャッシングリボ払いは、毎月設定した金額を返済する方法です。

毎月の口座引き落としの他に、ATMからの返済を受け付けている会社も多くあります。

リボ払いの種類には、元金定額払い、残高スライド元金定額払い、ボーナス併用払いなどの返済方法があります。

リボ払いと金利は密接な関係にある

クレジットカード会社によって異なりますが、リボ払いの金利は利率が決められています。

リボ払いの実質年率は15%前後が多く、実質年率とは借り入れが1年間続いた場合の比率のことを指します。

実務上、日利計算となるため。支払い期間次第で手数料に差がでます。

元利定額と元金定額

リボ払いの返済にはいくつかの種類があります。

リボ払いの基本的な返済方式
返済方式返済内容
元利定額毎月の一定の元金に利息を追加した金額を返済「元金」部分のみが定額で、
そこに利息を追加するので、返済額は毎月変わる
元金定額元金と利息を足した一定の金額を毎月返済月々のご返済額は変動せず、
返済額のうち、元金の割合が変動する
元金定額のほうが、元金が早く減るため総返済額を抑えられる

元利定額方式は、毎月の返済額が一定なので、返済計画を立てやすい点が特徴です。

クレジットカードのキャッシングは、元利定額払いが採用されていることが多いです。

【元利定額の返済例】毎月2万円を返済額とした場合
  • 元金定額返済:元金2万円+利息
  • 元利定額返済:返済額2万円のうちに利息も含まれる
    ※返済後の残高は2万円から利息を引いた金額分が返済される

定額返済と定率返済

定額返済と定率返済についても解説します。定額返済は前述のとおり、毎月一定額を返済する方法です。

一方定率返済は、借入残高に一定の割合を掛けた金額を返済します。残高が変化すると、それに伴い返済額も変化する返済方式です。

定額返済に比べると、定率返済を採用している会社はあまり多くありません。

各返済方式の例
  • 定額返済:毎月2万円返済
  • 定率返済:定率3%の場合、借り入れ残高20万円で20万円×3%=6,000円の返済、残高10万円で、10万円×3%=3,000円の返済

残高スライド方式について

残高スライド方式は、借入残高によって月々の返済額が変動する返済方法です。

よく採用されている返済方式3パターン
  • 元利定額リボルビング方式
  • 残高スライド元利定額リボルビング方式
  • 元金定額リボルビング方式

それぞれの内容を詳しく見ていきましょう。

元利定額リボルビング方式

元利定額リボルビング方式は、毎月の返済額が一定となる点が特徴ですが、返済額の中に利息が含まれており、元金の残高がわかりにくい点に注意が必要です。

残高が多い返済当初は利息の割合が多くなり、借り入れ残高がなかなか減りません。

返済金額を安く設定していると、借り入れ残高がずっと減らずに利息ばかり払い続ける状況に陥ってしまう可能性があります。

残高スライド元利定額リボルビング方式

残高スライド方式は、借入残高が減ると毎月の返済金額が減ります。

元利定額方式は元金と利息を合算した毎月の返済金額が同じ金額になる方式です。

残高スライド方式と元利定額返済方式を組み合わせた残高スライド元利定額方式は、毎月の返済金額が減っていくメリットと、返済額が毎月一定となるメリットを兼ね備えています。

借入残高が減るとその分だけ返済金額が減額されるのですが、返済期間が長くなってしまい、余計な利息を支払うことになってしまう可能性があります。

返済期間を短縮するために、繰り上げ返済をうまく活用すると良いでしょう。

元金定額リボルビング方式

元金部分が一定金額で、加えて利息を返済していく方式です。

利息の分だけ毎月の返済額が変動しますが、借り入れ残高が把握しやすい特徴があります。

元金の減りも早く、支払金額も安く済みますが、キャッシングの返済方式にはあまり採用されていません。

クレジットカードでキャッシングした場合の金利

お金を借りて、一定期間後に返済する場合、利息分を上乗せして返済しなければいけません。

主なクレジットカード会社の金利を抑えておきましょう。

主なクレジットカード会社のキャッシング実質年利

主なクレジットカード会社のキャッシング実質年利一覧
クレジットカード会社キャッシング実質年利
イオンカード年7.8~18.0%
ニコスカード年14.94~17.94%
三井住友カード年18.0%
オリコカード年15.0~18.0%
マルイカード年18.0%
ヤフーカード年18.0%
楽天カード年18.0%
エディオン年18.0%
セゾンカード年12.0~18.0%

主要カード会社のキャッシング実質年利は、年14~18%で収まっています。

キャッシングを検討する場合、借りようとしている金額に対して、どの程度の金利が適用されるのか事前にしっかり把握しておきましょう。

繰り上げ返済のメリット

支払利息を少しでも抑えたい場合は、繰り上げ返済をうまく活用しましょう。

繰り上げ返済のメリットは2つです。以下に詳しく解説します。

総返済額が減る

キャッシングは借入残高によって利息の金額が変わってくるため、お金の余裕がある時は繰り上げ返済でまとまった返済を行い、残高を減らしましょう。

多くのクレジットカード会社では、キャッシングの返済方式を元利定額残高スライド方式に設定しています。

毎月の定額返済の内訳は、利息と元金で構成されていますが、繰り上げ返済のお金はすべて元金返済に充てられるので、借入残高が一気に少なくなります。

繰り上げ返済は、電話受付のみとなっている会社が多いので、手続きがわかりにくい場合は直接コールセンターに問い合わせてみましょう。

利用可能額が増える

繰り上げ返済をすることで、利用可能額を復活させられます。

キャッシングは借入上限が設定されているため、その範囲内でしか借り入れができません。

繰り上げ返済は元金に対しての返済となるため、返済した分だけ利用可能額が復活するのです。

借りられる金額を確保することによって、急な出費があったときも対処できるため、心の余裕にもつながります。

繰り上げ返済の注意点

繰り上げ返済は、毎月決まった日に引き落とされる約定返済とは別の扱いになります。

その月に繰り上げ返済を行ったからといって、当月の返済は免除になりません。

毎月の約定返済日には、別途引き落としが行われることを知らずにいると、思わぬ返済遅延となり、信用情報に傷がついてしまいます。

このような事態を防ぐには、お金がある時点で繰り上げ返済をすると同時に、返済日に必要な金額を把握し、入金しておくことが大切です。

キャッシングで考えられるリスク

キャッシングでお金を借りると、少なからずリスクを負います。

考えられるリスクとして、以下の3点をピックアップしました。

返済が遅れた場合のリスク

キャッシングにて返済が遅れた場合、厳しいペナルティが課されます。

返済が遅れた場合のペナルティ
  1. 遅延した翌日から遅延損害金として金利が20%に上がる。
  2. 3日遅延でクレジットカードの利用停止
  3. 督促状や電話での入金催促
  4. 信用機関に登録され、審査に通りにくくなる
  5. 2ヶ月間そのままにするとクレジットカードが強制解約となる

遅延した日にちが長ければ長いほどペナルティが厳しくなります。

以上のペナルティは金融機関でお金を借りて、返済が遅延した場合に受ける一般的なペナルティです。

クレジットカードのキャッシングと、他の金融機関の遅延ペナルティで異なるのは、クレジットカードが使えなくなる点です。

クレジットカードで家賃や光熱費の支払いを設定している場合、使えなくなると支払いの遅延が発生してとても不便なので、万が一支払いが遅れそうな時は前もってカード会社へ連絡しておきましょう。

安易にリボ払いを選択してしまい借り入れ残高が減らない

安易にリボ払いでキャッシングを行うことで、いつまでたっても借り入れ残高が減らない、という事態に陥ってしまうことがあります。

リボ払いは、数十万円借り入れしても毎月の返済額を1万円にできる返済方式で、無理なく返済できるメリットがあります。

毎月の返済額の中に利息が含まれている元利定額方式が、返済方法に採用されている場合が多い点に注意が必要です。

借入金額と毎月の返済金額の差が大きいほど、借入残高が減りにくくなります。

リボ払いが長引くと支払利息が増えてしまい、損をしやすい構造になっているのですが、少額を借りる場合、さほど利息が多くならないため、状況次第では利用してもよいでしょう。

金利18%で、毎月1万円の元利定額残高スライド方式で返済した場合に支払う利息を借入金額ごとに表にまとめました。

30万円を超えたあたりから、毎月1万円ずつの返済だと多くの利息を支払うことになります。

【金利18%/毎月1万円】元利定額残高スライド方式で返済する場合の利息
借入金額 返済回数 支払利息
10万円11回9,158円
20万円24回39,554円
30万円41回101,523円
40万円62回215,397円
50万円94回431,021円

キャッシングのシミュレーションは、カード会社のWebサイトで用意されているため、キャッシングする前に、確認しておくとよいでしょう。

ショッピング枠と合算請求される

クレジットカード会社は、ショッピング枠とキャッシング利用分を翌月に合算請求します。

ショッピング枠10万円使って、キャッシングで10万円借りた場合、翌月は合算20万円の請求です。

キャッシングの後からでも返済方式を変えられるので、一括返済が難しいようであれば忘れずに変更しておきましょう。

残高不足で引き落としされないと、最悪クレジットカードの機能が停止され、他の引き落としも出来なくなる可能性があります。

ショッピング枠の現金化は規約違反となる

ここまで、クレジットカードのキャッシングについて解説してきました。

利用者の中には現金がほしいのにキャッシング枠がない場合、ショッピング枠を使って購入したものに対し何らかの転売等を行い、現金化を考える人もいるかと思いますが、現金化の目的で買い物をするのはクレジットカードの規約違反となります。

ショッピング枠とは、支払いが完了するまではクレジットカード会社が代金を立て替えている状態で、買った商品の所有権はクレジットカード会社にあります。

支払いを完了する前に右から左に商品を売却すると、規約違反となりますので強制解約となり一括返済を求められることもあるようです。

現金が欲しい時はキャッシングを利用し、キャッシング枠がなければ、飲食会の幹事になって参加者から飲食代を現金で徴収し、クレジットカードで支払う、という方法もあります。

確かな返済計画をもとにキャッシングを

クレジットカードのキャッシングは、銀行口座からお金を引き出すことと同じ手順で、簡単にお金の借り入れができます。

キャッシングでお金借りるにあたって大事なことは、しくみを知ることです。

お金を借りると借入期間と借り入れ金額に応じて、利息がかかります。

リボ払いを選んだ場合、元金がなかなか減らず、カード会社へ利息ばかり納め続ける状態になることも。

お金を借りるしくみは、各金融機関のWebサイト上で詳しく解説されているため、キャッシングする前に一度確認することをおすすめします。

返済計画をある程度たてて、計画的にお金をかりましょう。

タイトルとURLをコピーしました